2015年03月20日

ファッションができるまで 〜 繊維学部から学ぶ1日

地球日記

通過する軽井沢の駅では雪が降っていた。観光客だろうか。大きなキャリーケースが、雪道をぞろぞろと続いていく。

上田駅も雪かも...という心配を他所に、トンネルをいくつかくぐると、晴れ間が広がり積雪もない。地形による恩恵をこの上田市では活用しているのだろうと駅について思った。

11_shinsyu.jpg

向かう先は信州大学繊維学部。
国立大学の中で唯一の繊維学部であり、産官学連携として国内の企業とともに繊維の研究をしている。最先端のファイバー繊維だけでなく、自ら農場を持ち、綿や蚕、羊を育て、あらゆる繊維を自分たちの手でつくり学んでいる。農学だけでなく工学も学べる貴重な大学機関であるのも興味深かった。
00_shinsyu.jpg

今回は、クライアントの研修として同行させて頂いた。繊維の素材や成り立ちを知る機会が少ないため、非常に僕らとしても勉強になる一日だった。環境という視点で、ファッションにできることを考える時間だ。

まずは、蚕と綿について。普段皆さんが着ている洋服はどんな素材か知っているだろうか。また、それはどうやって生産されているか知っているだろうか。
糸ができるまでの養蚕のプロセスや、綿がどうやって繊維となるかを、講義と実習で知ることとなった。


◯養蚕が白(左)。天然が緑(右)。
01_shinsyu.jpg
価格でいうと2円と70円の違い。しかし、キレイな繊維になることを考えるとゴミが少ない養蚕の白い蚕のほうが、生産性が高く人気という事実もわかった。


◯綿繰り機
02_shinsyu.jpg
木製のハンドルをグルグルと回すと綿がローラーの間に入り、綿毛は奥に、種は手前に分かれる仕組み。ハンドルは予想以上に重たく力がはいった。ギコギコと音もかなり鳴る。一人用の機械だが、今回は二人一組で作業を行った。

午後は、近代化の技術を知る時間。午前中に、糸ができるまでにあらゆる生き物が関わっていることや手作業で行うことを体験したこともあり、その効率性の進化や機械の発展のありがたさを感じた。


◯ガラ紡機
03_shinsyu.jpg
ガラガラと大きな音がなるからガラ紡機。下から繊維を引き上げると勝手に繊維が絡まり糸としてよりあがっていく。今回は、絹の糸。触らせてもらうと、ふんわりとして触っているのもわからないほどのきめ細やかさだった。


◯100年前の機械。
04_shinsyu.jpg
日本でも数少ない機械達。いまでは見学者や学生のための実習用となっているが、機械が稼働した時の迫力には現役のマシンにも劣らない。また、機械の一つ一つの部品の動きは先人の知恵や技術が詰まったのかと思うと胸が熱くなる。日本の繊維業界を作ってきた要素だからだ。


◯最先端の研究と技術を知る。
05_shinsyu.jpg
Fii棟(ファイバーイノベーション・インキュベーション施設)と呼ばれる企業が入居する施設がある。ここは、実用レベルの試作品や分析・評価までを大学の設備を活かして企業とともに開発をしている場所。

07_shinsyu.jpg
見せていただいたのは、トヨタの織機(しょっき)。車のトヨタがなぜ?と思うだろうが、シートベルトやシートの研究をしているからだ。その作業スピードはとてもはやく参加者とともに驚くばかり。

06_shinsyu.jpg
もうひとつは、3Dプリンタのように、接合部なく衣類ができあがる島精機製作所の吊り編み機。パソコンでプログラムを設定し、レイヤーごとに指示を与えることでその通りのものができあがる。これにも一同釘付けだった。

◯最後に、総合研究所を見学
08_shinsyu.jpg
繊維学部が6年以上パートナーとして研究開発しているスーツメーカーのアオキの展示。汗をかきにくい、形状を保つなど、様々な研究の歴史を見ることができた。

また、2Fの疾走するファイバー展には、実際に触って学べる繊維がたくさんあり、楽しみながら知識を得られる。見た目が同じようでも性質が異なったりと、五感と繊維を研究する感性工学を体験できるのは面白かった。
09_shinsyu.jpg
10_shinsyu.jpg


毎日着る洋服。何を基準にあなたは洋服を選ぶだろうか。色・形・デザイン・サイズ・機能性と色々とあるが、これからのファッションには"サステナブル"という視点が必要となっている。「オシャレ」なものに人は飛びつくが、「オシャレ+どのように作られているか」がこれからのトレンドになりそうな気がした。


(推進スタッフ 鈴木高祥)

この記事へのリンク

2015年02月05日

クリエイティブなシェアオフィスco-lab代官山に引っ越しました!

