2012年02月22日

SVA報告会「被災した子どもたちと支援者側のこころのケア」その2

地球日記おすすめ info

Think the Earth基金の寄付先のひとつでもある、シャンティ国際ボランティア会(SVA)の東日本大震災復興支援活動チャリティ報告会「被災した子どもたちと支援者側のこころのケア」の後編です。

前編「支援者側の心のケア」はこちら

後編では、SVA気仙沼事務所がとりくんだ『Book for the Future 子どもたちが描く気仙沼の声』について、スタッフの東さやかさんのお話から印象に残ったことなどを・・・。


"Book for the future"の目的は、絵を描くことを通して、ふだん、子どもたちが言葉にできない感情や気持ちを自由に気持ちを表現すること。そして、彼らの住む気仙沼市本吉地区の未来に希望を抱いてもらうことを目指しました。(気仙沼市立大谷小学校で冬休み期間中に開催された学習支援「まなびーば」の一部として、1日50分の授業を5日間実施。)

★テーマは大切な人、自然、一番好きなあそび、一番好きな場所...などなど
絵本1_s.jpg


・・・どうして、絵を描くのか。
それは「どうして子どもたちは、気持ちを表現するのが難しいのか」、ということとつながっているような気がします。
子どもは、大人のように表現する言葉を持ってない。誰のせいでもない自然災害に、行き場のない悲しみを持っている。大人が悲しんでいるので気を使って言わない(強がったり、気を使ったり)・・・などなど。

そして、子どもが震災のショックから立ち直る第一歩として、東さんは、現実をうけとめる、気持ちを表現する、環境の復旧=日常生活の継続(学校、仕事、日常的な家事など)、生活ストレスからの保護(狭い、慣れない仮設住宅でのくらし、取材など)があると挙げてくれました。

この中の「気持ちの表現」が、今回の『Book for the Future』の取り組みなんですね。絵という形にのこる達成感、書く・描く・伝えるという表現が、現実の受け入れやお互いのつながりの認識になると。


さて、実際の絵の授業はどんな様子だったのでしょう。
東さんによると、本吉地区の子は自然豊かなところで暮らしているので、こまかい生き物の描写が多かったそうです。
また「大きくなったら自衛隊になりたい」という言葉とともに自衛隊のヘリコプターを絵に描いた子も。
なかには、1枚目は明るい色彩の海や生き物の絵を描いた子が、2枚目は暗い色使いの津波の絵を描いたり、「色はぬらなくていい」とモノクロの絵を描いりした子もいたとのこと。

絵で表現をしたことで、子どもたちのPTSD、鬱やストレスにきづき、心のケアの対策ができ、それを地域で共有していくこともできるのだと、東さんは話してくれました。

絵本2_s.jpg
★写真提供は2枚ともシャンティ国際ボランティア会/SVA


・すべての子どもの絵を大人が理解する必要はないのでは。
・子どもたちは単純に学生ボランティアやSVAスタッフとふれあうことを楽しみにしてくれた
・いずれ(大人たちが他所からやってくる)機会もなくなってくる、と感じている子どもたちは少なくない。だからこそ、これまでの支援がポジティブな方向で子どもの心にのこるような、将来の活力となるような内容にしていきたい。
などなど、支援者側にもいろいろな思いが募る試みだったようです。


★ところで、子どもたちの描いた絵はひとつにまとめられて、小学校や子どもたちに届けられます。そして、いくつかの絵は「ぷんぷん谷」という絵本になって、大谷小学校の子どもたちの描く未来として形になる予定です。今後の「ぷんぷん谷」の情報は、SVA気仙沼事務所のブログをチェックしてみてくださいね。

(はらだまりこ)

===============================
【補足情報】
気仙沼市は、公式発表で死者1031人、行方不明329人。
市内92カ所の仮設住宅は全部で3451棟。
被災世帯9500世帯。

SVAは震災後すぐに現地入りし、事務所が流されてすぐに稼働できなかった気仙沼市災害ボランティアセンターの開設お手伝いをした後、4/15には気仙沼事務所を開設。
避難所巡回、物資提供、がれき撤去手伝い、炊き出し、お茶会、入浴送迎(5週間、45回延べ743人利用)
絵本を届ける活動、子どもの遊び場『あそびーばー』活動(日本冒険遊び場づくり協会との協働)などの活動を行ってきました。

SVA気仙沼の復興目標は「3世代が安心して楽しく暮らせるまちづくり」
そのために、地域支援、子ども支援、生業支援、NPO/NGO・行政とのネットワーク連携を行っています。
===============================

この記事へのリンク

2012年02月22日

SVA報告会「被災した子どもたちと支援者側のこころのケア」その1

地球日記おすすめ info

2/16(木)、 Think the Earth基金の寄付先のひとつでもある、シャンティ国際ボランティア会(SVA)の東日本大震災復興支援活動チャリティ報告会に行ってきました。
http://sva.or.jp/event/event201202091591.html

