2011年03月09日

キラウエア火山が・・・

地球日記ニューススクラップ

こんにちは、曽我です。
昨年11月にハワイ島に行ったとスタッフブログにてご報告しましたが、そのとき行ったキラウエア火山が今たいへんなことになっているみたいです・・・!
→「2010年11月11日 火山の女神ペレ

0309-1.jpg2011.03.08 ナショナルジオグラフィック ニュース


0309-2.jpg2011.03.08 FNNフジニュースネットワーク


ニュースでみたときにビックリしました。詳しい場所は確認していませんが、私たちがお弁当を食べた溶岩の上もマグマ一色になっているような気が・・・。自分が訪れた場所だと思うと、自然の驚異を目の当たりに感じます。

人や家屋などに被害は出ていないようですが、あんなに激しい噴火を目にすると不安になってしまいますよね。現在は、周辺の国立公園やキャンプ場の一部を閉鎖し、観光客にも注意を呼びかけているようです。

火山の女神ペレの怒りにふれてしまったのでしょうか。早く噴火がおさまることを、遠く日本から祈っております。

(曽我直子)

この記事へのリンク

2009年10月08日

ジュゴンの見える丘

ニューススクラップ

先日、朝日新聞の朝刊の別刷り「be」に【「沖縄の海を守りたい」 Cocco「ジュゴンの見える丘」】という記事が掲載されていました。

web-blog.jpg

Photo by Flickr ippei + janine
Creative Commons Some Rights Reserved.

記事には米軍基地移設問題に揺れる、沖縄県大浦湾の西岸・辺野古周辺に、2頭のジュゴンが現れたことをテーマに書かれていました。ジュゴンは2005年に「沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物に-動物編-」に絶滅危惧IA類で掲載され、ここ数年基地移設の調査のために調査船が頻繁に出入りをしていたために、ほとんど姿を見せていなかったようです。

しかし、2007年6月に大浦湾の入り口で泳ぐ2頭のジュゴンを、琉球朝日放送(QAB)のカメラが捕らえたそうです。その姿を見てCoccoさんは「ジュゴンの見える丘」という曲を描き、その年の七夕、温暖化防止を訴えるイベントに出演し、この歌を歌いました。

それまで、基地への言及を避けていたそうですが、ジュゴンが現れたことで「基地のない沖縄を見てみたい」と願う大きな要因となっていったそうです。

米軍基地がある沖縄に住む人々。基地で働く日本の人々。そして、在日米軍の米国人と日本人女性との間に生まれた子どもたち。沖縄が抱えている問題を知ると、単純に反対とは言えない問題だと思いました。しかし、現れたジュゴンたちは、私たちに言葉には出来ない訴えをしているように感じます。

最近私は、知らない事が一番怖いと感じています。
私に出来る事は何かと考えながら、今の日本や世界で起こっていることを知っていこうと思いました。

(曽我 直子)

この記事へのリンク

2009年04月10日

エコブロック

ニューススクラップ

日経産業新聞にダイヤブロックから古紙を使ったブロックが発売というニュースを発見。
http://www.nikkei.co.jp/newpro/news/20090409e001y97509.html

幼い頃、レゴブロックにハマった自分としては、ブロックもエコ!?ということでアンテナにひっかかりました。

同じくダイヤブロックから出ているナノブロックはまだ手を出してないけど、かなり気になっています。

レゴも世界一の高さとなる29.7メートルのタワー作りましたね。てっぺんに地球があったそうです。

http://sankei.jp.msn.com/life/trend/090403/trd0904031907010-n1.htm

(上田壮一)

この記事へのリンク

2008年10月09日

Think the Earth 掲載情報

ニューススクラップ

こんにちは。
最近Think the Earthプロジェクトのイベントやグッズを取り上げてくれたページをピックアップします。

まずはgreenz.jpから。
■「Water Planet 2008」イベントレポート!
http://greenz.jp/2008/09/26/waterplanet2008_event/

先日無事終了したソーシャルイベント「Water Planet 2008」のレポートをgreenzのYOSHくんが書いてくれました!
内容は「川ガキのいるところ」スライドトークイベント、朝日新聞主催の「Sustainable Japan2008」について。
詳細なレポート、感謝感謝です。


次にグリムス(gremz)から。
■グリムス1周年記念企画 豪華エコグッズプレゼント!
http://www.gremz.com/1stanniv.php

グリムスは、自分のブログで苗木を育てるブログパーツを提供しています。ブログを更新するたびに苗木が成長していって、大人の木まで育てると、実際の森に苗木を1本植樹する、というもの。
今回はめでたく1周年記念ということで、プレゼントキャンペーンを実施中です。そして、プレゼントの一つに『百年の愚行』が!プレゼントの選定をした相川さんの想いがスタッフブログに載っていました。じんわりと暖かいメッセージをありがとうございます。


