2011年04月07日

Think the "Earth Day 2011" を開催します!

おすすめ infoお知らせ

こんにちは、曽我です。
都内でもさくらが満開になりつつあり、春を感じる気候になってきましたね。
ニュースからはお花見を自粛するようにという声が聞こえてきますが、一方ではお花見で東北のお酒を飲もう!という声も聞こえてきます。皆さんはお花見に行かれましたか?

私たちThink the Earthプロジェクトは毎年4月22日のアースデイに「Think the Earth Day Party」を開催しています。今年も開催準備を進めていましたが、3月11日に発生した東日本大震災を受け、開催するべきかどうか真剣に悩みました。

今回の震災は被災地の範囲が広く、未だに被害の規模が把握できておらず、行方不明者の捜索も続いています。原発事故もまったく終わりが見えません。その一方、今、日本全国で被災地のため、これからの日本のために「わたしたちできること」「何かしたい」という気持ちが強く芽生えています。

その声を聞き、このような時だからこそ、これからの日本のことを集まっていただいた皆さまと一緒に考え、語る場になれるのではないかと考え、予定通り開催することにしました。

たくさんの方に来て頂き、日本の未来、世界の未来、地球の未来をみんなで一緒に考えてきたいと思います。皆さまのご参加、スタッフ一同心よりお待ちしております。

詳細は下記よりご確認ください。
Think the "Earth Day 2011"開催のお知らせ

▼2010年4月22日「Think the Earth Day Party」の様子
tteday20100422.jpg

● お問い合せ先 ●
Think the Earthプロジェクト
担当:曽我・笹尾・長谷部
e-mail: event2011★thinktheearth.net
★を@に変えてご連絡ください

(曽我直子)

この記事へのリンク

2010年12月27日

ダイアログ・イン・ザ・ダークに行ってきました!

おすすめ info

先日、今年最後の「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」に行ってきました。
Think the Earthプロジェクト・スタッフブログで過去に何度が取り上げたことがありますが、これはまっくらやみのソーシャルエンターテイメントです。

ダイアログ・イン・ザ・ダーク

1227-1.jpg


簡単に説明すると、暗闇の中を暗闇のエキスパートであるアテンド(視覚障がい者)のサポートのもと、何人かのグループで1時間ほど一緒に行動します。

噂では聞いたことがあるものの、実際暗闇の中で何をするんだろう・・・?と、不思議と不安と好奇心を抱きつつ参加しました。

本当に全く想像のできなかった暗闇の世界。いざ、その中に入って一番最初に感じたことは、「広い!」でした。それは、その場所が広いのではなく、何も見えないのでどこからどこまで何があるのかわからず、ただ果てしなく暗闇がそこにあったので、「広い」と感じたのでした。

そして、次に感じたのは「におい」でした。そう、葉っぱの香りがしたのです。とても涼しく爽やかな緑の香り。けど、参加者の方々が口々にする言葉はそれぞれ。音を感じる人も入れば、気配を感じる人。人の五感は視覚以外にも、たくさんのことに反応するんだと、今更ながら感じたことでした。

そして、みんなでコミュニケーションを取りながらどんどん先に進んで行きます。本当に何も見えないので、参加者同士コミュニケーションを取り、協力しながら進んで行くことがとても新鮮でした。

あっという間に1時間が過ぎ、光のある世界に戻ります。時間の感覚も失い、暗闇の中に1時間もいたなんて思えないほど、あっという間の出来事でした。

普段当たり前に感じていることを改めて身体と心で感じ、自分が何を感じるかと再発見もできた時間になりました。

今回私が参加したのは通常より少し短いライトバージョン。1月には新春ダイアログ・イン・ザ・ダークとして、暗闇で書き初めをすると聞きました。・・・暗闇で書き初め!とっても興味深いワークショップだと思いました。

2月以降もさまざまなテーマで開催予定ですので、皆さんもぜひ参加してみてください!

