2014年01月10日

ハワイの自然災害

地球日記

こんにちは、曽我です。
毎日寒い日が続いていますね。新年早々風邪を引いてしまい、未だ治らず苦戦している毎日です。こんなに寒い日が続くと、暖かく1年中過ごしやすい気候の大好きなハワイに行きたくなります。

ところで、みなさんはハワイといえばどんなイメージが湧きますか?

20140109_3.jpgオアフ島ノースショア近辺のビーチ

きれいな海、過ごしやすい気候、豊かな自然、サーフィン、ショッピング、フラダンス...、などなど様々なイメージがあると思うのですが、多くの方が"気持ちの良い気候の中でのんびりと過ごせる場所"というイメージを持っているんじゃないでしょうか。

そんな"楽園"と言われるハワイで起きる自然災害のお話をしたいと思います。

20140109_2.jpgハワイ島キラウエアのハレマウマウ火口

ハワイの自然災害?あまり聞いたことがない。という方がほとんどだと思います。
ハワイは太平洋の真ん中にある島国(アメリカ合衆国の50番目の州、1番新しい州)。熱帯地域で、島は火山でできており、いまでも活火山としてキラウエア火山が噴火を続けています。そこに住むハワイの人たちは遙か昔から自然と共に生きていました。


大きな地図で見る

ここで私の大好きなハワイの本より心に残った文をご紹介します。

『ポリネシア人の世界ではすべて(神も含めて)が自然であり、あらゆる物や人が、全体を構成する絶対に必要な一部である有機的世界の"ネイチャー"に属している。成功とは"ネイチャー"を慎重に敬いながら、共に調和して暮らすことで達成でき、それができなければ神々からすぐに罰が下った。現代の征服する対象としての"ネイチャー"という概念は、ポリネシア人の心には理解できないものだろう。―参考文献:ハワイの火山の女神(一部抜粋)』

ポリネシアとは、オセアニアの海洋部の分類の一つで、ポリネシアはギリシャ語で「多くの島々」を意味します。

古来ハワイには書き文字がなく、伝承は踊り(フラ)や言葉で伝えられていました。特に神話(物語)として伝えられていることが多く、神話の中で1番有名な神様が、火山の女神ペレです。ペレが怒るとキラウエア火山が噴火し、人々がマグマにのまれ死んでいく。そのため、ペレ(キラウエア火山)を敬う気持がとっても強いハワイの人々。ペレ(自然)に逆らうと大規模な自然災害が起こること信じていたハワイの人々は、自然を征服すると考えておらず、自然と調和し、共存して生きてきました。

今でも自然を敬い、自然と共に生きているハワイアンですが、ハワイで火山以外に起こる自然災害は何が多いか知っていますか?

20140109_1.jpgハワイ島コナのサンセット

実は地震による津波の被害がとても多いのです。在ホノルル日本国総領事館のウェブサイトでは安全情報のお知らせというページがあり、津波が起きた場合の対策方法を伝えています。(2011年の東日本大震災でもハワイに津波が到達したそうです。)

近年は死者を出す津波の被害は少ないのですが、ハワイ島のヒロという街は何度も津波に襲われ、大きな被害がでました。

20140109_6.jpg
20140109_9.jpg
ヒロの街(ノスタルジックな街並みでした)

1946年にアラスカのアリューシャン島でマグニチュード7.8の地震による津波がハワイを襲いました。最大で16m以上の津波が到達し150人以上の死者をだしたそうです。それをきっかけにハワイに1949年に太平洋津波警報センターが設立し、ハワイに津波の危険がある地震が発生した場合は警報がなります。センターが設立した後でも大きな被害がでた津波があります。1960年に起きたチリ地震です。この地震で発生した津波はハワイ島のヒロを襲い、10m以上の津波を観測し、死者を出したそうです。

20140109_4.jpg

上の写真はヒロにある公園の椰子の木です。少し見えづらいですが、この木には地震による津波の高さが印してあります。この木で最も高い印は約8m。こうやって記録していくことで津波の恐ろしさを伝えているんだな、とすごく感心したと同時にこんな高さまでくるのかと驚きました(ヒロの街を訪れたのは2010年11月。東日本大震災が起こる前でした)。

津波以外でも火山、洪水、地震、ハリケーン(地震とハリケーンはとても少ないです)等がハワイで起きる自然災害です。

20140109_11.jpg火山の女神ペレと海の女神のナマカオカハイ(ペレの姉)との戦いの絵

キラウエア火山は火山の女神ペレとして、敬い恐れられています。それは、破壊する力と、新しい土地を創り出す力を合わせもっているからです。

最後にもう一度、「ハワイの火山の女神」に書かれいたことをご紹介します。

ハワイ語で「トゥートゥー」という言葉があります。これは祖父母を意味する愛情のこもった言葉ですが、ハワイアンは「トゥートゥー・ペレ」に恐れではなく、尊敬の念を抱いています。そして、溶岩流に家が飲み込まれるのは諦めています。1986年12月、溶岩がカラパという村の一部を破壊しました。あるハワイアンの住人はトラックに家財道具を積みながらインタビューに答えました。

「我が家を愛しているよ。ずっとここで暮らしてきたんだ。何世代にもわたって。でもトゥートゥーが欲しいっていうなら、ここは彼女の土地だっていうことだ」

20140109_12.jpg

この言葉をきき、人間と自然が共生する社会とは人々の心のあり方、自然災害をどう捉えるのかで大きく変わるんだなと強く感じました。また、ヒロの公園でみた椰子の木の印。過去に起こった自然災害の恐ろしさを忘れることなく、普段の生活の中で伝えていくこともとても重要だと思いました。何度も行っているハワイですが、毎回新たな学びがあり、ハワイアンの生き方は学ぶべきことがたくさんあるなといつも感じます。

ハワイの自然災害。ハワイの新たな一面をご紹介できていたらとても嬉しいです!

まだまだ日本はとっても寒い日が続きますが、風邪を治して頑張って乗り切ろうと思います!みなさんも風邪にはお気をつけくださいね。

※写真はすべて実際にハワイに行って撮影しているものです

(曽我 直子)

この記事へのリンク

2014年01月05日

Think with music #001 Musician, Takeshi Ueda (AA=) part 3

Think with music

part 3 : Difference

aa06.jpgI asked him experimental questions in the latter part of the interview. The keyword is "Difference". Differences inside of Ueda-san himself, of society, and of our earth. I'd like to share the meaning of them we tried to find in this conversation. Also his message to you, reading this text now.


