2014年05月22日

「ありがとう」を伝えるクラシックコンサート

地球日記

こんにちは!
インターンの高木彩香です!

先日、18日(日)に大学の友達2人とカフェコンサートを開催いたしました。
前にもお話しましたが、私は音大の声楽科出身です。

カフェコンサートは自分の中でずっと温めてきたものです。

クラシック音楽って普段なかなか聴かないジャンルで、馴染みのない人たちにもクラシック音楽の魅力を知ってもらって、身近に感じてほしい!

私自身、昨年1年間でたくさんの人と出会えました。
その人達に「ありがとう」を伝えたい!

そんな思いで、企画しました。
そしてその出会いで得た勇気がこのコンサート実現に向けた大きな原動力になりました。

2人にこの話を持ちかけると、快く承諾!
声楽2人とピアノ1人の3人グループ、ユニット名は「sei alberi」です!

20140412_233911.jpg

sei alberi(セイ・アルベリ)とはイタリア語で「6本の木」という意味です。
全員苗字に「木」がついていて、合わせて6つ!
ということで、sei alberiという名前になりました^^

本番では、オペラやミュージカル、ボサノバなどなど・・・
かなりバラエティーに富んだラインナップで演奏しました!

私がソロで歌った曲で、特に思い入れがあるのが
「恋とはどんなものかしら」「天使のパン」「永遠の愛」
「恋とはどんなものかしら」はオペラ<フィガロの結婚>の中の曲で、今通っているオペラ歌手育成所で去年1年間勉強した曲です。
「天使のパン」は宗教曲で「天への感謝」の曲ですが、Think the Earthでインターンを始めてから、「パンへの感謝ってしたことあったかな?」と思うようになりました。
自分の糧、エネルギーになってくれる食べ物たちに感謝!大事なことだと思います。
「永遠の愛」は、一緒にやってくれたメンバーの一人に向けた歌です。
私の大親友の彼女は、新婚ホヤホヤです。
「愛」って生活になくてはならないものですよね!

Cafe-download-168920529144358.jpg

今回のこのコンサートで気づいたことは、自分で思っているよりも、私は小心者だ!ということです!
すっごく緊張しました。
歌い始めると楽しいのですが、それまではドキドキドキドキ・・・。
心臓が飛び出そうでした笑

みんなそれぞれ仕事が忙しい中、合間を縫って集まって打合せをしたり、練習をしたり・・・
うまくいかないことや、勉強不足だった点、反省することは山程ありましたが、
お客さんに聴いてもらって
「感動したよ〜」とか「楽しかった!」「音楽やりたくなった!」などなど・・・
嬉しい声がたくさん聞けて大満足です^^!!

そしてThink the Earthのみなさんにも来てもらいました!
私が本当に感謝を伝えたい人たちです!

私の大好きな人達に聴いてもらって、
人との繋がりっていいなあと改めて感じました。
私のことを大事に思ってくれて、こうやって聴いてくれて、支えてもらって・・・
心がすごく柔らかくなって、満たされたような気持ちになりました。

思い切って挑戦してみて、本当によかったと思います。
他のメンバーにも「楽しかったね」「またやりたいね」と言ってもらえました!

カフェコンサート定期的にやりたいなと思います!

それから、もう一つ、まだ温め中の「自然の中で地球を感じるコンサート」
これも絶対に絶対に実現させたい私の夢です!

みなさんもクラシックコンサート、ぜひ聴きにいってみてはいかがでしょうか?

(インターン 高木彩香)

この記事へのリンク

2014年04月24日

心が宿る場所に人が集まる。

地球日記

先日、前から気になっていた本屋さんが閉店してしまうと聞いて、急いで駆け込んできました。

BOOK246.jpg

BOOK246は「旅」をキーワードに様々な書籍を集めた小さな本屋さん。青山一丁目の駅から1本裏の道にありました。

私が行った日は写真家さんや著者さんのトークイベントが開催されていて、お店の中は超満員!トークイベントが終わるまで、お店の外で行われている贈本市を歩いてまわりました。

BOOK246の贈本市では、実際に本を作っている編集の方や営業さんがブースに立ってくれていて、並んでいる本たちの作られた背景だったり、作者さんの思いや、本をどんな風に読んだら楽しいか、などを教えてくれました。普通の本屋さんだったらスルーしてしまう内容も、ついつい説明を聞いてしまうから不思議です。

中でも、ここで出会って、ほしい!と思った本が世界の夢の図書館

世界の夢の図書館.jpg

これは、図書館好きとしては、たまらない!!行ってみたいと思える図書館がずらり。同じシリーズの世界の夢の本屋さんは、新しい本屋さんが次々と出来たりするので、シリーズ化して3まで発売しているけれど、世界の図書館はそもそもある数が限られていて、増刷も難しい書籍なのだとか。なので、「ほしいなら買っておいた方がいいよ〜。」の一言で購入意欲が倍増。今すぐ買おうかと思いましたが、けっこう大きい書籍だったので、ひとまずアマゾンのほしいものリストへ。(でも絶対買う。笑)

