2010年09月24日

「産後はもっと甘えナイト!」に参加しました

おすすめ info

妊娠前、妊娠中、産後の時期に、新しい命に向き合う女性やカップルの心とカラダと暮らしをサポートする「バースコーディネーター」という職業を創った大葉ナナコ先生が所長をつとめるバースセンス研究所で開催された座談会「産後はもっと甘えナイト!」に参加しました。

イベントの企画は、「うまれる」という映画を企画/監督した豪田トモさん。

"産後ウツ、虐待、育児放棄など子育てに関するネガティブな報道が増える一方のいま、ママたちに何が起きているのか。"
"なぜ、どのようにして、幸せなはずの子育てが苦痛になってしまうのか。"
そんな疑問を感じたトモさんの呼びかけに、即、参加の申し込みをしてしまったのは、私自身子育てがとても辛かったから。

妊娠が分かると同時に、子育て情報の収集や保育園探しに奔走。
出産後は「良き母」「良き妻」は当然として、
復職後は保育園との連携バッチリの「良き保護者」に、
仕事バリバリの「良き社員」にならなきゃと、常に緊張状態。

子育てが心から楽しいと思えるようになったのは、そんな自分を「無理してるな」と笑えるようになった、ごく最近のこと(娘、もうすぐ5歳です...)。

座談会には今年7月、男の子を遺して亡くなった山本真純アナウンサー(日本テレビ)の実兄である慎輔さんも参加。

山本アナウンサーに関するニュース記事はこちら↓
http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/obit/news/20100729-OHT1T00068.htm?from=related

真純さんの出産後の様子について話してくださいましたが、真純さん、そして参加したママたちに共通するのは「頑張り屋」なこと。

頑張れないときもある、頑張ってもすぐに結果が出ないこともある-
当たり前のことですが、生まれたばかりの子どもを前に「まあいいか」と思うこと、そんな自分を許すことは難しい。

「甘えナイト!」では、トモさんやナナコ先生の優しい言葉に促され、溜めてた想いを一気に口にしてしまいましたが、
言葉にしてみること、共感してもらうことが持つ癒しの力を実感した夜でした。

11月初旬の劇場公開が楽しみです。
http://www.umareru.jp/cinema/


(中島 愛子)

この記事へのリンク

2010年09月15日

アカウミガメコラム連載その6「アカウミガメの今年の産卵状況について」

おすすめ info

携帯サイト「live earth」のau版では、徳島県のアカウミガメ産卵地保全を応援するキャンペーンを7月末までおこなっていました。

キャンペーンの詳細はこちらから
→auのlive earthでアカウミガメキャンペーン開始
→携帯サイトlive earth(au版)のアカウミガメキャンペーンより、日本ウミガメ協議会に寄付を実施

この中で好評連載していた、日本ウミガメ協議会のスタッフ水野さんによるアカウミガメのコラム。最終回の第6弾を転載します。お楽しみください!

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
今年も全国各地の産卵がほぼ終わりました。ちょうど今頃(9月上旬)、全国各地の産卵地では子ガメ達がふ化&脱出の時期を迎えています。

ウミガメの場合、砂の中で卵から顔を出すのが「ふ化」、それからもぞもぞして少しずつ上がり、数日から10日ほどかけて砂浜の表面から出てくるのが「脱出」です。

これから全国各地の情報がまとめられ、11月末に開催する「日本ウミガメ会議」で今年の全容が明らかになります。今年は全国の方々から「産卵多いね!」と言うのを多く聞いています。

徳島県の日和佐でも、現地で活動する日和佐うみがめ博物館の田中学芸員から「今年は12年ぶりに産卵回数が50回を超えました!!」という明るいニュースもありました。

ただ、産卵数は増えてはいるのですが、産卵地である砂浜や生息域の海の環境はまだまだ問題が残っています。

これからも、全国各地の方々と連携をとりながら、さらなる活動へ発展させていきたいと思います。今後とも、ウミガメ保全へのご支援の方、よろしくお願い致します。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

