2014年03月31日

写真で世界一周の旅!Think the "Earth Day" Party 2014

プロジェクト裏話おすすめ infoお知らせ

こんにちは、曽我です。
東京では桜の満開宣言が出たと思ったら、春の嵐が吹き荒れてせっかくの桜が散ってしまわないかと心配ですね。。私は関西出身なんですが、地元にいる頃から東京の開花宣言は早いなぁと思っていて、今年も4月に入る前に満開宣言が出たので、6年住んでいますが今だにビックリしています。

さて、明日で4月に入りますが、Think the Earthは4月22日アースデイの日に毎年恒例になったThink the "Earth Day" Partyを開催します!

earthdayparty.jpgThink the "Earth Day" Party2013の様子

今年のThink the "Earth Day" Partyも皆さんに楽しんで頂きたいと思い、アースデイ当日は楽しく地球を感じることができたらいいなと思い、Think the Earthのスタッフでいくつかプログラムを考えました。その内のひとつ、「みんなでつくる"世界(日本)一周写真の旅"」の内容をご紹介させて頂きます。

タイトルに「みんなでつくる」と入っていますが、参加される皆さまから世界(日本)を旅した中で、残したい風景、感動した景色、出会った人々、貴重な植物...などの写真を募集し、集まった写真を地図を使いながらぐるっと世界一周の旅をしている気分でご紹介させて頂こうと思っています。

そこで一足先にThink the Earthのスタッフで作る世界一周写真の旅!をご紹介させて頂きます。

では日本からスタートです!
どこがスタートがいいかなと考え、日本昔ばなしに出てきそうな風景が残っていた岩手県遠野市から出発したいと思います。

iwate3.jpg岩手県遠野市 日本昔ばなしに出てきそうな風景に心が奪われました。2011年9月(曽我)

まず最初に向かったのは、日本から南に進み赤道を越えた場所に位置するインドネシアのバリ島です!

bali.jpgインドネシア バリ島 お盆を迎えるバリ島の家々。町中で紅白の国旗がはためいていました。2013年8月(長谷部)

kechak.jpgバリ島の伝統的な男性合唱と呪術的な舞踊。60人くらいの男性が「ケチャケチャ」という独特の掛け声とリズムで行うもの。2013年8月(長谷部)

インドネシアの舞踊は写真でみてもすごい迫力ですね。バリ島はリゾートのイメージがあったのですが、行ってみないとその場に根づいている伝統的な文化を知ることはなかなか出来ないんだなぁと改めて感じました。

つぎに向かったのは、インドネシアから西に進みインド洋を越えた先にあるアフリカ大陸のジンバブエです。

victoriafalls.jpgジンバブエ ビクトリアフォールズ 空からビクトリアフォールズを眺めました。2006年9月(山口)

空からの圧巻の風景!けど、私は怖くて乗れそうにありません。。。

つぎにアフリカ大陸を北上して向かった先はヨーロッパです!

firenze.jpgイタリア フィレンツェ ウフィツィ美術館から見たアルノ川 2011年3月(インターン高木)

milano.jpgミラノのドゥオーモ 2011年3月(インターン高木)

イタリアは行ったことはありませんが、ドゥオーモは何度か写真や映像で見たことがあります。ヨーロッパの大聖堂はすごい迫力ですね!イタリアは一度は行ってみたい国のひとつです。

さて、つぎに向かったのはカナダ。

niagarafalls.jpgカナダ ナイアガラフォールズ 圧倒的な水の力を感じるナイアガラの滝。アメリカ側にある風の洞窟まで行くと、滝に打たれることもできますよ! 2013年7月(笹尾)

vancouver.jpgカナダ バンクーバー大自然と近代的なビルが共存する街、バンクーバー。都会のすぐ近くに海も山も両方あって、夏は本当に涼しい!  2013年7月(笹尾)

ナイアガラの滝も写真や映像ではみたことがありますのが、こちらもすごい迫力!身近に行ったことがある人から聞くお話はリアルなので写真をみたときに迫力が増しますね。この船が滝に飲み込まれるんじゃないかと心配です。。笑

最後に向かったのはハワイ!

haleakala.jpgハワイ マウイ島ハレアカラ山 ハレアカラをテーマにしたフラソングがたくさんあります。本当に美しい朝日でした。2013年10月(曽我)