Q8: opposite, difference, and value
-I'm always attracted so much by the opposite nature of AA= music like fairness and loudness. Here in Japan, similarities are preferred compared to differences, and I think we've been feeling some stagnation. At the same time, seeing globally, differences have surely created new values as well as conflicts. I think differences have some power to advance forward.

And you Ueda-san, have such differences inside of yourself. How do you think of it?


I think my style of music might not be understandable at first glance and I'm sure that it's a very different from the general image of music. I've loved heavy and loud music since my teenage days, and also have been creating such music by myself, which is my solid base.

However, as we go on living, what we have to do and see could be found not only in a gorgeous context, where we might find nothing, I mean, for we tend to find nothing could be solved after any party. I realized them once and since then, have been rapidly getting to try to choose what makes any sense for me.

Surely it's not easy to change the world, but we can influence people around us..., which I think is a big challengefor us.

Two different things can be merged into one inside of myself, in the frame of Takeshi Ueda. It's interesting as well as difficult to try to form it and create new things.

There must be a big difference between our lives when we 're born in different countries or areas. I'm really grateful that I can create music freely in this country today.

I realized the difference once through my charity support for a Tamil child. He would sometimes send me some pictures with letters to tell that he'd got the next grade. In the pictures he had nice clothes on but wearing no shoes.

I could see the difference between us clearly. I'm apparently lucky so that I have a chance to create and perform music. I want to recognize them by myself rather than ignoring. It's a very difficult theme for me to try to express these kind of things through music but I never want to give it up managing to do.


Q9: Energy
-While difference might produce values as we discussed so far, sympathy overcomes difference. Every live or music fest has a huge power of sympathy towards music. Do you think it's possible to make the huge energy directed to problems of the earth, I mean, ours?


I think it's possible as long as in a right way, yes, I'm sure it can be, but it could be headed for viciousness at the same time. The purer the wish of a group gets, the stronger it grows, where it could cause something terrible when taking the wrong direction. It might raise a war. It's certain that my music can get many people together but I feel it danger simultaneously. We should recognize how danger to call sympathy by sharing some message through music. I've been always trying to keep the fact in my mind.

Nevertheless I'm sure we need difference. If we refused the difference each other, it would be closed. That's why I think how much we could accept the difference is very important.

For instance, we couldn't help saying "No" to the nuclear issues. And there are people saying "Yes" as well. If we took them like the symbol of the evil and simply said, "They're evil", we might lose the clue to solve it. Those who say "No" should think about why they say "Yes" from the negative point of view, and those who say "Yes" should think about "No" on the contrary.

I believe that we can take baby steps forward though we can't reach the right answer immediately. I've been always imagining to try and to be a help to make the situation into such way.


Q10: Think the Earth? Think human?
-The last question. It's said that environmental problem is a human issue. Could you give any message to the readers who don't give up thinking about and relating to the Earth in their lives?


I really want to be a member of you and learn what I haven't known yet. If I could get the answer by myself to take a step towards, the meaning for those who gathering to my music might get changed largely.

So please let me join, and talk to you.

aa07.jpg"I want to recognize the differences in the world by myself rather than ignoring. It's a very difficult theme for me to try to express these kind of things through music but I never want to give it up managing to do."


>>part 1 >>part 2
--------------------------------------------
written& translated by Miyuki Toritani from Think the Earth
photo by Ken Shigematsu from Qualia Pictures
translation supported by Tsu Lim, Kim Aira, and Ryan Poppen

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
Editorial notes

About a year after 311, music suddenly came back to me and became an essential part of my life. I was so surprised to see that the music I saw again had already had everything that I had been searching for or realizing through my fighting days spent feeling troubled or sometimes losing my way since started working. As soon as I found out about it, I began to feel like talking with musicians living a different life from us but try to make things better as us. That's the moment my dream was born.

Expecting People gathering to Think the Earth and those gathering to music will meet each other thanks to "difference", shared our long conversation here. The interview itself may have been made by "difference" between us. I want to see many differences and share the value I'd found there, which is another dream of mine. I'll still go on dreaming with listening to music :)
(Interview, writing & translation / Miyuki Toritani from Think the Earth)
--------------------------------------------
In this dialogue I felt that the complete way of AA= towards music and their evolving approach is the same as how he faces towards social issues.

Both creation and problem-solving demand determination to think about always and thorough attitude. I think it's because they both have no certain answers for themselves.

I feel some hints are existing in Ueda-san's word saying that, "It's always to choose what we think the right among them that leads us to the best ends finally." For the problems we have individually and socially.

Determination to go on the process without certain right answers, with which I firmly determined to face creation and problems again after this dialogue.
(Photo and editorial cooperation / Ken Shigematsu from Qualia Pictures)

この記事へのリンク

2013年12月28日

Think with music #001 Musician, Takeshi Ueda (AA=) part 2

Think with music

part 2 : War and Humanity

aa04.jpgI asked him about his two singles "WARWARWAR" and "HUMANITY2" which were released in the autumn of 2013.




Q5: Why he divided.
-Digital and melody, war and human being, the city and the woods, suits and T-shirts, pink and yellow...We could see various conflicting pairs. Why did you try to divide in such way? What's your intention?

First I had an idea to try to show the opposite ends of mine by means of sounds. As soon as I started creating them, influenced by those sounds, the theme of mine started to divide naturally. For instance, future and past, those you've mentioned, gradually I could have realized such division inside of myself.

It was from such simple music interests that I started the challenge for the first time. I usually create the sounds well combined by the opposite sides of mine as I mentioned, but this time I challenged to divide them intentionally to see what'd be born then. Though I couldn't do it perfectly, contented that I've somehow managed to do it.


Q6: TIME HAS COME
-I felt your sense of crisis strongly from that phrase of "WARWARWAR" about...The numbers of the keys are 96 and 9 in the PV.

I don't mean that all the message of the song is the warning for the revision of the constitution, but it's partially true. It's surely the theme we all think about, which we know from our history. So I adopted the theme.

Here in Japan, I can feel something has been growing worse since the postwar these days. On the other hand, the world has never spent days without conflicts or wars. We Japanese, the same as the other developed countries, have the problems to be solved for us.

Nevertheless I want to head for the future, and we surely have plenty of choices. But sadly we never knew which is the right answer to choose. It's always to choose what we think the right among them that leads us to the best ends finally. That's why I hope to have the message "not to give up nor to let ourselves be carried without our will" with me always.


Q7: Enemy
-Images from your younger days appeared in the "HUMANITY2" PV. I wonder if the enemy you'd been facing in those days is different from the one you've been facing these days.