コラムは以上です。

今回のキャンペーンでは、ウミガメの世界の奥深さを知る良い機会をいただきました。何かを深めるってほんとに面白いなあ。
ウミガメ協議会さんとは、また何かでご一緒できたら嬉しいです。


バックナンバー
アカウミガメコラム連載その5「ウミガメも利用する砂浜の今」
ウミガメは産卵がつらいから泣いている?
鶴は千年、亀は万年も生きるの?
日本で生まれたアカウミガメ達はどこに旅する?
ウミガメと人


関連リンク
日本ウミガメ協議会
live earthの紹介ページ

live earthへはこちらのQRコードからどうぞ
live earth QRコード


(横山)

この記事へのリンク

2010年09月08日

メールニュース読者の方がロゴマークコンペで採用!

おすすめ info

こんにちは。横山です。
ひとつ、嬉しいお知らせがあったので共有です。

JANICさんという、NGOや市民、企業、自治体をつなぐ中間支援の団体があります。

ここで、少し前まで、「NGOサポート募金」というしくみのためのロゴマークを公募していました。

私たちもメールニュースでこのコンペの告知をお手伝いさせていただいてたのですが、なんと、見事に採用されたのはメールニュース読者の方ということでご報告をいただきました!報告ページはこちら↓
ロゴマーク審査会レポート NGOサポート募金

なんだか、何もしていないのにちょっと嬉しい。

というわけで、毎週木曜日配信のメールニュースでは、スタッフおすすめのイベントや講座などの情報も載せていますので、まだ読んだことがない方はぜひ!一度登録してみてください。

▼登録ページはこちら
http://www.thinktheearth.net/jp/mailnews/


(横山)

この記事へのリンク

2010年08月11日

チャリティー待ち受け

おすすめ infoみずのがっこう

みずのがっこうで、チャリティー待ち受けつくりました!
3キャリア対応で、ダウンロード価格210円のなかから、100円がピースウィンズ・ジャパンの水支援活動に寄付されます。

みずのがっこう 待受け

どちらも時間と連動します。
DLはケータイから、以下のURLにてお願いします。遊スタイルさんからのDLになります。

ホタル → http://www.ustyle.jp/index.php?r_cd=10mizu01
メダカ → http://www.ustyle.jp/index.php?r_cd=10mizu02

もしくは、以下のQRから、→みずのがっこう→チャリティー待ち受け
と進んでください。

QR.jpg

ちなみにホタルバージョンは残業時の癒しに効果覿面!オススメです。
ぜひ!!!

(佐々木 拓史)

この記事へのリンク

2010年08月04日

Twitter対談、やりまーす (8/5・13:30〜)

おすすめ info

来年は、Think the Earthプロジェクトの10周年! そして、greenz.jp は5周年!そこで、greenz.jpの編集長・鈴木菜央さん(@suzukinao)と、Think the Earthプロジェクトのプロデューサー・上田壮一(@saulueda)が、Twitter対談を行います。 それぞれが、これからの5年で行いたいことを"妄想"しつつ、ブレストします。Twitterだから、みなさんもどしどし参加してくださいねー。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
【twitter対談】鈴木菜央さん +上田壮一
祝! greenz.jp 5周年× Think the Earthプロジェクト 10周年!

日時:2010年8月5日(木)13:30~14:30(場合によって延長あり)
場所:Twitter上での対談です! ふたりは、どこから更新するのでしょうか?!
ハッシュタグ:#g5T10
参加方法:上のハッシュタグをTwitterの検索窓にいれてください。


【Twitterアカウント】
上田: http://twitter.com/saulueda/
鈴木菜央さん: http://twitter.com/suzukinao/


みなさんのつぶやきのまとめや詳細、greenz.jpの記事でもご覧ください!

(朝香バースリー)

この記事へのリンク

< 前のページへ 7891011121314151617