2012年12月05日

「未来の自分への手紙」ポストカード募集!

おすすめ infoお知らせ

6ヶ月後のあなたは何をしているでしょうか。
そんなところに自分自身からお手紙が届きます。

以前、アースデイや太陽と星空のサーカスというイベントでも大好評だった「未来の自分への手紙」プロジェクトをまた行います!
「未来の自分への手紙」を書いて復興支援に参加しませんか?

持続可能な社会実現に向けてさまざまなプロジェクトを行なっているThink the Earthとecomomで、12月13〜15日に開催される「エコプロダクツ2012」で未来の自分に向けて手紙を書くプロジェクトを実施します。

アースデイでもみんなわくわくしながらお手紙を書いてました!

earthdayblogpic.jpg
太陽と星空のサーカスイベントにて

P1020009.JPG

※「未来の自分への手紙」参加費の半額は東日本大震災「忘れない基金」に寄付させていただきます。
そこで、「未来の自分への手紙」に使うポストカードを集めています。誰かに使ってもらいたいポストカードを、ぜひThink the Earthまでお送りください!


家に飾っていたカード、かわいいフライヤーのカード、観光地で買ったカードや、手作りカードなど、何でもOKです。
ご協力よろしくお願いいたします。

送っていただいたカードは、エコプロ当日にみなさんに使っていただきたいので、カードを送っていただく際は封筒に入れてお送りください。

【送り先】
一般社団法人Think the Earth

〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町3-1
エムワイ代官山201
 事務局宛

お待ちしております!

(インターン 加藤彩菜)

この記事へのリンク

2012年11月22日

「もちかえる展覧会」は11月22日(木)から12月26日(水)まで!

おすすめ infoお知らせ

今日から東京ミッドタウン・デザインハブにて開催されるもちかえる展覧会にて、これまでThink the Earthが手がけてきたプロダクトや映像作品が幾つか展示されます!

そして、そして、メールニュースでも何度かご紹介した短編映像作品「うごくえこよみ Ecoyomi In Animation」も今回は特別に展示されていますので。WEBサイトでご覧になっていない方は、モニターで観られるとっておきの機会です◎

ecoymi_image.jpg

また、12月8日(土)にはプロデューサー上田の対談も予定されています。
ぜひ、師走の東京にお越しの際は、ミッドタウンを尋ねてみてくださいね。

※展示詳細はこちらのDESIGN HUB:EXHIBITIONページをご覧ください。

(風間美穂)

この記事へのリンク

2012年11月20日

あの日から初めての「あけましておめでとう」

おすすめ info

気がつけば、今年もあと1ヶ月と少しで、終わるのですね。
いまだに続けている年賀状、今年もそろそろ買おうかなぁとか、
お正月はどうしようかなぁとか、ぼんやり考える季節になりました。

そんななか、
あの日から初めての「あけましておめでとう」を
祝う人たちが、この日本にはたくさんいるのですよね。

あの日とは、2011年3月11日。
今年のお正月は、多くの人が「おめでとう」を言いませんでした。
大好きな人、そばにいるのが当たり前だった人を亡くしたから。

来年のお正月は、喪が明けて「おめでとう」が言える。
もちろん、悲しみはそう簡単に癒えないけど、またひとつ
前を向くきっかけになるかもしれない。

そんなお正月を応援する「東北のお正月を応援」プロジェクト。
http://www.sanaburifund.org/support/oshogatsu/

『仮設住宅団地に共に暮らすことになった新たなご近所さんたちと
 新年を迎える準備や年末年始のお祝いごとを応援する資金を集め、
 住民グループやNPO等に活動資金として助成』

するのですって。

一口5000円から。クレジットカード決済や銀行振込もできる寄付を受け付けています。
ひと足早いお年玉を、東北に届けてみませんか。
https://mp.canpan.info/sanaburifund/products/detail.php?product_id=10318


1年8ヶ月前は家が建ち並び、商店街に学校、そして名物の朝市があった@宮城県名取市閖上地区
yuriage.jpg


吉永小百合さんがJRの大人の休日倶楽部のCMで船に乗っていた観光地「浄土ヶ浜」からほど近い場所@岩手県宮古市。観光して、被災地を見て、というのも「あり」だと思う。
miyako1.jpg


とある仮設住宅の集会所には、今まで訪ねてきた人たちの名刺がずらり。人気の居酒屋さんみたいで、いいな。
higashimatsusima.jpg


(はらだまりこ)

この記事へのリンク

2012年09月14日

夢舎夢舎のロールケーキをみんなで食べた、*meshi yori*東北お取り寄せ会

地球日記おすすめ info

こんにちは!伏見です。Think the Earthでは月に一度、オフィスにて*meshi yori*というランチ会を開催しています。

*meshi yori*とは「各家庭のご飯を持ち寄って、みんなでシェアする食事会」のこと。ハンバーグ、炒飯などのお題を決めて、同じおかずをシェアしてみんなでランチをしています。同じおかずなんて飽きちゃう~って思うかもしれませんが、その中身と味は実に多種多様です。たとえばハンバーグ一つでも、和風洋風の違いはもちろん、それぞれの家庭で当たり前だと思っていた具のチョイスや調理法が、地域やマンマの特別なものだったりするわけです。柔らか〜いハンバーグの秘密をシェアしたり、自分では当たり前だと思っていたことで意外な盛り上がりをみせるのが面白い!