そして、ただいま日本!

tokyoshibuya.jpg東京都渋谷区 オフィス近くの桜も満開です!2014年3月31日(曽我)


Think the Earthのスタッフで旅する世界一周でしたが、全員ではないのにこのボリューム!皆さんから集めたらもっと色んな場所に立ち寄って楽しい旅になるんだろな、と今からワクワクしています。

以下、Google mapでみんなが行った場所をポイントにし、線と線で繋ぎました。まさに世界一周の旅ですね!画像をクリックすると拡大するのでぜひ見てみてください。

travelmap.jpg※地図をクリックすると拡大します  By google map地図へのリンク

このようにThink the "Earth Day" Party当日は皆さんから送っていただいた写真で世界一周の旅にでかけたいと思いますので、こちらもプログラムも楽しみに当日ご参加ください!

当日の参加方法は以下のURLに記載しています。皆さまのご参加をお待ちしています!
http://www.thinktheearth.net/jp/info/2014/03/party2014.html

(曽我 直子)

この記事へのリンク

2014年03月12日

3年と1日目

おすすめ info

今日は2014年3月12日。
2011年3月11日の東日本大震災から3年と1日目、ですね。
昨日は皆さん、どんな一日を過ごされましたか?
ほとんどの方が、いつもの日常を過ごされたのではないかなと思います。
私も、打合せに行ったり、メールのやりとりをしたり、原稿を書いたり・・・でも、この日くらいは、短い時間でも、震災のことだけを考える時間を持ちたくて、築地本願寺の法要に行ってきました。
その後、東京駅八重洲地下街で、福島大学と明治大学の学生が企画運営した「東北復興展」で福島大学災害ボランティアセンターのIくん、Jくんと久々の再会!彼らと初めて会った3年前の秋を思い返すきっかけをもらいました。
0311.JPG


3年前、Think the Earthは、現地でいち早く救援活動を始めたNPO/NGOを応援する「Think the Earth基金」を立ち上げ、皆さんからご寄付いただいた基金で、45団体への寄付を行いました。
*報告はこちら→

震災発生数日後には現地に入っていた緊急支援団体の中には、3年経ったいまでも活動を続けているところがあります。

そのうちのひとつ、シャンティ国際ボランティア会から3年間の活動をまとめた報告書が届きました。彼らはいまでも、宮城県気仙沼市、山元町、岩手県の各地で、まちづくり支援や移動図書館などの活動を続けています。
http://sva.or.jp/wp/?news=9150

岩手、宮城、福島の3県で障がいのある方々やお年寄り、原発の影響を受けた子どもたちへの支援を続けているAAR Japan(難民を助ける会)も、継続した支援活動を続けています。
http://www.aarjapan.gr.jp/about/news/2014/0311_1462.html


ピースウィンズ・ジャパンは、宮城県南三陸町に高齢者らが集い、活動するためのサポートセンターの建設を進めています。
http://peace-winds.org/news/activity/report/tohoku/5723

もちろん、上記の3団体がすべてではありませんが、海外での緊急支援~復興支援の経験がある団体による、こうした息の長い支援が、3年経っても続いていること、知っていただけるとうれしいです。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

そして、2012年に行われた大友克洋GENGA展では、「忘れないプログラム」を通じて6つの団体へ寄付を行いました。


寄付先のひとつ、福島の子どもの外遊び支援ネットワークは、2013年度だけで約100回の外遊びを実施しています。
http://www.fr-land.com/page7.html#2
(HPは、代表の橋口さんが運営するフォレストランドのものです)


原発事故で家や畑を失ったかーちゃん達でつくるかーちゃんの力・プロジェクト協議会、今日も自慢の漬け物やお弁当を作っています。トップページ左下、代表の渡邊さんのブログものぞいてみてください。
http://www.ka-tyan.com/

田んぼのガレキをボランティアの力で取り除いて田んぼを復活させたNPO田んぼは、昨秋2回目の収穫を行いました。
http://npotambo.com/

北浜わかめ組合虹の会は、1年目と2年目で募集してきたサポーター制度を終了し、今年からは産直に挑戦しています。
http://niji-wakame.com/?page_id=473

ゆりあげ港朝市協同組合は、2013年12月1日に元あった場所で営業を再開し、各種イベントやシャトルバスを運行するなどの努力で、震災前よりも人の集まる朝市になっています。
http://yuriageasaichi.com/

他にもたくさんたくさん、がんばっている人たち、それを支援している人たちがいて、忘れない基金では引き続き支援を続けています。
例えばフリーマーケットの売上げ、飲み会のおつりや、思わぬ臨時収入など、なにかの機会に忘れない基金を思い出して、ご寄付をいただければ、幸いです。責任を持って東北に届けさせていただきます!