地球日記

IMG_0311.JPG

この度、一般社団法人Think the Earthの事務所を移転しました。...といっても、旧オフィスから徒歩2分の距離になのですが。笑

引越し先は今年1月に新しくできたco-lab代官山。co-lab(コーラボと読みます)は2003年にスタートした、クリエイターのためのシェアード・コラボレーション・スタジオで、現在は渋谷アトリエ、千駄ヶ谷、西麻布、二子玉川、墨田亀沢、そして代官山と合計6ヵ所に拠点があります。利用する人が個別にスタジオ(会社、個人事務所、アトリエetc)を構え、コラボレーションしながら集合体で働くことをコンセプトにしています。2年前のThink the Eathのセミナー&サロンでも、co-lab企画運営代表の田中陽明さんをゲストにお迎えしました。


引越し先に合う室内デザインを考えるなかで「新しいデスクを自分たちでつくろう!」とDIYにチャレンジすることになりました。今回のブログで、そのときの様子を簡単にご紹介します。

old_desk.jpg

引越し当日。荷物を運んだあとのすっきり片付いた旧オフィス。これまでお世話になったデスクの鉄脚部分は、すべて外して再利用します。

old_desk2.jpg

脚を外したあとの木材部分、実は解体できるみたい!(この日まで知らなかった・・・)回収してもらいやすいようにコンパクトにまとめました。

old_desk3.jpg

その後、新しいデスクの組み立て作業を開始!

天板部分はWOODPROさんの国産杉の足場板を使います。まずは、裏面に鉄脚を取り付ける部分をマーク。

IMG_0351.JPG

続いて、ドライバーでネジ留め用の穴を開けます。

IMG_0390.JPG

そして最後に、上からしっかりネジで固定します。

IMG_0401.JPG

IMG_0368.JPG

作業の途中、「ネジが奥まではまらない!」「こんな風にするとできますよ」なんて声がちらほら。慣れない作業に最初はとまどいながらも、数をこなすとだんだんとコツがわかってきます。教えながら、教わりながら、みんなで協力しあってなんとか完成!

IMG_0425.JPG

立派なデスクに仕上がりました(^^)

今回使用したWOODPROさんの天板は、実際に工事現場で使われていた足場板や敷板を再生したもの。ところどころに見られるキズやサビ跡も、使い古しならではの味わいが出ていて愛おしくなります。

IMG_0315.JPG

IMG_0457.JPG

自分でつくったデスクに大満足♪な笹尾さん
(ちなみに隣の本棚もWOODPROさんでオーダーメイドしたものです)

それでは、新しくなったオフィスをご紹介します!
こちらはミーティング&ワークショップスペース。

IMG_0634.JPG

IMG_0636mini.JPG

Think the Earthの過去のプロダクツやいま取り組んでいるプロジェクトの資料を並べています。ご自由にお手にとってご覧ください(^^)

また引越し先が6階なので、ベランダからは代官山の景色が一望できます。天気や季節の移り変わりも、ここで実感できそうです。

IMG_0441.JPG

その他、co-lab代官山のイベントスペースや外観はこんな感じになっています。実は私たちが一番乗りで入居させていただいてるので、ご近所さんとの交流はこれからの予定。クリエイターや企業の方の利用がはじまったら、いろんなコラボレーションが生まれそうでいまから楽しみです(^^)

co-lab_01.jpg

お近くにお立ち寄りの際は、ぜひ遊びにきてくださいね。
これからもよろしくお願いいたします!