They're quite different from each other. In my youth I was clueless about many things, and tended to get rid of them and to make enemies by myself. Now I've come to accept the difference between us and realized who I am, which is quite different compared to those days.

However from a broad perspective, I think a dominant ruler couldn't appear and make the world worse now. I've been worrying about much bigger enemies, such as a system made by ourselves or the greed of ours, might gather and precede into the wrong way, which may happen easily in the world these days. I'm sure that the world has been getting much better than before 1930's, but the issue is still there to be solved. I'll never give up fighting against such persistent problems and finding the way to resolve them.

aa05.jpg"The issue is still there to be solved. I'll never give up fighting against such persistent problems and finding the way to resolve them."


>>part 1 >>part 3
--------------------------------------------
written& translated by Miyuki Toritani from Think the Earth
photo by Ken Shigematsu from Qualia Pictures
translation supported by Tsu Lim, Kim Aira, and Ryan Poppen

この記事へのリンク

2013年12月16日

Think the Peace2

地球日記

こんにちは〜
インターンの高木ですっ!

第2回はイランとイスラエルでのThink the Peaceをご紹介します。

簡単にご説明。
イラン人のグラフィックデザイナーのお話です。
彼はfacebookに自分が作ったポスターをアップしました。
自分とイスラエルの国旗を持った娘の写真に、「We ♡ You」という言葉を添えて。

chic-ha-go-u004.jpg

このポスターにはたくさんの反響がありました。
自分の知人だけでなく、知らない人からもイイネ!が押され、メッセージもきました。
「僕もこのポスターをつくりたい」「私の写真も載せて!」という人が次々と現れました。
そして毎日イスラエルの国旗を踏まされていたという女の子からもメッセージが届きました。

chic-ha-go-u013.jpg

もう何年も殺し合いが起きているのに、実はお互いを憎んでいるわけではなく、「あなたの国の国旗の青い星がかっこよくて好き」だと思っているのです。


このポスターはイスラエルでも作られるようになりました。
chic-ha-go-u015.jpg

最初は顔を伏せてポスターを作っていたイスラエル人も、だんだんと自分の顔を載せて「あなたの国が好きよ」と主張するようになりました。


距離がありながらにして、コラボ作品も生まれたり...

chic-ha-go-u337.jpg

いつの間にか会うことになり、友達になって、何気ない会話をしているのです。

そして、このハートフルなお話は、Peace Factory立ち上げにまで発展しました。ぜひ一度ご覧ください!

ポスターを作ったRonnyさんの運動はイランやイスラエルにとどまらず、世界中に広がってきています。もちろん日本でも。

chic-ha-go-u093.jpg

chic-ha-go-u041.jpg

彼のように何気ないアクションが、得意分野が
誰かとつながることのきっかけになって
新しいコミュニティーが生まれ、「好き」が生まれる。

chic-ha-go-u100.jpg

「好き」が増えるということは、
自分の中での興味やピンとくることが増えるということ。
いい刺激をたくさんもらえるということ。
「好き」という感情の連鎖ってとても素敵ですね!

(高木彩香)
we-love-you-79.jpg

この記事へのリンク

2013年12月12日

TABLOIDでのイベント『リクローゼット』

この週末は、普段一緒にお仕事させて頂いているショッピングセンターのルミネさんのイベント制作と運営のため、臨海エリアの日の出(浜松町も近いです)にあるTABLOIDへと行きました。

リクローゼットというタイトルのついたこのイベント。普段お買い物に来るお客様が一日店主をできる場所をつくって、自宅のクローゼットに眠っている洋服たちを販売し、また活躍の機会をつくるためものです。

最初は何もないガランドウの空間に、装飾を吊るすための木枠をつくるところから始めました。デザイナーさんが模型を持ってイメージ伝えているところです。
243.jpg

そして、什器。紙管をつないでつくるオリジナルの什器が2種類あります。これをひたすら組み立てました。なかなかに面白い作業です。
247.jpg

全部什器を組み立てて指定の配置に並べてみると、だいぶ会場らしくなりました。でもまだ洋服がかかっていないと寂しい感じ。
255.jpg

254.jpg

出店者さんが、徐々に準備を始めています。
257.jpg

258.jpg

服が出揃いました!一気にマーケット感が出てきました。後はオープンを待つのみ。
259.jpg

260.jpg

その前に、出店者の皆さんで集合写真。沢山の方が参加してくれています。
261.jpg

11時のオープンでお客さまがいらっしゃいました。なかなかの盛況ぶり。
265.jpg

266.jpg

隣のスペースではワークショップも行いました。こちらは、シルクスクリーンのワークショップを行う『やまさき薫』さん。普段から「図工の教室」ワークショップをされています。
268.jpg

こちらは自然染めワークショップの『旅する服屋さん』。実際にここで自然染めを行っています。
270.jpg

こちらは靴磨きワークショップを行っているFANSさん。一瞬だけ参加者が途切れた時間があったので、自分も靴磨きの指南をFANSの中澤さんにお願いしました。
fr_272_size1024.jpg

左が磨いた後、右側が磨く前。つま先の照り方が全然変わったのわかるでしょうか?つま先の色が落ちてきてボロっちくなっていたので、そろそろ寿命かしらん。。としょんぼりしていたのが、一気に蘇ってホントに嬉しかった!!
つい、クリーム塗るためのブラシと、磨き用のブラシの2種類をその場で買ってしまいました。
272.jpg

来場してくださった方々も、満足して帰っていただけていたら嬉しいなと思いながら過ごした一日でした。

(山口倫之)

この記事へのリンク

2013年12月07日

Think with music #001 Musician, Takeshi Ueda (AA=) part 1

Think with music

We never know exactly what is the right answer to choose when we try to go towards our future. I think, that to choose what I believe is the right for myself among the choices I have can only bring out the best result. So, I want to hold on to the message that we should never give up and to have our own minds always.

aa01.jpg

"All animals are equal"
Overwhelming energetic sound with a simple fair message, this is the style of music by Takeshi Ueda of AA=. Miyuki Toritani, a member of TTE, and a photographer of her friends Ken Shigematsu went to see him on one day in October. Here we share the conversation we had then.

--------------------------------------------
part 1 : All animals are equal
part 2 : War and Humanity
part 3 : Difference
--------------------------------------------

Social paths of Takeshi Ueda
Born in 1968, musician

1990-2006 Played as the bassist of the legendary band THE MAD CUPSULE MARKETS. Since their early days, the band had made challenges to advance into overseas music scenes by doing live tour and attending music fests. In 2003, during their EU tour, the band passed by the troops heading for the Iraq War in a highway parking in England.