meshiyori000.png

そして今月の*meshi yori*では、復興応援スペシャル企画・東北お取り寄せ会!
東北といえばお酒は欠かせないよね!ということで、この日は特別に就業時間後の開催となりました。青森の採れたて青りんご、バターせんべい、岩手の日本酒、りんご蜂蜜、しいたけ味噌、福島の会津地鶏飯、いか人参、山形のかぁちゃんが作ったコンニャク煮などなど。それはそれは贅沢な食卓となり、みんなのテンションも高かったですよ〜(笑)。

meshiyori003.png

私が選んだお取り寄せは、難民を助ける会(以下、AAR)の支援先の一つ、岩手県花巻市の菓子工房・夢舎夢舎のロールケーキ「夢ロール」です。福祉作業所の多くは、障害のある方々がお菓子などの商品を作って地域で販売し、収入を得ていましたが、東日本大震災で販路を絶たれ売上が激減しています。そこで、障害者や高齢者施設、在宅の障害のある方々に対する救援物資の配布など、弱者への支援を継続的に行なってきたAARでは、17ヶ所の福祉作業所商品の販路拡大を支援しています。少しでもお役に立てれば、との思いでネット注文したところ、夢舎夢舎の皆さんにとっても喜んでいただけたようで、丁寧なお手紙と、くされぼんずの愛らしいポストカードが入った夢ロールが届きました!

meshiyori001.png

「くされぼんず」は岩手の方言で、元気がいいこ、いたずらっこ、という意味だそうです。夢ロール、ポストカードはネットでも注文できます。これは本当に可愛い♡→夢舎夢舎オンラインショップ

meshiyori004.jpg

各家庭の味を楽しんで、そこから新しい発見やコミュニケーションが生まれる*meshi yori*は、自分の家庭の味を再発見する機会にもなります。皆さんもお友達や職場の仲間を誘って、*meshi yori*を開催してみませんか?皆さんの*meshi yori*の様子をぜひこちらでシェアしてください。楽しくて美味しい投稿、お待ちしてます♪

(伏見聡子)

この記事へのリンク

2012年07月23日

どろんこワークショップ「こけだま作りで think 大地の秘密」

おすすめ infoお知らせ

こんにちは、伏見です。

昔から多くの和歌で詠われたり、庭園や盆栽で利用されるなど、日本人にとって馴染み深いものの一つに、苔玉があります。その苔玉を作る〝どろんこ遊び〟を通じて、自然や環境に興味を持ってもらう活動をしている「みどりのともだちプロジェクト」と、Think the Earthとのコラボレーションによるワークショップを8月に開催することになりました。

先日「みどりのともだちプロジェクト」代表の和田さんに、苔玉づくりお試しワークショップを開催していただきましたので、その時の様子をご紹介します!

kokedama_01.jpg

お試しワークショップに参加したのは、Think the Earthの曽我さん、関根さん、それから7歳と4歳になる私の息子たち。

「おうちに持って帰ってからも大事に育ててくださいね」「いろんな土があって、それぞれ意味があるんですよ」と、数種類の土についての説明から始まりました。粘り気がある土、パサパサと乾燥した土、保水性のある火山灰、吸着効果のある炭。それぞれに個性と役割があるのは、私たちの周りの人間を見渡しても、おんなじだなぁ。

kokedama_02.jpg

土に水を混ぜてハンバーグをこねる感じで、真剣にこねこねする大人たち。7歳の長男は豪快に、4歳の次男は慎重に。何気ない作業にも性格が出るものです。

kokedama_03.jpg

土のだんごができたら、「マザーズラブ(母性愛)」という花言葉を持つハイゴケで土を覆い、糸をぐるぐる巻きつけます。そして、水の中に沈めてぶくぶく...、しばらくして取り出したら完成!楽しくおしゃべりをしながらの、あっという間の作業でした。

kokedama_04.jpg

完成した苔玉は、どれもなんとも言えない個性的ないでたちをしています。真ん丸だったり、パイナップルみたいだったり。同じ材料を使っているはずなのに、まったく違う表情になるのが実に不思議です。みんな、自分の苔玉が一番可愛く見えるようで、溺愛する様子が微笑ましい(我が子が一番かわいい♡ということでしょうか...笑)

kokedama_05.jpg

楽しいコトから始めて、自然を大切に想うココロを育む。
森へ行かなければ、海へ行かなければ、と気負うことなく、目の前にある緑を愛でることからはじめてみるのもなかなか良いなぁ、と素直に思える体験でした。

土や緑を身体で感じて、遊びながら大地の秘密&すごさをちょっぴり探っちゃおう!という苔玉作りは、IDD世田谷ものづくり学校「KIDS WORKSHOP IN SUMMER」で体験できます。

8月18日(土)19日(日)IID世田谷ものづくり学校
「こけだま作りで think 大地の秘密」詳細はこちら
さぁ、みんなでコネコネしよーう!

(伏見聡子)

この記事へのリンク

< 前のページへ 1234567891011