(関根茉帆)

この記事へのリンク

2014年12月10日

AQUA SOCIAL FES!!2014@北上川でヨシ刈り体験

地球日記AQUA

こんにちは、曽我です。
先日の日曜日、「AQUA SOCIAL FES!! 2014〜みんなの北上川流域再生プロジェクト〜第6回 津波で被害を受けた河口の再生を目指して、ヨシ刈りをしよう!」に参加してきました。

今回のプログラムの内容は、午前中に震災の津波後に育ったヨシの刈り取りを体験。午後は葦ペン作り。最後に2012年からスタートしたAQUA SOCIAL FES!!の北上川流域再生プロジェクトの3年間の振り返り、ヨシの利用方法などについてのお話を伺い、チームの中で「みんなとだからできること」をテーマにアイデア出しや感想などをシェアしました。

集合は仙台駅。2時間弱かけて北上川河口(石巻)に向かいました。

AQUAkitakami_01.jpg河口に到着!空気はひんやりしていましたが、絶好のヨシ刈り日和です。

AQUAkitakami_02.jpg当日は現地集合の方もいて、すでにたくさんの人が集まっていました!

ヨシの刈り方はりあすの森で、一番の刈りのベテランとおっしゃっていた方に教えてもらいました。

AQUAkitakami_04.jpg鎌を使うのは初めてなので、軽々とヨシを刈る様子を拝見しながら失敗しないかな、とドキドキしていました。

それではチームに分かれてヨシ刈り開始です!教えてもらった通り、左足は一歩引き(鎌に勢いがついてしまったときに怪我をしないため)、鎌を斜めに上げるようにしてヨシの根本の方を刈ります。

AQUAkitakami_59.jpg

実際やってみてビックリ!拝見したときは軽々と刈っていたのになかなか切れません。開始前にすこし説明を伺ったのですが、今回刈るヨシは茅葺き屋根に使われる素材になるそう。なるほど、屋根に使われるだけあって固いのなんの。とっても丈夫なヨシは簡単には刈れませんでした。

AQUAkitakami_06.jpg同じチームのご家族。小さいお子さんは危ないので鎌は持たず、お父さんの刈ったヨシを一生懸命運んでいました。

一生懸命作業をしていたらあっという間に時間がたち、束ねたヨシを運び出します。
みんながヨシを運んでいる中、違う場所に集めいてる人たちがいました。いったい何が始まるんだろう...?

AQUAkitakami_10.jpgAQUAkitakami_11.jpgAQUAkitakami_12.jpg

なんと!ヨシのピラミッドが完成しました!すごい!!

AQUAkitakami_13.jpg

みんなでヨシのピラミッドの前で記念撮影をしました。
AQUA SOCIAL FES!!のFacebook公式ページに集合写真がアップされています^^


午後からの作業は場所を移動して石巻市河北総合センターで葦ペン作りです。

AQUAkitakami_14.jpgAQUAkitakami_15.jpg

今回葦ペン作りに使ったヨシは今日刈ったものではなく、乾燥させているものでした。私たちが刈ったヨシもすごく頑丈でしたが、乾燥させたものはさらに丈夫に!硬くて硬くて...。なかなかうまくカットできませんでした...。

それでもなんとか完成!ペン先がしっかりしているのでとっても書きやすく、ここでもヨシの頑丈さを再認識しました。

AQUAkitakami_16.jpg

最後はAQUA SOCIAL FES!! 3年間の振り返り、ヨシの利用方法などのお話を伺い、チームのみなさんで「みんなとだからできること」を話し合いました。

印象に残ったお話をひとつ。ヨシ原は人の手が入って維持される生態系だそうです。12月〜3月に今日のようにヨシの刈り取りを行い、4月に火入れをします。ヨシ原を焼くことで芽吹きが良くなるそうです。

また、日本各地の河口にヨシ原がある場所はいくつかあるそうですが、北上川河口にあるヨシ原は、塩が混じるヨシなので、とても強いヨシが生えることで有名だそう。なるほど、そんな簡単に刈れないわけだ、と改めて作業が大変だったことを納得しました。

北上川河口のヨシ原は東日本大震災による津波の影響で被災し、地盤沈下により、多くのヨシ原が失われたそうです。まだまだ再生活動には時間がかかるそうなので、今回だけの参加に留まらず、毎年参加できたらいいなと思いました。

翌日はせっかく仙台まで来たので、Think the Earth paperを設置してくださっている「せんだいメディアテーク」に行ってきました!