In 2008, he started the new solo project called AA= to aim for the way of taking charge of everything he does in music. He's been pursuing new ways of creating music other than the mass consumption style, to fight against difficulties in global environment and human society.

In 2011, soon after 311, the Great East Japan Earthquake, he started the charity project named AA=AiD. He composed a new song "We're not alone" produced the song with his musician friends for free, and been continuing other charity work since then.

In 2012, he made a new song "The Klock" for the popular movie "Helter Skelter" directed by Mika Ninagawa.

Since 2012, he's been wearing an original Tee with the message of "anti- anthropocentrism"

In September 2013, AA= released the two new single "WARWARWAR" and "HUMANITY2" and releasing their 4th album by the end of the year. He says that we've got the band gradually after these 5 years after starting as his solo project (laughs).


In January 2014, he' s going to have a live tour #4

Official site http://www.aaequal.com/
Facebook https://www.facebook.com/aaequal
wikipedia Wikipedia

part 1 : All animals are equal
aa02.jpgHe named his solo project after a quate in the novel "Animal farm" by George Owell in the early 20th century.

Q1: All animals are equal
-I was surprised to see such simple four words. How did you come upon it?


It's originally a quote in a novel, and there's an animation movie based on it. I found it from a documentary about the campaign strategy of the two parties of the US. I've always liked "1984" by George Owell originally and knew the title of "Animal farm" but I've never read it. When I heard the phrase in the program, I wanted to read it, so this is how I met it.

In the novel, though the four words is used in the context of Communism and Marxism, ignoring it, it had so much impact on me. I even thought it such a holly words. You know such words can be used for both good and bad, but I decided to use it for my band name.


Q2: Roots
-I wonder what're the roots of you to find such words in your life.


I don't think I have particular roots for it, but there's something I've come to find it important as I've been doing the band work and met many kinds of people that... I think we can call a band an art for which we show our values by words and sounds with huge passion for something invisible like sounds or music.

The world of music is where everyone has his values for such things. But some people have different values. The bigger our former band grew, the more people with the different values gathered, when we had various kinds of confliction and collision.

Among these experiences, I've come to find what is important for me is keeping the pure mind to music or the faith to face music after many twists and turns of twenty years. I don't want to betray "the god of music" if there was him.

At the same time I felt it's really important to keep my theme clear and to hold my justice, without which I couldn't allow myself to create or play music though I know I have to use the word "justice" with care. After I decided to make the thought blush up and to perform them, I've got shifted so rapidly in such way.


Q3: anti-anthropocentrism
-The word you've been using for your message Tee.


It may be different from the strict meaning of the word, but I've been using it inspired by its image and their meaning I could catch.

When we go too selfish, the justice I think can't be existed, so I chose the word as a caution to myself not to forget about as well as a message. We have to think about it with whole of globe as well as our society. In addition to that, Anti-anthropocentrism is one of the words related to my justice. I know enough that it might cause danger to the world if we'd act perfectly as the word means, but to keep ourselves aware of it is important I think.


Q4: AA=AiD
-You've started AA=AiD, a charity action for 311 the Japan's great disaster, soon after it happened. Will you share the feelings and the thoughts you've got through it? And what do you feel the most strongly now?


I only did what I could, thinking of what I could support for the suffered people, which I'm sure that most of the people living at the moments thought and did. Since I'm a musician, I could bring such action quite impact in its own way and tend to draw your attention, but I think everyone living at that time did the same. I don't think I did something special.

"Yorisou", considering as how others feel, is so very difficult for there's a big difference between people experienced and didn't, or people lived there and didn't. We can easily say "Yorisou" with words, but apparently it's not such easy. So I'm sure that doing simply what I can do with my heart is the most important thing, which I could do.

I often have the chance to be asked to express my thoughts, and then I think about what my words might tell them, but only to find there's not much for it. Because many people suffered much more terrible experience than I, and I never think I can completely tell others about it.

However I could support those who went through such things by means of what I can do, which I think we only can keep doing for them. I often asked my speech, but I don't want to speak much.

On the contrary I expect that I can find something I can do more as I try to continue talking in that case, though I'm afraid I'd be wrong or make someone hurt because of my too much action... So I need to learn more.

aa03.jpg "I expect that I can find something I can do more as I try to continue talking in that case, though I'm afraid I'd be wrong or make someone hurt because of my too much action... So I need to learn more."

>>part 2 >>part 3
--------------------------------------------
written& translated by Miyuki Toritani from Think the Earth
photo by Ken Shigematsu from Qualia Pictures
translation supported by Tsu Lim, Kim Aira, and Ryan Poppen

この記事へのリンク

2013年11月22日

富山で20年以上つづくワールドミュージックのフェスへ

地球日記

2013年に23回目を迎えるワールドミュージックのフェスティバルが日本国内で開催されていることを皆さまご存知でしょうか。富山県南砺市でつづくその名のイベントは「スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド」。都市を経由せず日本と世界のローカルミュージックがつながる、「Local to Local」の音楽イベントとして以前から興味があり、今年の夏にようやく行くことができました。

JR西日本城端線(じょうはなせん)に揺られ会場に向かいます
img_sukiyaki_01.JPG

最寄の福野駅
img_sukiyaki_02.JPG

駅から会場へとつづく道にはイベントのフラッグが
img_sukiyaki_35.JPG

到着
img_sukiyaki_04.JPG

タルチョが気分を盛り上げます
img_sukiyaki_33.JPG

休憩・飲食スペースも兼ねた屋外テントにはDJブース
img_sukiyaki_05.JPG

雅楽で聴ける「ぷわ〜」という音を出す笙(しょう)の演奏を聴くこともできました
img_sukiyaki_11.JPG

雑貨の販売から似顔絵まで、出店内容もバラエティーに富んでいます
img_sukiyaki_07.JPG

img_sukiyaki_08.JPG

img_sukiyaki_09.JPG

演奏者の国をみるとアルゼンチン、エチオピア、ウルグアイ、フランス、韓国などさまざまです。ミュージシャンと一緒にその国の独自のリズムやメロディーを体感できるワークショップやトークイベントもありました。

