2017年05月26日

クリエイターの視点で作られたNPOのポスターたちが勢揃い!ソーシャルポスター展

お知らせ

NPOの活動を伝える「ソーシャルポスター展」が5月24日(水)から日比谷図書で始まりました!
今回の企画は電通グループのクリエイター131人と日本NPOセンターが公募した69のNPOが参加し、各団体が向き合う課題や活動内容を表すポスターを制作。その数はなんと約220枚になります。

この企画にThink the Earthも参加し、電通のアートディレクターの大久保里美さん、コピーライターの壇上真里奈さんに、こんな素敵なポスターを作って頂きました!

T15_1_1000+s.jpg

T15_2_10002s.jpg

T15_3_1000s.jpg

大久保さん、壇上さんには、昨年の7月にThink the Earthの活動の説明をさせて頂いてから、11月のお披露目会まで一度もポスターの確認などはなかったので、一体どんな作品になっているかドキドキでしたが(笑)自分たちの目線からは考えつかないようなポスターが出来ていて、感激しました。

自分たちがポスターを作る場合、「ああしてほしい」「もっとこうしてほしい」と色々とリクエストしてしまいますよね。でも、外部の人が自分たちの活動を知って、それを多くの人に伝えるための言葉とデザインをしてもらうことで、改めて自分たちがどう見られているのか、客観的な視点を持つことが出来ました。

Think the Earthの活動は多岐に渡るので、表現するのは難しかったと思うのですが、「考える。それは力になる。」というタグラインと自分たちが見える景色を別の視点で切り取るデザインで、うまく表現してくれました。(大久保さん、壇上さん、本当にありがとうございました!)

展示会に行ってもらえればわかると思うのですが、多様なNPOの活動が、それぞれ参加したクリエイターの眼差しと個性で、1枚のポスターに表現されています。

同じポスターでも、こんなに印象が違うのかという驚き。
そして、1枚のポスターという限られた表現エリアだからこそ、見る側にも分かりやすくメッセージが伝わります。

たとえば、これは産後ケアを取り組むマドレボニータのポスター。
IMG_2418s.jpg

母乳をあげることはラグビー1試合分!?とビックリしますが、いかにお母さんが毎日大変か想像できますよね。

こちらは、精神障がいやこころの不調、発達障がいをかかえた親とその子どもを応援するぷるすあるはのポスター。

IMG_2481s.jpg
一体なんのこと?と思う印象的なキャッチコピーに目を奪われます。子どもの心の声が、問題の深刻さをダイレクトに伝えています。

日本自然保護協会のポスターも、別の意味でおや?どういう意味?と興味を持たせられます。

IMG_2406s.jpg

その他にも素敵なポスターがたくさん!
こんな短時間に69のNPOの活動を知れる機会はそうそうありません。
会期は5月30日までと短いですが、ぜひ日比谷図書文化館1階の特別展示室へ足を運んでみて下さい。

(笹尾 実和子)

ソーシャルポスター展
日時:2017年5月24日(水)~5月30日(火)10:30~16:30
会場:日比谷文化図書館1階 特別展示室(千代田区日比谷公園内)
東京メトロ 丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」徒歩約3分
都営地下鉄 三田線「内幸町駅」徒歩約3分

【5月22日追記】
先月、日比谷文化図書館で開催されたソーシャルポスター展。期間が短く行けなかった方も多いと思います。facebookでは、各NPOのポスターが紹介されているので、ぜひ見てみてください。^^
ソーシャルポスター展facebookはこちら

この記事へのリンク

« 上海いってきました | メイン | 東京スカイツリー®の新しい活用方法を考えるアイデアソン「スカイシェア未来会議」 »