私自身、震災から1年、2年経つにつれ「あれをやろう」「これをやろう」と思っていたことが実現していなくて、反省しきりです。
四六時中はむずかしくても、日常の中でふと東北を思い出したり、考えたり、していきたいなと思っています。


忘れないプロジェクトでは、復興活動団体のブログを自動更新で表示していますので、ぜひご覧くださいませー。

(はらだ)

2012年4月に警戒区域指定が解除され、日中は住民の出入りができるようになった福島県南相馬市小高区の海岸沿い。姿は見えませんが、正面方向に福島第1、第2原発があります。(2013年9月)
minamisoma2.jpg

この記事へのリンク

2013年07月19日

最近気になる深海ワールド 

地球日記おすすめ info

みなさまこんにちは。

最近暑い日が続きますね。
夏と言えば海!ということで、先月早々と江ノ島の海に行ってきました。

私にとって海は海辺の風景や波音を聞いて癒される場であったり、サーフィンやシュノーケルをして遊んだり、目に見える範囲での楽しみしか知りませんでした。でも、「宙のがっこう〜深海編〜」が始まってから、新たな海の魅力にハマっています。
そう、深海ワールドです!

深海って聞くと、まずみんなが思い出すのは、伝説の怪物「ダイオウイカ」くんではありませんか?あれが火付け役となって、今深海が熱い!と勝手に思っているわけです。笑

Think the Earthで最初に「宙のがっこう〜深海編〜」を始めたのは5月25日。

「しんかい6500」および「よこすか」が今年1月よりインド洋、南大西洋、カリブ海、そして南太平洋をおよそ1年かけて巡る「しんかい6500」世界一周航海「QUELLE 2013」を実施しているということで、QUELLE2013のビジョンや普段聞けない戦略の話、そして、QUELLE2013で挑む科学テーマの話などを中心にJAMSTECの方にお話して頂きました。

そこで聞いた話によると、海洋資源や津波の研究のような具体的なミッションを持ったプロジェクトと比べ、「生命探査」というテーマの研究は、国から予算がなかなか取りにくい。それの理由はなんとなく分かる気もするんですが、「地球の最初の生命は何だったのか?」という問いは、シンプルに興味深い。もっとこのテーマに興味を持つ国民が増えれば、この分野の研究も必要だ!と国も認め、予算も通りやすくなるそうです。

田村さん.jpg
JAMSTECの田村さん

Think the Earthとしては、そういう意味で深海の面白さをどんどん伝えて、「生命探査」の研究を応援したいな、と思いました。

極限環境に生きる微生物を研究している高井 研さんは知るひとぞ知る有名人。
彼が話す深海の話はとても面白いんです。(絶対生で聞いてほしい!)

「日本の海洋分野の研究は世界的に見てかなり進んでいると言われているけれど、海の底に住む微生物の生態については、ほとんど何も知らないに等しいと言えるほど、わからないことだらけ。だからこそ、深海に行かなければならない。そこで出会う、深海生物はまさに驚きの連続で、最高に楽しいエンターテイメントなんだ!」そう言って深海生物カイコウオオソコエビやスケーリーフットの話だったり、世界最高温度の熱水域や湧水の話を分かりやすく、話してくれました。私はもっぱら文系の人間なので、数学とか科学とか、苦手意識で避けてきた分野なのですが、ここにきて科学って面白いなぁと。自分自身のその変化にとてもびっくりしました。

カイコウオオソコエビ01.jpg
JAMSTECの高井さん


そして2回目の「宙のがっこう〜深海編〜」は、有人潜水調査船「しんかい6500」を搭載した支援母船「よこすか」とのリアルタイム交信イベントを2013年7月1日に実施しました。

カリブ海にいる高井さんと生中継で日本の会場とつなぎ、「はやぶさ」の探査に関わったJAXAの矢野 創さんと深海生物の研究をしているJAMSTECの和辻 智郎さんの3人に「深海と宇宙のつながり」についてお話頂きました。(この日、200名以上の参加者が集まりました!)