ジンバブエからきたオリバー・ムトゥクジのトークイベント
img_sukiyaki_12.JPG

いよいよ野外ステージでのライブがはじまります。まずは主催者の挨拶
img_sukiyaki_15.JPG

オープニングアクトは地元のスティール・パンのオーケストラ。このフェスティバルがきっかけで生まれたそうです。

img_sukiyaki_16.JPG

すごく盛り上がっています
img_sukiyaki_17.JPG

ステージから投げられたバンダナをキャッチした観客は曲に合わせて一緒に振り付け
img_sukiyaki_18.JPG

みんなノリノリ
img_sukiyaki_19.JPG

img_sukiyaki_20.JPG

夜が深まると、ゆっくり落ち着いて音楽に耳を傾ける時間に
img_sukiyaki_21.JPG

個人的にもっとも印象深かったのは、青森や石川の民謡をベースにファンクなどミックスした「ハイブリッド」なワールドミュージックを聴かせてくれたアラゲホンジ。鐘や太鼓、笛とギターやベース、ドラムといった現代の楽器がまったく違和感なく共存していて、なんとも言えない心地よいサウンドを聴かせてくれました。

ビジュアルも一度見たら忘れられないインパクトです
img_sukiyaki_32.JPG

img_sukiyaki_30.JPG

笛の音が身体に沁みました。
img_sukiyaki_28.JPG

img_sukiyaki_29.JPG

二日目は野外ステージから屋内の劇場がメイン会場に
img_sukiyaki_34.JPG

個人的にすぐにすっと身体に入ってこない音楽もありましたが、そんなちょっぴり難解に思える音楽も、近所からふらっときた家族連れの子どもやおばあちゃんが、リラックスして耳を傾けている様子も印象的でした。

演奏中になかなか泣き止まない子どもに、ミュージシャンが思わずMCで「コンプリケイテッド(ん〜、わかりづらいよね)」と発する一幕も。

20年以上もつづくイベントとなれば、告知や装飾がもっと派手になっていくイメージでしたが、実際に足を運んでみるとそういった過剰さはなく、良い意味で手作り感のある、人の温かみを感じるイベントでした。だから逆に続くのかなあといったことを思ったり。

タイムテーブルも手作り感満載です
img_sukiyaki_36.JPG

デザインが気に入って思わず買ってしまったポスター。いまも部屋に飾っています
img_sukiyaki_37.JPG


第24回の開催が決定したようです。もしよろしければぜひのぞいてみてください。


スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド2014
http://www.sukiyaki.cc/


(谷口 西欧)

この記事へのリンク

2013年11月13日

Think the PEACE 1

地球日記

こんにちは、インターンの高木です!
最近とても寒くなってきました。みなさん風邪などひいていないでしょうか?

9月21日はピースデーでした。ピースデーとは国際平和の日で、みんなで平和の日をお祝いしましょうという日です。
538656_10151045927252196_766718385_n.jpg

今回私は地球ニュースでピースデーについて記事を書きました。
「平和」ってもちろん望んでいることだけれど、
普段生活をしていて「平和」について考えたり、それを行動するというところまで、なかなかいっていないのではないかな?
じゃあまずはThink the Peaceをしてみよう。ということで...

第1回はピースデー記事でインタビューさせていただいた谷崎テトラさんに、記事では書ききれなかった平和についてのたくさんのお話をしていただきました。せっかくThink the Earthでインターンをしているので、ぜひみなさんに共有したいと思います!
この共有で、みなさんの心の中の平和への想いが一つ深くなるといいなあ^^


□テトラさんにとって「平和」とはなんでしょうか?
平和学という考え方があります。
単に戦争がないという状態の消極的な平和ではなく、本当の意味での平和とはなんでしょうか?
国際社会の中では妥協の中での平和がなりたっています(=消極的な平和)
積極的に平和をつくるために軍備を整えるとか、たまたま紛争が起きていないけれども、いつ起きてもおかしくない状態は本当の平和ではないのではないでしょうか。

積極的な平和、本当の意味の平和とはポジティブなピース、憎しみや対立が一切なくて、想像し得る限りの最もピースな状態。本当に愛し合っていて、最高の状態。

すべての人々が調和に満ちていることを究極の平和とするならば、ここまでにはまだまだ至っていない。ここがゴールだよっていうことを共有することが大切で、共有するか共有しないかで全然違います。

重要なのは国境紛争をしている二つの国にとっての平和とは、お互いが納得する国境線をつくるのがゴールではなくて、国境線すらない世界を構築するのが究極の平和。
できるわけないじゃんっていう人もいるけど、究極の平和を想像することはできる。
「国際社会の中でその状態をつくろうよ」っていうことをちゃんと認識して、そのためのプロセスをすすめていくのは、単に紛争がない状態とは全然違う。

本当のピースは単に紛争がないだけでなく、最も良い本当の意味での平和が実現しているという状態であって、やっぱりピースオブマインド。
平和っていうのは、心の中の問題です。

国際社会においての平和の問題は、しくみの問題や制度の問題でリアリズムの中ですすめていかなくてはならないけれど、究極的には誰もが心の平安、優しい気持ちになれる状態ではないでしょうか。


1422353_10151729464072196_927847115_n.jpg
究極の平和を念頭においておく、ゴールを共有することが大切。
そして私たちにもすぐに実践できる「ポジティブな平和」へのヒントをいただきました!


□心の平和の領域=ピースオブマインド
1日の24時間の中で、自分のピースオブマインドを実現する時間を5分でも10分でもつくってみる。毎日仕事、友人、恋愛、社会のこと...いらいらしたり怒ったりすることはたくさんあるけれど、自分の中でそのことを省みる時間を、心を静める時間を意図的に作る。

□ピースゾーン
場所で言うとダライ・ラマが提唱しているもので、ピースゾーンというものがあります。このエリアの中では完全に武力を解除する。平和的なものをつくる場所を仮につくる。ダライ・ラマは独立ではなくて、ピースゾーン(平和が実現している場所)をつくりたいと考えていて、もしこれが地球上全部広がっていったら、地球上が平和になる。こうゆう方法もある。国際関係の中でこんな風に広がってほしいと言っています。
ダライ・ラマの妹ジェツン・ペマさんは、ワールドシフトフォーラムでこんな話をしていました。
「学校の中にピースゾーンをつくる。ルールとして例えばこの木の下では握手をして仲直りをする場所と決める。喧嘩はどうしても起きる。喧嘩しているけれど、仲直りするっていうプロセスに入れる。それを子供の教育の中で学ばせる。国と国の国境紛争の中だけではなくて、こうゆう場所がそれぞれの町や学校や社会、家庭の中にも作れます。」