最後にコクヨの「コクヨ環境未来」というページから。
■"読書の秋"、エコについて深く理解するにはこの1冊!
http://www.kokuyo.co.jp/eco_ud/ecology/2008/10/ecobiz_029.php

こちらでは『世界を変えるお金の使い方』と『百年の愚行』の両方を取り上げて頂きました。コクヨは、環境に配慮が足りないと判断した製品につけられる「エコバツマーク」など環境へのユニークな取り組みが興味をそそります。

(横山ゆりか)

この記事へのリンク

2008年09月11日

今週のニュース

ニューススクラップ

ご無沙汰してます。
今週のニュースピックアップです。

Water Planet 2008 も一ヶ月が過ぎましたが、皆さん「チェンジ・ウォーター!」していますか?
Think the Earthプロジェクトだけではなく、水に関するイベントがあったりと、興味があるプロジェクトがありました。
詳しくは下記をご覧下さい。


●自然関連●2008.09.11
樹木減って一夫多妻に? 沖縄のダイトウコノハズク
 一夫一妻のはずなのに一夫多妻になった鳥が、沖縄県の南大東島にいる。島固有のフクロウの仲間・ダイトウコノハズク。メス同士のいさかいはないが、森林の減少など環境の変化が影響した可能性もあるという。大阪市立大の研究グループが12日に立教大(東京)で始まる日本鳥学会で発表する。
http://www.asahi.com/eco/SEB200809100019.html

●自然関連●2008.09.10
サンゴ7割消えた 沖縄の石西礁湖、環境研と本社が調査
 日本最大のサンゴ礁域、沖縄県・石西礁湖(せきせいしょうこ)に広がるサンゴが、この5年間で約7割失われていたことが、国立環境研究所と朝日新聞社の共同調査で分かった。白化現象が最大の原因とみられる。地球温暖化で白化が頻発するとさらに損傷を受ける恐れが高い。
http://www.asahi.com/eco/TKY200809090342.html

●国内関連●2008.09.01
夏空彩る「エコ花火」好評 燃えかす自然分解 滋賀
 滋賀県長浜市の花火師が開発した「エコ花火」が評判だ。微生物によって分解される特別なプラスチックを用い、夜空で色鮮やかに燃えた後にかすが残らない火薬も独自の工夫で作った。「同じようにきれいなら環境に優しい方がいい」と県内外で利用が広がっている。
http://www.asahi.com/eco/OSK200808300005.html

●プロジェクト関連●
水と森の体験学習 J-POWER エコ×エネ体験プロジェクト
http://eco.goo.ne.jp/education/j-power/

●地域体験関連(水)●
第四回日本再発見塾in山形県最上町
第四回日本再発見塾、今回の舞台は山形県最上町で、10月4日(土)、5日(日)に開催いたします。最上川の始まるこの場所で「水」をテーマにした塾を企画しています。

私たちの身体とも生活とも切り離せない身近な水。水はどこから湧き、どこを流れ、どのように使われているのか。私たちと水の関わりはどのように変わってきたのか。身近だけれど、知らないこともたくさんあります。
お年寄りから話を聞いたり、おいしい郷土料理を食したり、温泉につかったりしながら、今一度「水」を見つめなおしてみませんか。
http://eco.goo.ne.jp/local/chiikihakken/mogami/

●世界関連●2008.09.11
温暖化で熱波頻発の恐れ 今世紀末に50度超えも
 地球温暖化が進むと、現在は100年に1回程度の頻度で起こる激しい熱波が、2050年ごろからは数年―十数年に1回程度の頻度で発生する可能性があるとの研究結果を、王立オランダ気象研究所などのグループが11日までにまとめた。
http://eco.nikkei.co.jp/news/today/article.aspx?id=NN000Y070%2011092008

●宇宙関連●2008.09.03
太陽表面、波高し 大爆発の連続衝撃波見えた
 太陽表面で起こる大爆発「フレア」に伴って衝撃波が連続で起こり、プラズマガス塊が放出される現象を、宇宙航空研究開発機構の成影(なるかげ)典之研究員と京都大付属天文台長の柴田一成教授(太陽物理学)らのグループがとらえた。米天文専門誌に1日、発表した。連続発生を記録したのは世界初。フレアが起こるメカニズムを解明するカギとなりそうだ。
http://www.asahi.com/special/space/OSK200809020002.html

●宇宙関連●2008.09.05
火星「土はカラカラ」 大気には湿気...研究者困惑
 【ワシントン=勝田敏彦】米航空宇宙局(NASA)とアリゾナ大は4日、火星探査機フェニックスの最新調査結果を発表した。土の湿り気を測定したところ、「カラカラ」だった。期待外れの内容に研究者は困惑している。
http://www.asahi.com/special/space/TKY200809050154.html


(曽我 直子)

この記事へのリンク

12