(曽我直子)

この記事へのリンク

2010年12月17日

えこよみトークイベントいよいよ来週20日、サイン会もあります。

おすすめ info

えこよみカレンダー発売記念トークイベント、いよいよ来週の20日(月)に迫ってまいりました。当日カレンダーやダイアリーをお買上の方には、お二人からサインをしていただけることにもなりました。

日々の制作活動に自然や季節の変化をさりげなく取り入れられているお二人。年末に向けて忙しい日々を過ごされているみなさんにとって、このひとときが日常の中で季節や自然を感じるヒントになれば、と思っています。

 ・イベント詳細、お申し込みはこちらから

華雪さん作品
20101217_1.jpg
(写真:風間忠雄)

20101217_2.jpg


・華雪Book
 http://www.kasetsu.info/index2.html

・LUNAWORKS
 http://www.lunaworks.jp/

・Island Gallery
 http://islandgallery.jp/

・えこよみカレンダー
 http://www.thinktheearth.net/jp/ecoyomi/calender.html

(谷口西欧)

この記事へのリンク

2010年12月16日

月島でクジラに会おう!18日まで

おすすめ info

写真家ブライアント・オースティン氏によるクジラの実物大ポートレイト写真展「クジラと見つめあう」
オルカライブのポール・スポング博士からのメールで知り、たった1週間しか展示されないと聞いて、なんとか仕事の合間に時間を作って行ってきました。

beautifulwhale1.jpg

実物大のクジラの写真が展示されるなんて、ホントかなぁと半信半疑で行ってみたら、ホントにすごい。古い倉庫を改装した会場に入ると、あっというまに心奪われる写真の数々に出会うことになりました。

クライマックスは、長さ9メートルにおよぶメスのザトウクジラ。
実物大の写真はブライアントさんが海中で至近距離から撮影した何百枚もの写真から、膨大な時間をかけて再構成したもの。ほんとうの大きさのクジラに会うのは、誰にとっても初体験となるはず。

写真があまりに大きくディテールまで写っているのと、会場には水中マイクで録音されたクジラの鳴き声が深く響いていることもあり(僕が訪れたときはシロナガスクジラの声でした)、近くで見ると、まるで自分が海の中にいて、クジラと目があったような気になります。目でみる写真展というより、海中に入って巨大生物に出会う身体体験的な展示会なのです。

beautifulwhale2.jpg

iphoneで撮った会場写真からはその迫力は伝わらないだろうなぁ。。と思います。
クジラが好きな人のためだけの写真展ではありません。クジラと至近距離で会うなんて、普通の人には絶対できない体験となるので、どんな人にも超オススメします。百聞は一見にしかず。会期が18日までと短いので、気になった方は迷わずゴーしてください。

ブライアント・オースティン写真展「クジラと見つめあう」

(上田)

この記事へのリンク

2010年12月13日

えこよみカレンダー発売記念!トークイベント開催します。

おすすめ info

えこよみカレンダー2011の発売を記念して、書を書いてくださった華雪さんと、LUNAWORKS、高月さんをお呼びして12/20(月)にトークイベントを開催します。場所はカレンダーも販売して下さっている、Island Gallery(アイランドギャラリー)。お時間のある方はぜひ少し早めにお越しいただいて、常設展をゆっくりとご覧になってお楽しみください。(会場セッティングのため18時よりお時間いただきます。)

>お申し込み・イベント詳細はこちらのページから
 http://www.thinktheearth.net/jp/info/2010/12/post-95.html

・華雪Book
 http://www.kasetsu.info/index2.html

・LUNAWORKS
 http://www.lunaworks.jp/

・Island Gallery
 http://islandgallery.jp/

・えこよみカレンダー
 http://www.thinktheearth.net/jp/ecoyomi/calender.html

(谷口西欧)

この記事へのリンク

< 前のページへ 678910111213141516