1150807_10151606320072196_206715704_n.jpg


□平和への一歩は私たちに
ポイントは平和を実現するのは、政府の仕事やNGOがやるべきことだけではないということ。場合によっては企業やアーティスト、学生の役割があります。ビジネスセクターによって平和をつくっていくっていう事例もある。
むしろ政府と政府の間で、お互いの外交ですすめていくのはどこまでいっても国境線をはさんでこっち側とこっち側で話をしているのだけど、民間セクターが別の国同士での文化交流するっていうのは実質的に文化的に交流し、経済的に一緒になり、その上例えば国際結婚して家族になってしまえば、突破できることもあります。

平和を実現するプロセスの中に誰もができる役割と言うのが必ずある。
メディアの人間はメディアの人間としてできることがある。

市民やすべてのセクターが協同してつくるっていうものが平和の社会であると考えると、きっかけづくりが重要だと思います。ピースデーは一つのきっかけになるのではないでしょうか。

アースデーはイベントとしてとらえている人が多いけれど、アースデーが決まった時に環境に関しての自然の保護や公害をとめたりっていう法律ができました。
それをきっかけに何かをするっていうことのチャンスになった。
同じようにピースデーも、ジェレミー・ギリの力で世界中に広がってきています。これをきっかけに、平和を実現するためのプロセスをすすめる。この日を契機にできることを考えてみるのはいいのでは?と思います。

今から10年前、エコは一部の環境活動家、市民運動家しか言ってなかったけれど、今は企業がごく当たり前のように商品の中にとりこめるように社会が変わった。エコ企業や、環境ビジネス、エコプロダクツも生まれました。同じようにピースビジネスが生まれたり、ピースプロダクツが生まれてもいいと思います。

ピースイベントではアーティストがピースソングを歌うことが多いけれど、実態的に平和というものを構築するための取組みを、例えば旅行会社が企画するのもあり得るし、観光業や文化交流とか様々な領域で利益をもたらします。
国と国が憎み合っていいことはない。それによって観光産業がおちるし、例えば日中関係が悪くなったことによって、どれだけ経済ダメージをうけたのか。
平和を実現することによって、どれだけの利益がもたらされるか。
もちろん心の領域であるからこそ、カルチャーがもたらす領域がたくさんあります!


1395874_10151697494442196_229956711_n.jpg
ピースダンサーたち!カルチャーは文学や音楽、美術、建築、ダンス...私たちが大好きなもの。みんなが大好きだからこそ、楽しく共有できるものだと思います。そこから広がるものって大きいのだろうな。


□平和への鍵!
平和を実現する方法は、自分と違う価値観の人たちをどれだけ許容していくか、どれだけ対話をして、そして一緒に思い入れることができるかっていうことにかかっていますね。

例えば、自分の敵と思うようなグローバル企業とか、わからないけれど、環境を破壊している人、お金儲けに走っている人がいて、真逆の価値観を持っているなあという人がいる。その全く真逆の価値観の人と、何かを共有するということにチャレンジすることが平和。だから価値観の対立をどうやって乗り越えていくかということになるわけです。
プロセスとか方法が違うだけで、平和を実現したいって思っていることは同じだなってわかったとする、そうすると、例えばそのプロセスは本当に必要なプロセスかっていう議論になる。


p3.jpg
Think the Earthはエコロジーとエコノミーの共存を目指していますが、それにピースも加わったらもっと素敵な地球になるかもしれません!


□ピースプロ
僕はワールドシフト・ネットワーク・ジャパンをやっています。
持続可能で平和な文明への転換、もうひとつ加えると持続可能で平和で幸せな文明への転換していくためにどうしていく必要があるか。
その中には7つの領域があると考えていて、生態系の自然と調和した世界、参加型民主主義とかいくつかあるけれど、平和と対話というのに基づく社会というのはシフトの大きなファクターの一つだと思う。
ピースビジネスってどんなものがあるかなって数年間考え続けているけれど、僕はメディアの人間だからピースメディアを作りたい。それに価値を見出す企業がスポンサーとしてついてくれないと番組がつくれない。そういうようなピース企業からピースクライアントを見つけてくるピース広告代理店が必要。そういうものに価値があるピースな視聴者が必要。
ピースな〇〇っていうピースプロが増えていくことによって社会は変わっていくでしょう。


私は普段はオペラを勉強しているので、ピース声楽家、ピースオペラ歌手と名乗ろうかな!ピースオーケストラやピースピアニストと共演をして、ピースクラシックコンサートを開くのもいいかもしれない^^


□「ピースデーが広まっていってほしい!」
今年の9月21日のピースデーにあわせてピースデージャパンを立ち上げました。
ピースデー自体は国連の平和の日なので、数年前から個別にイベントをやっていた人はいました。沖縄でピースコンサートを開いたり、僕らもPEACE DAY TOKYOのイベントを個別に代官山でやったりしていました。
そういう人たちがネットワークされてきてムーブメントにはまだ至っていないけれど、それをムーブメントにしていくところのきっかけを作りたいと考えた。それがピースデージャパンの立ち上げの経緯です。

ピースデーをきっかけに何かピースな社会を実現したいと考えて行動している人たちがつながることができるプラットフォームを作りたいと考えています。

それはもちろん、国連の平和の日から始まっているのでもちろん国連とも協力していきたいし、平和を構築しようと考えている日本政府とも協調していきたいし、市民運動やアーティスト、平和学などを研究している研究者の方とか、ピースな社会をビジネスとしてつくっていきたいと考えるピースビジネスの人たち、ピースメディアの人たちとつながることを目指しています。
今年はとりあえず立ち上げることを目標として、立ち上がったので、来年の9月21日のピースデーまでに「ピースデー」という言葉を伝えて広げていくという活動をしていこうと思っています。


1186729_10151655402527196_182452780_n.jpg


□「春のアースデー秋のピースデー」
この2つがワンセットになるといいよなと思っています。
人が集まってイベントをするっていうことではなくて、色んなレイヤーで平和を構築するっていうこと。
実際に日本政府が例えば他国に対してどんな行動をとるか政策決定に関わっていくとか、ロビリングしていくとか、そのような活動をわりと精密にしていく必要もある。
それはもしかしたら、平和が一つのゴールだとしたら、プロセスとしてはメディアに対しての情報開示を求めることだったり、民主主義みたいなものを深いレベルで実現していくとか、憲法の解釈というのに対して、深い国民的な議論をする場とか。平和憲法ということ以前に、憲法そのもの、日本の国民と憲法の関係性を考えることとか、国連と日本との関わりを考えるとか、色んなレイヤーがある。