私たちが住む太陽系には、地球以外にも海のような液体が集まっている星があります。その中でも高井さんと矢野さんが注目しているのは、土星第二衛星エンセラダス。そこは、今も宇宙に吹き出す海水の氷柱と有機物があるそうです。エンセラダスから噴出している物質をサンプルリターンできれば、そこに新たな生命を発見する可能性が十分にあるのです。深海の研究が、まわりまわって宇宙の生命体とつながる瞬間を感じて、すごい!と思いました。

アストロバイオロジー.jpg
JAXAの矢野さんとJAMSTECの和辻さん

ラーメンカップ.jpg
宙のがっこうのために特別に持って行ってもらったカップラーメン。海底でこんなに小さく圧縮されちゃいました。

質問シーン.jpg
会場からはたくさんの質問も!カリブ海から高井さんが答えてくれました


そしてついに3回目となる「宙のがっこう〜深海編〜」が今度の28日(日)に代官山で行われます。最終回はカリブ海のプロジェクトから帰ってきたばかりの高井 研さんとJAXAの矢野 創さんに「深海と宇宙がつながり」について、よりディープな話をしてもらいます。

web0728.jpg

今回は今までとちょっと違った感じで楽しんでもらえるよう、人数を制限し、美味しい食事とドリンクもご用意しました。参加者の方がトークの感想や疑問に思っている話をざっくばらんに、みんなで話せる時間にしたいと思います。残席あとわずかですので、気になっている方はお早めにお申込下さい。

「宙(そら)のがっこう 深海編」トーク&交流会申し込みフォーム

また、他にも深海ワールドを楽しめるイベントを見つけました。
私も時間を見つけて行ってみたいと思います。

超・深海展
日程:2013年7月5日~7月23日
場所:コニカミノルタプラザ ギャラリーB&C

特別展・深海
日程:2013年7月6日~10月6日
場所:国立科学博物館

(笹尾 実和子)

この記事へのリンク

2013年07月04日

みずのがっこう開催のお知らせと、館林での水のワークショップ

おすすめ infoお知らせ

みなさん、こんにちは。
スタッフの山口です。
今日はまず 『みずのがっこう』 開催のお知らせから。
今年2013年8月3,4日に、お台場の日本科学未来館にてみずのがっこうワークショップを行います。
詳細は下記フェイスブックページにて。
【詳細情報】
https://www.facebook.com/mizunogakkou

【参加申込みフォーム】
https://business.form-mailer.jp/fms/5fa0fb2b23808


そのみずのがっこうで行うワークショップのメニューに「みずのたび」「アクアマスター選手権」があります。
みずのがっこう副校長先生である橋本淳司先生が、群馬県館林市にある館林市立第一小学校でワークショップを行われるということで、前哨戦的意味で群馬までサポート&勉強しに行って来ました。

R0011446.JPG
小学6年生全員が体育館に集まってくれました。
沢山いますね。

まずは水のクイズ、アクアマスター選手権です。水に関する問題をだして、選択肢A、B,Cの場所へと移動してもらいます。
クイズに正解した人の数だけ、安全な飲み水と適切な衛生環境を届ける活動をしている特定非営利活動法人ウォーターエイドジャパンに寄付できるので、みんなもり上がって来ています。

R0011449.JPG

ひとしきり盛り上がったあとで、次なるワークショップ「みずのたび」を行います。
これは、参加者の子どもたち自身が水の分子となってサイコロを転がし、出た行き先に移動することを繰り返すことで、海、川、森、土、氷河、湖、雲・・・自然界の様々な場所にある水が、どこからきてどこへ行くのか、水の循環を体験することができます。
(※ProjectWETのアクティビティ「驚異の旅」と同様のものです)

R0011471.JPG
体育会中に散らばる子どもたち。広くてカメラの広角が間に合いません。。

R0011476.JPG
サイコロを転がすたびに、やったー今度は雲ーー。
などと、体育館いっぱいに行ったり来たり。

R0011478.JPG
こちらは"土"にいる水分子たち。

R0011490.JPG
そろそろ川にも行ってみたいんだけど、なかなか行けないのよね〜。

R0011520.JPG
各地を回ってきた水分子には、それぞれの場所のシールが貼れるので色んなとこにいけた子が自慢気です。
サイコロ投げて、走りまわって移動して、シール集めて。。9回の移動の間中、みんなテンション上がりっぱなしです。