AQUAkitakami_21.jpg
あいにく図書館はお休みだったのですが、一階のショップでも書籍をたくさん販売していて、そこだけでも十分に楽しめる空間でした。ほかにも、現在進行中の気になるプロジェクトがたくさんあり、改めてまた来たいなと思いました。

ヤングファーマー農宴」「バリアフリー上映」「てつがくカフェ」など、せんだいメディアテークのプロジェクトは下記URLよりご覧いただけます。
http://www.smt.jp/projects/

最後になりますが、「AQUA SOCIAL FES!!2014 第6回 津波で被害を受けた河口の再生を目指して、ヨシ刈りをしよう!」のレポートは公式サイトでもアップされますので、そちらもお楽しみに!

AQUAkitakami_18.jpg

(曽我直子)

この記事へのリンク

2014年09月22日

岡山・島根の旅

地球日記

こんにちは、関根です。
先週遅めの夏休みをいただき、岡山〜島根旅行に行ってきました。
旅の思い出を振り返りながら写真と一緒にメモします( ´▽` )/


◯倉敷市の美観地区
宿があったこともあり、時間があればぷらぷら散歩していました。白壁土蔵造りの町並みのなかに、ギャラリーや喫茶店など個性的なお店が連なっていて、どこを歩いても楽しい場所でした。

oka1.jpg

oka7.jpg


◯出雲大社
2日目は倉敷から特急やくもで約3時間、出雲大社に向かいました。
神門通りで出雲そばを堪能したあと、四基の鳥居をくぐってから本殿へ。御祭神は因幡の白兎の神話にも登場する大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)とうことで、あちこちでかわいいウサギの像に出会いました。

shimane5.jpg

本殿隣の神楽殿にある日本最大級のしめ縄が圧巻!
shimane1.jpg


◯足立美術館
つづいて、横山大観の作品と日本庭園で有名な足立美術館へ。なんでも、アメリカの日本庭園専門誌「Journal of Japanese Gardening(ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング)」の日本庭園ランキングで「11年連続日本一」に選出されているそうです。たしかに美しかったです(๑❛ᴗ❛๑)

shimane2.jpg

shimane3.jpg


◯アイビースクエア
3日目、倉敷に戻ったあとはアイビースクエアへ。いまはホテルを中心とした複合観光施設ですが、もともとは倉敷紡績創業の旧工場。館内施設の「倉紡記念館」では日本の紡績の歴史にふれました。

oka5.jpg

名前のとおり赤レンガの外壁をアイビー(蔦)がおおっていました。
oka6.jpg


◯後楽園
最終日は岡山市にある後楽園へ。日本三名園の一つで、およそ300年前に岡山藩2代藩主池田綱政(いけだつなまさ)が藩主のやすらぎの場として作らせた大名庭園です。なんと総面積は東京ドームの約3倍!完成には14年の歳月がかかったそうな(*´Д`*)

shimane4.jpg


...そんなこんなで、あっと言う間の3泊4日でしたが大変満喫できました。
今度はまだ行ったことない四国をめぐりたいな〜と、さっそく次の旅行に向けてスケジュール帳とにらめっこしています。


[text&photo:関根茉帆]

この記事へのリンク

2014年09月03日

&EARTH DAY2014 間伐材を使った木琴づくりワークショップ開催!

地球日記

こんにちは、Think the Earthインターンの高木彩香です。8月15日〜17日の3日間、東京ミッドタウンで&EARTH DAY 2014 間伐材を使った木琴づくりワークショップ「&EARTH melody」のイベントが開催され、私たちThink the Earthも、このすてきなイベントのお手伝いをしてきました。

今年で3回目を迎える&EARTH melody。
日本の森や間伐のことを学びながら、子どもたちが間伐材のトドマツとカラマツを使って木琴を作り、最後には演奏するというとても充実した内容のイベントです。
ミッドタウンの開館時間は11時ですが、オープン前からたくさんの子どもたち、保護者のみなさんに並んでいただき大盛況でした。なんと「9時から並びました」というご家族も・・・!
各回30人限定のため、参加できなかった子どももいて、とても残念でしたが、自由開放の時間には木琴やカホンで演奏したり、ステージ中央にデデン!とそびえ立つ大木琴に木のボールを転がして遊んだりと、木琴作りには参加できなくても、とても楽しんでいた様子でした^^

melody_01.jpg

それでは、&EARTH melodyレポート、スタート!