全部やらなきゃいけないんだよね、きっとね。
だから例えば代々木公園に人が集まって大きなコンサートができて成功という話ではない、もちろんあったら盛り上がるからいいけどね!人が考えるきっかけをつくってくれるから、イベントをやってくれるのはとてもありがたいことだから。
でも目指しているところはさらに先。

僕はワールドシフトという動きをしているので、ワールドシフトとピースデーというのは僕の中では車輪の両輪のように思っています。
本当に平和な社会をつくるためには、自然や地球の生態系のこと、貧困問題、経済的な格差のこと、何に価値をおく社会なのかっていうこと抜きには語られないし、対話型な社会をつくったり民主的なプロセスをつくるとか、そういったこともすごく大切だと思う。
それを全部一つ一つすすめていかないと、平和な社会はできないと考えると、それはやっぱりワールドシフト、文明そのものの転換を実現していくのが本当のピースなのかな。

取材おえて
とても大切なことを本当にたくさん聞かせていただきました。
テトラさん、本当にありがとうございました!
みんな幸せになりたい、幸せでいたい。平和な社会を望んでいる。
人間関係や社会があって、色々と絡み合っているけれど、やり方が違うだけ。
平和も幸せも、「なりたい」「そうありたい」という想いがある、ということに希望があるのかなと思いました。
そしてその幸せや平和を深いところまで話し合って、共有することが大切で、
それによって解決できることって、もしかしたらたくさんあるのかもしれない!
小さな誤解が亀裂を生むことってたくさんあります。

私にも思いあたる節が...。
例えば、母と話している時に、これを言いたいのにうまく伝わらなくてイライラしてあたってしまったり...
なんてひどい娘なのか笑
でもそれって、私がもう少しうまく言い回しを変えたり、AからCに飛ぶのでなくて、A→B→Cと言えばわかる話だったり。
だって私も母も、楽しい時間や癒される時間、親子の時間を心地よく過ごしたいっていう思いは一緒なんだから!
かなり個人的なことだけど、ここにも平和への道が隠されているのかもしれない!

1461881_544843468935375_1271298490_n.jpg

ちなみに母との関係は良好です^^b
(インターン 高木彩香)

この記事へのリンク

2013年10月30日

Think with music #001 音楽家・上田 剛士さん (AA=) 第1部

Think with music

未来に向かっていくには、
どれが正解かは、多分、永遠にわからない。
その中でも自分の中で正しいと思えるものを常に選んでいくのが
最良の結果を生んでいくと思うから。
あきらめずに、というか、流されずに、というのは
常にメッセージとして持っていたいと思っています。

aa01.jpg

All animals are equal -すべての創造は平等である-
圧倒的なエネルギー量の音に、シンプルでフェアなメッセージ。
揺るがないコンセプトを音楽で表現し続けるAA=の上田剛士さんに
TTEスタッフ鳥谷が仕事&音楽仲間の重松君とともに会いに行きました。
この場をおかりして、その会話をシェアします。

--------------------------------------------
第1部 All animals are equal
第2部 戦争と人間性
第3部 差異
--------------------------------------------

--上田剛士さんのSocial pass--
1968年生まれ。音楽家

1990年〜2006年、「THE MAD CUPSULE MARKETS」のメンバーとして活動。初期の頃からライブ等で積極的に海外への進出に挑む。03年のEUツアーの際、イギリスのハイウェイパーキングでイラク戦争に向かう兵士の一団と遭遇する。

2008年、「全てに自分が責任を負える形」としてソロプロジェクトAA=を始動。大量消費型ではない音楽活動を試みながら、地球環境や人間社会の困難な現実と向き合う楽曲制作を続ける。

2011年、東日本大震災直後にAA=AiDを立ち上げ。楽曲「We're not alone」を音楽家仲間と制作し無料配信したほか、支援活動を現在も継続。

2012年、映画「ヘルタースケルター」(蜷川実花監督)のエンディング・テーマとして新曲「The Klock」を提供。

2012年より、ライブ等で"anti-anthropocentrism"(非人間中心主義)と記されたオリジナルのメッセージTシャツを着用している。

2013年9月、ニューシングル「WARWARWAR」「HUMANITY2」2曲連続デジタル配信。続いて年内にはプロジェクト4枚目となるアルバムを2枚連続リリース予定。活動開始から丸5年を経て、「ようやくバンドらしくなってきた(笑)」

2014年1月より、ライブ・ツアー#4を開催予定。

公式サイト http://www.aaequal.com/
Facebook https://www.facebook.com/aaequal


第1部 All animals are equal
aa02.jpg20世紀前半のイギリス人作家ジョージ・オーウェルの『動物農場』に登場するフレーズが、バンド名のルーツでした。


Q1 All animals are equal
―シンプルな4単語に驚きました。この言葉との出会いについて教えてください。


もともとは小説の中の言葉ですが、アニメーション映画があって。以前見たアメリカの民主党と共和党の選挙戦略をテーマにしたドキュメンタリー映像で、この言葉が使われていたんです。もともとジョージ・オーウェルの『1984年』という小説が好きで、『動物農場』もタイトルだけは知っていたんですが、その時このフレーズを聞き、ちゃんと読んでみようと思ったのがきっかけですね。

小説では、共産主義やマルクス主義に裏付けされた上で使われている言葉なんだけれども、それを度外視しても非常にインパクトがあって。神々しいくらい超越したような言葉だな、と思ったので。逆にそういう言葉であるから本当に、いいようにも悪いようにも使われると思うんですけど。あえてそれをバンド名にしてみたということです。


Q2 原体験
―こういった言葉を見つける眼差しには、その原体験のようなものがあるのではないかと思うのですが...。


特別な生い立ち的なものがある訳じゃないんですが。自分はバンドをやっていろんな人と関わっていくうちに、やっぱり...。バンドというのは音であったり音楽であったり、目に見えないものにすごく情熱を持って、それこそ自分の価値を見つけて、言葉や音楽で表現してく。芸術と言っていいものだと思うんだけど。

そういうものに、皆が価値を持って集まってやっていくのが音楽の世界なんだけども。別のものに価値を持つ人もいたりして。バンドも大きくなってくると、そういう人たちも多く関わってきて、そこでいろんな軋轢があったり衝突があったりとか。

そういう体験をいくらかしてくるなかで、自分にとって何を大事にすべきかというのは、音楽に対する純粋さであったり、「音楽の神様」というものがいるとしたら、それを裏切らないようにしたりする、音に向かうちゃんとした気持ちというか。それはやっぱり大事だなと、20年、紆余曲折やってきて思ったんです。