SVAはいま、宮城県の気仙沼市を中心とした復興支援と、岩手県沿岸部(陸前高田市・大船渡市・大槌町・山田町)を中心とした移動図書館の活動を行っています。

今回の報告会は、気仙沼事務所の活動の一部を紹介するものでした。
NPO/NGOの活動報告会は、「支援先で私たちはこんな活動をしています」という、支援者が被支援者に対して行っている活動の紹介がほとんどなのですが、今回は「被災した子どもたちと支援者側のこころのケア」と題して、支援する側のこころのケアもだいじなんだということを、きちんと正面からとらえていたのが、とても意義深いことだなぁと感じました。

=====
まず、★支援者の心のケア★についてのお話。

最初にお話いただいたのは「自分の心が健康でなければ、他の人は支援できない」ということ。
これ、とてもあたりまえのことではあるのですが、自分の心の状態というのは気づかないうちに変わっていくもの。
「自分はだいじょうぶだと思っていても、落ち込んでいること」...あるかもしれません。「ストレスがたまっていること」も、ありますよね。
そして、これから2−3年復興支援をやっていく間に、途中で心が折れてしまう。
そうしたら、誰かの手助けをするどころではなくなってしまいますね。

SVA気仙沼事務所では、スタッフである東さんが、支援者側のケアに関するプロのトレーニングを受け、ボランティアスタッフへの気配りをしています。
そして、長期ボランティアは適度な休暇(被災地から離れる)を取ったり、特技や関心を活かして活動してもらったりするなど、いろいろ工夫をしています。

★お話をしてくれた、SVA気仙沼事務所の東さやかさん(写真提供 シャンティ国際ボランティア会/SVA)
2012年2月16日東さん報告会_s.jpg

お話を聞いていてなるほどなと思ったことをいくつか、メモ的に書いてみると・・・
●バーンアウト
支援活動をしていると、毎日自分の手には負えない大きな問題が次々に起きて、疲れてしまうことがある。目の前の結果にとらわれて「何も変わっていないじゃないか」と、無力感におそわれてしまう。
そんなとき「支援者がどう達成感を感じるかではなく、支援される側がどう感じ動いたかがだいじ」という言葉に救われたりする。

●共感性疲労
寄り添って話を聞いているうちに、仮想で自分も同じ経験をしたと感じてしまう。二次的トラウマともいう。

●「バランスを崩している」と自覚することが、回復の手助けになる
バランスを取り戻すために、人生の中のポジティブなものを利用する作業が効果的。
ひとつは外的リソース...好きな場所や愛する人のことなどを思う
もうひとつは内的リソース...自分の中の信念、自分の好きなところを書き出してみる。

実はこれ、震災支援だからではなく、どんなときにも当てはまることだったりするのですが・・・昨年のたいへんな時期をそれぞれに生きてきた私たちひとりひとりにとって、いま、とても大切な自分に対する問いかけのような気がしました。

続いて、子ども支援のお話。
SVAが取り組んでいる「子どものこころのケア」プログラム『Book for the Future 子どもたちが描く気仙沼の声』について、ご紹介します。

SVA報告会「被災した子どもたちと支援者側のこころのケア」その2

★SVA気仙沼事務所のブログはこちら
http://sva.or.jp/kesennuma/blog/
(はらだまりこ)

この記事へのリンク

2012年02月09日

楽しくボランティアしたい!社会貢献イベント「ハビ☆コレ」

地球日記おすすめ info


初めまして。
ThinktheEarthのインターン生として活動しております、加藤彩菜と申します。
私は現在大学を休学中で、数カ月間海外ボランティアに行く予定です。その様子などもまたぜひブログでお伝えしたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします(^^)


さて、私がいまご紹介したいのは「ハビ☆コレ」という学生による社会貢献イベントです。
habi.jpg

ボランティアや社会貢献なんて自分にはできないなんて思っていませんか?
私たちができること、本当はたくさんあるのです。

このイベントは、日本全国にある社会貢献や国際協力をする学生団体が集結します!
それぞれの団体の活動を聞いたり、参加したりできる絶好のチャンスです。

私が所属している「かものはしプロジェクト」という団体もこのイベントに出展しますので、ぜひ皆さんに来ていただきたいです。


ゆるかも写真1.jpg
かものはしプロジェクトについてはこちら


このイベントをきっかけに、地球のこと、世界のことを考えてくれる人が増えてくれたらいいなと思います。

まず私たち一人一人が、意識をもって考えることが大切です。
皆さんも、この機会に社会貢献や国際協力のきっかけを見つけに来ませんか?