そんなこんなで、最後は水分子のみんなが移動してきた自然界の流れを、発表してもらいます。2箇所しか移動できなかった子から8箇所もいけた子まで、なぜ行きやすい場所とそうでないところがあるのか橋本先生からわかりやすく説明がありました。
R0011540.JPG

R0011550.JPG

子どもたちから水についての質問が飛び交い、中にはシンプルゆえの超難問も。
この時、なぜ水に入ると浮力がでるのか。については理解できたのですが、水はなぜ透明なのか?については、私は今もうまく説明出来ません。。。
みずのがっこう本番の8月3日までに理解できるよう頑張ります。

最後に橋本先生から
R0011549.JPG

先生:「いつ水のこと考えるの!?」
子どもたち:「いまでしょーーーっ!」


などというやり取りは全く無かったのですが、頭も身体も使って非常に楽しいイベントでした。8月3日、4日のみずのがっこう@日本科学未来館でも盛り上がることと思いますので、是非ご参加ください!

【参加申込みフォーム】
https://business.form-mailer.jp/fms/5fa0fb2b23808


---------------
※後日、特定非営利活動法人ウォーターエイドジャパンから館林第一小学校に宛てて、感謝状が届きました!!
館林市立第一小学校お礼状s.jpg

(山口倫之)

この記事へのリンク

2013年03月22日

九州ちくご元気計画@ヒカリエMOV_aiiima 1&2

地球日記おすすめ info

こんにちは、曽我です。
今年は桜の開花が早く、早くも満開になっている場所もありますね。まだまだスギの花粉が飛んでるこの時期に桜が満開になっても、花粉症の私は外に出るのが辛いのでお花見に行けずとっても悲しいです。

さて、今日はヒカリエで開催している『九州ちくご元気計画 SPECIAL EXHIBITION』のことを少しご紹介します。

genki01.jpg

九州ちくご元気計画とは、2008年にスタートした福岡県の筑後地区中心とした、行政と民間が連携した雇用創出事業です。

「雇用を生むためには商売繁盛から」をコンセプトにプロジェクトがスタートし、最初は個人レベルでのスキルアップのための講座を開講し、その後研究会と位置づけ、実践販売に向けた商品のブランディング、商品開発、情報発信等の研究が始まります。最終的には研究会から実践販売を目標とし、雇用創出を目指すプロジェクトですが、2011年に第一期が終了し、2012年から第二期がスタートしました。

現在、その第二期『元気計画②』が東京のヒカリエにきています。

genki02.jpg

場所はヒカリエ8Fにある、Creative Lounge MOVのaiiima 1&2。

今回の展示は、実際に研究会から商品開発を経て実践販売しているものが紹介されています。

genki03.jpg
genki05.jpg
genki04.jpg

どれもこれも生産者の想いが詰まっている商品ばかり。デザインはかっこよく、オシャレで素敵なものばかりですが、研究員の方からお話を聞くと、95%以上は素材へのこだわりや伝統を終わらせたくない、生産化するまでの過程に生産者の想いが詰まっていて、デザインの力は数%とおしゃっていました。土台がしっかりあるからこそ、デザインが活きるんだと。それをもっともっとたくさんの人に伝えていきたいと。

元気計画は地方の商品をクリエイティブな手法を使い、生産者と行政が一緒に雇用創出事業を行なっているということでGOOD DESIGN賞を取ったり、色々なメディアに取り上げられていますが、もっと生産者の顔や声も届けていきたいという想いがとても伝わりました。

今回、ヒカリエでは期間限定で商品を購入することができます。実際に手にとって商品をみたり、推進員の方から直接お話を聞くことができる機会になっているので、ぜひぜひ足を運んでみてください。

3月23日(土)にはイベントも開催されます。

トークセッション『いまローカルを考える』
※事前予約制

展示は3月24日(日)までなので、今週末にぜひ立ち寄ってみてください!

(曽我 直子)


この記事へのリンク

< 前のページへ 1234567891011