そこで自分の中にあるテーマは、ちゃんとはっきりしたものであるべきだと思ったし、自分の中にある正義、と言うとまたこれも非常に危うい言葉になっちゃうんだけど、それを持たないものはダメだと思うし。それをちゃんと自分の中で磨き上げて、表現していくようにしようと思ったのが、どんどんシフトしていったきっかけですね。


Q3 anti-anthropocentrism
―「非人間中心主義」Tシャツに使われている言葉ですね。


本来の使い方として、厳密にもっとちゃんとあるのかもしれませんが、それよりもこの言葉の持つイメージであるとか、意味を自分なりに受けとって使っています。

自己中心的であることが行き過ぎると、やっぱり自分が思う正義と外れてきちゃうと思うんで。自分がそうならないための「戒め」でもあるし、社会全体というか、それこそもう地球全体で考えていかないといけないんだろうな、というのがあります。自分の中の正義にもつながってくるワードの一つというか。実際に言葉の通りにやってしまうと、それはそれでとんでもない世界になっちゃうけど。ただ、意識するという意味では、大事かなと思います。


Q4 AA=AiD
―震災後すぐに支援プロジェクトを立ち上げました。ここまで、どんな想いで活動されてきましたか。今、どんなことを強く思いますか。


自分にできることって何だろう、って考えたときに、できることをやったっていうだけで。多分それは、あの時、あの瞬間生きていた人みんな、多くの人が思い、やったことだと思います。自分はこういう立場で生きている人間なので、自分が起こすと割とアクションとして大きくなって、注目されるから目立つけれども。でも、あのときに生きていた人は、みんながやったことだと思うので。特別なことをやったつもりは全然ないです。

「寄り添う」というのは非常に難しいと思う。体験した人と体験してない人、その場に生きていた人と、違う場所に生きていた人。圧倒的に違うと思うから。簡単に言葉で「寄り添う」って言えちゃうけど、実際は本当に簡単じゃないと思う。そういう意味では自分ができることを、気持ちを持ってやる、というのが一番大事だと思っています。(それが)やれることだし。

よく発言を求められることもあるのですが。自分が発する言葉にいったい何があるんだろうって考えた時、やっぱり、その...、そんなに無いんですよね。自分よりもはるかに怖い思いをした人がいて、その人たちの代弁者には絶対になれないと思うから...。

でも、そういう思いをした人を、自分ができることで助けるというのはできると思うので。それをみんなでやっていくしかないだろうと。立場的には割と(言葉も)求められるんですが、自分が何かを発しようとは思わないというか。

ただそういうのも、いろいろ話をしていくと、もっとできることが見えるかもしれないし。でも、やり過ぎることによって違ってしまうこともあるし。誰かを傷つけちゃうこともあるだろうし。逆に、自分も学びたいですね。


aa03.jpg「いろいろ話をしていくと、もっとできることが見えるかもしれないし。でも、やり過ぎることによって違ってしまうこともあるし。誰かを傷つけちゃうこともあるだろうし...逆に、自分も学びたいですね」

>>第2部  >>第3部

この記事へのリンク

2013年10月30日

Think with music #001 音楽家・上田 剛士さん (AA=) 第2部

Think with music

第2部 戦争と人間性
aa04.jpg最新の楽曲「WARWARWAR」と「HUMANITY2」に込めた想いは? この秋リリースした2曲のシングルについて聞きました。




Q5 分けた意図
―デジタルとメロディ、戦争と人間、都市と森、スーツとTシャツ、ピンクと黄色。いろんな対が見えます。なぜ、分けようと思ったのか。その意図は?


自分の中にあるものの、幅の端と端を音で表現したらどうなのだろう、というアイデアがあり作り始めました。始めてみると、自然とその音から受ける影響で、自分の中のテーマもまた分かれてきて。たとえば未来と過去、みたいなものであったり、おっしゃったようなものであったりとか、だんだん自分の中で整理されてきた、というのが結果ですね。

単純に自分の一番最初の始まりとしては、音楽的な興味というか。普段、割と自分はその二つが融合している音楽を作っているんですが、それをもうちょっと自分の中で意識して分けたらどうなるかなというのがあって。完璧に分けることは難しかったけど、いくらかそういう形ができたかなとは思っています。


Q6 TIME HAS COME
―「WARWARWAR」のこのメインフレーズから、危機感がストレートに伝わります。PVに二度出てくるコインロッカーの鍵は、96と9でした。


(憲法改正議論についてが)全てのメッセージの中心という訳ではないですが、一個の側面としてはあって。やはりみなが意識して考えないといけないものだというのは歴史が教えてくれているので。それを取り入れたということです。

日本においては、戦後からの流れと明らかに違ってきているなというのは感じるんだけれど。ただ世界的にいうと、戦争とか争いとか、そういうものは常に終わったことがないし。先進国の中のどの国もそうだけど、その一端として関係する位置に日本という国はあると思うので、それは常に自分たちの問題としても考えなきゃいけない。そういうのはやっぱり意識していかないと、と思っています。

未来にやっぱり向かっていくには、いろんな選択肢がきっとあると思うんだけど、どれが正解かは、多分、永遠にわからない。その中でも自分の中で正しいと思えるものを常に選んでいくのが最良の結果を生んでいくと思うから。あきらめずに、というか、流されずに、というのは常にメッセージとして持っていたいと思っています。


Q7 敵
―「HUMANITY2」のPVでは若い頃の映像も使われています。当時見えていた「敵」と今見えている「敵」は同じですか? 違いますか?


相当違いますね。若い頃はいろんなものがわからなかったので、わからないものをみんな排除して、対立軸を自分で作っていくみたいなところもあった。今は違うことを受け入れられるようになったし、逆に自分がどういうものかっていうのがだんだん見えてきたというのもある。それは結構、大きく違いますね。

ただ、大きな流れでいうと、今は誰か個人の圧倒的な支配者がいて世の中を悪くしているという時代じゃないと思っていて。もっと大きな敵みたいなもの、システムであったり、ちょっとした欲望の塊であったり、そういうのが集合しておかしな方向に進んでいくというのが今の世界だと思うんで。1930年代以前よりは確実によくなっているとは思うけれど、でも変わらなく問題としてあるものはあると思うので。そういうものはやっぱり敵として対抗していくというか、抵抗していくべきだと思うし、解決していくものを見つけていくべきだとは思いますね。


aa05.jpg「変わらなく問題としてあるものにはやっぱり敵として対抗していくというか、抵抗していくべきだと思うし、解決していくものを見つけていくべきだとは思いますね」

>>第1部  >>第3部

この記事へのリンク

< 前のページへ 23456789101112