melody_02.JPG

みんなが座っているテーブルにはドライバーや釘や木琴をつくるための木の枠が置いてあります。いったい何が始まるのかな?参加した子どもたちは普段見慣れない道具を目の前にドキドキ&ワクワクしています。

melody_03.jpg

まずは&EARTH melody音楽隊の演奏からスタート。

melody_04.jpg

軽やかな木琴の音色が聴こえ、音楽隊の行進がはじまります。
音楽隊はこれからみんなが作る木琴を使って色んな演奏をしてくれます。速度が速くなったりゆっくりになったり、木琴を叩く音が大きくなったり小さくなったり・・・七変化する演奏に子どもも大人も夢中になっていました。

melody_05.jpg

演奏を聴いたあとは、日本の森について学びます。私たちが住んでいる日本にはどれくらいの森があるのでしょうか?そして、その中で人がつくった森はどれくらいあるのでしょう?みんなに聞いてみるとたくさんの子どもたちが日本にはたくさんが森があることを知っていました。(日本には森が約70%あり、その内40%が人がつくった森です)

melody_06.jpg

次は写真を見ながら元気な森について考えました。
みんなには間伐していない暗い森の写真と、間伐した元気で明るい森の写真を見てもらい印象を聞いてみました。するとみんな間伐した森には草が生えてることや、たくさんの光が入っていることに気づき、明るい元気な森の方が好きだと大きな声で発言していました。なんと間伐のことを知っている子どもも!事前に勉強してワークショップに参加している子どももいて感心しました。

melody_07.jpg

さて、いよいよ木琴作り開始です!木工家具職人の湊哲一さんに作り方を教わります。子どもたちの前にはこのようなセットが。ここに鍵盤とバチが配られました。

melody_08.jpg

トドマツとカラマツを使った木琴。土台がトドマツ、鍵盤がカラマツです。どんな匂いがするかな?と湊先生が質問すると、子どもたちはくんくん匂いをかいでいました。

実はこの木琴の木材は、三井不動産グループが育てている北海道の森からやってきた間伐材です。その森の木を間伐して、森がいつまでも元気に、森の木がいつまでも使い続けられるように大切に育てています。
※2012年のスタッフブログでも詳しく紹介しています。ぜひご覧ください!
前編~森の入口
中編~きこり登場
後編~間伐材のふるさと

melody_09.jpg

土台にフェルトのシールを貼ったら、鍵盤を長さ順に並べて、音を確かめます。必ずしも長いものが低い音、短いものが高い音になるというわけではなく、木の密度によって音の高さが変わります。保護者のみなさんからも「知りませんでした。おもしろいですね!」という声があがっていました。

melody_10.jpg

自分が並べた鍵盤がどんな音がするのか興味津々です。音合わせが終わると「ありがとう」のニコニコの笑顔に私たちも自然と笑顔に^^

melody_11.jpg

音合せの後は、いよいよ鍵盤を土台に固定していきます。これがけっこうな体力勝負。やわらかい木なのですが、ドライバーを初めて使うという子どもたちもたくさんいて、一生懸命鍵盤をとめていました。一人で最後までがんばる子や、お父さんやお母さんと一緒に作る子・・・みんな真剣な表情です。

melody_12.jpg

木琴が完成したら、ステージに集まって合奏練習の始まりです。先生は最初のオープニングで演奏してくれた音楽隊のシイナアキコさん。

melody_13.jpg

できたてほやほやの木琴を早く演奏したくてうずうずしています!
演奏するのは「山の音楽家」という曲。中央にある大木琴で4人の音楽隊がメロディーを演奏、子どもたちは伴奏を担当しました。

melody_14.jpg

何度かスピードを変えたりしながら合奏の練習をして、お父さんお母さんが見守る中・・・本番用意!

melody_15.jpg

子どもたちの演奏する木琴の音は予想以上に遠くまで届き、ミッドタウンに遊びに来ていた2階、3階のお客さまも演奏を聴いてくださいました。

保護者の皆さんはシェーカーを持って一緒に演奏に参加したり、シャッターチャンスを狙ってカメラを構えています。大合奏が終わるとミッドタウンにいたたくさんの方から拍手があがっていました!

子どもたちに「今日はどうでしたか?」と質問してみると「楽しかった〜!」「難しかったけど、上手に演奏できたよ」「超簡単だった!」「おもしろかった!」などなど・・・。子どもたちの笑顔にたくさん触れた3日間で、私たちスタッフもとっても楽しかったです^^

(インターン 高木彩香)

この記事へのリンク

< 前のページへ 1234567891011