「ハビ☆コレ」概要
-------------------------------------------------------------------------------------

日程:2月26日11:00~16:30
場所:THE GRAND HALL
料金:無料

ゲスト
ワールドカフェ&バー「INSTEP LIGHT」店主    小川光一様
ミスキャンによる社会貢献団体Sweet Smile 西川礼華様・相澤遥佳様
24時間テレビ「ダンス甲子園」優勝ダンスグループ  OUTL1VE様
2009年SONY MUSIC賞を受賞、大学生シンガーソングライター  キタオユカ様
少女時代完コピ学生グループ    稲穂時代様


お問い合わせ
主催団体:NGO団体Habitat for Humanity Japan学生支部
HP:http://habicolle.com/
Twitter:@kanto_jcc
Facebook:http://www.facebook.com/habicolle2012
-------------------------------------------------------------------------------------

(インターン 加藤彩菜)

この記事へのリンク

2012年01月18日

ギャラリーMITATEに行ってきました

おすすめ info

先週末にギャラリーMITATEで華雪さんの「花と華」をテーマにした
「ことはじめ展」が開催されると聞いていたので、初日に行ってきました!


六本木ヒルズを過ぎてギャラリーMITATEに向う途中。
年もあけたのに、まだクリスマスなんじゃないかと見間違う町並み。

写真[12].jpg

最近来ることが増えた六本木。
大人なイメージのこの街で、今楽しみ方を研究中です。

すっと小道にそれて住宅街へ入り込むその手前に、ギャラリーMITATEがあります。
初めは場所がわかりにくいかもしれません。(私も迷いました)

そんなちょっと秘密のギャラリーにたどり着くと、そこに見えるは二つの部屋。

坂村さんの華の展示スペースはお花の鮮度を保つため、暖房を切っていることも
あり、空気がひんやり気持ちがいい。
水が滴る演出で、華の美しさはより際立っていました。
写真[4].jpg

一方華雪さんの書の展示スペースは、船舶用の電球の明かりが暖かな印象。
(こちらは暖房ありでした。笑)

写真[8].jpg

二十四節季七十二候の書き下ろしが一面に広がっています。
カレンダーで一枚一枚めくるのとはまた違った印象です。
真ん中には、今回のテーマでもある「花」の文字が。早く春が来ないかなー。

写真[11].jpg

今日は書初めのパフォーマンスもあり、外にも展示が飾られていました。
写真[2].jpg

気付けばなんだかんだで1時間もギャラリーに滞在してしまいました。
1月26日 (木)まで開催しているので、ふらりと訪れてみてはいかがでしょう?
オススメです。

ギャラリーMITATE/ギャラリー ル・ベイン

(笹尾 実和子)

この記事へのリンク

2012年01月13日

蕪栗沼ふゆみずたんぼプロジェクト

おすすめ info


2012年が明けました。
今年もよろしくお願いします。

今年最初のスタッフブログは東北の話から。

ちょうど1年前、地球リポートの取材で初めて蕪栗沼(かぶくりぬま)を訪ね、10万羽のマガンの寝ぐら入りの光景や、「ふゆみずたんぼ」という農法に秘められた可能性に感動して以来、この一年は何度も通うことになりました。
その縁もあって、昨年の秋から、宮城県大崎市で始まった「蕪栗沼ふゆみずたんぼプロジェクト」に参加することになりました。僕は映像とウェブサイトの担当です。

蕪栗沼の自然と「ふゆみずたんぼ」については、以前地球リポートでご紹介した通りですが、今度は、その魅力を映像で伝えようと昨秋から撮影を続けています。

kabukuri2.jpg
田んぼのなかでの撮影


kabukuri1.jpg
タイムラプス撮影のために組んだやぐら。とにかく空が広い!


kabukuri3.jpg
ふゆみずたんぼで羽を休めるハクチョウたち

映像は仙台の映像ディレクター、高平大輔さんを中心とするチームと一緒に作っています。高平さんたちは、震災後から「Tomorrow at Daybreak」という、復興を願って被災地の夜明けを撮影するプロジェクトを続けています。

東北出身のスタッフばかりですが、仙台から車で1時間ほどのところにある蕪栗沼のことを知っていた人はほとんどいませんでした。東北に、こんなにも素晴らしい自然と、その自然と見事に共生している暮らしがあることを、広く世界に伝えたい。しかも、それは決して消えゆこうとしている暮らしではなく、日本が世界に提案できる一番新しい暮らしのあり方なんじゃないか。そんな想いで作っています。

映像の完成は2月下旬になる予定。下記のホームページで見られるようになりますので、ぜひチェックしてみてください。

蕪栗沼ふゆみずたんぼプロジェクト

(上田壮一)

この記事へのリンク

< 前のページへ 1234567891011