それからもう一冊は世界で一番美しい森への旅

世界で一番美しい森への旅 .jpg

こちらは美しい世界各国の森をみることができる写真集。もう、表紙からマイナスイオンが出ています。笑
この本は、グリーンパワーブックでお世話になったライターの江口絵里さんが文章を書いていて、前々から読みたいと思っていたのでした。そのことをブースに立つ出版社の方に伝えると、「この本、今JALの機内誌「SKYWARD」に紹介してもらっているんだよ。すごく評判がよくて。ぼくはライターの方は知らないけれど、ありがとうって伝えておいて」と、笑顔で話をしてくれました。


ここ数週間、facebookのタイムラインを見ると、あの人もこの人も「BOOK246に行きました!」とか「無くなるなんて、寂しい。涙」という投稿をみました。実際足を運んでも、本好き&旅好きのお客さんはもちろん、ライターさん、編集者、カメラマン、たくさんの人で賑わっていて、初めて来たにも関わらず、「あーここは本当に愛されている場所だったんだなぁ」と強く感じました。(もっと前から通っていればよかったな・・・)

BOOK246-1.jpg
(↑BOOK246へのthanksがいっぱい!)

最近すごく思うこと。
人が集まる場所には、必ず魅力的な人がいます。空間の作りや揃えている商品の魅力はもちろん大事だけれど、それだけじゃそのお店に通う理由にはならない。結局のところ、会いたい人、信頼できる人、がいることがとても大事なんじゃないかと。

BOOK246みたいな、小さくて、でも魅力的なコンセプトと愛がいっぱい詰まった、あたたかい本屋さん。いつかそんな場所を自分も作ってみたいなぁ。

気持ちのよい休日を久しぶりに過ごしたのでした。

(笹尾実和子)

この記事へのリンク

2014年04月10日

ウィメンズアイ活動展レポート

地球日記

震災から3年を迎えた先月、広大な南三陸の海が描かれたリーフレットに導かれて、ウィメンズアイさんの活動展「南三陸じかん」に行ってきました。

w01.jpg

ウィメンズアイ(以下、WE)さんは、東日本大震災の津波被災地を中心に活動している特定非営利活動法人。2013年に設立され、女性グループの組織づくりやコミュニティ支援、被災地からの情報発信などを行っています。
http://womenseye.net/

w02.jpg

w03.jpg

活動展が開催されたのは、東京都台東区の谷中にあるアトリエ「茶の間」。ウミネコやワカメをイメージした飾りが会場を彩り、見ているだけでもたのしい空間が広がっていました。

w04.jpg

笹かまぼこや牡蠣の燻製、天然ひじきなど、普段はなかなか入手できない現地直送のおいしいものが並べられていていました。たくさんのお客さんでにぎわうなか、私は名前が気になって「タコプリン」を購入。なんと南三陸のアワビやウニを食べて育った、セレブ〜(?)なタコが入った「キッシュ」でした^^

w05.jpg

その他にもWEさんが応援している団体の活動紹介パネルや、東北の手作り雑貨販売などがあり、南三陸の文化や地域の方の思いをすこし知ることができました。

また、同時イベントとして開催されていた防災ワークショップにも参加してきました!会場だった「谷中の家」がこれまた素敵なお家・・・

w06.jpg

ワークショップの内容は「ライフポーチづくり」。大災害などに備えて自宅などで準備する一週間分の備蓄...といったものではなく、通勤中にも持ち出せるような自分を守るアイテムについて考えようというもの。実際2年以上ライフポーチを持ち歩いているWE事務局長の栗林美知子さんがファシリテーターとなり、携帯するのに適した重さやグッズの選び方などいろいろとヒントをお話くださいました。

ポーチづくりの体験だったので実際につくったものを持ち帰ったわけではないのですが、「最低限これが必要になりそう」とか「重さを考えるとこれは不要かも」など自分なりの基準をもてた気がします。

w07.jpg

ワークショップ後は、新鮮ワカメしゃぶしゃぶで春のプチ宴会。ワカメ、お湯に入れるときれいな緑色に変わるんですね〜。たのしく学び、おいしくいただき、南三陸をまるっと堪能した1日でした。

[text&photo:関根 茉帆]

この記事へのリンク

2014年03月19日

岩手の和グルミ試食会に行ってきました!!

地球日記

2011年の3月から9月まで行っていたThink the Earth基金の寄付先でもある、SAVE IWATEの寺井さんからご案内をいただき、和グルミ尽くしの試食会に行ってきました。

場所は東京某所。参加したのは、SAVE IWATEの活動に関わってきた雑誌の編集者さんや料理教室の先生、リサイクルショップのオーナーに助成団体の担当者などさまざまで、Think the Earthもそれに混ぜていただきました。

クルミの帽子をかぶった寺井さんからの挨拶と、これまでの経緯説明の後、お待ちかねの試食会がスタート!!
IMG_3553.jpg

ドリンクからデザートまで、すべてのメニューに和グルミが入っていたのですが、洋グルミと違ってクセのない和グルミは、どれだけ食べてもまったく飽きることなく完食!
皆さんにもぜひ、この美味しさをおすそわけしたく、写真でお楽しみください(^^/)

クルミペーストを豆乳でといたクルミミルク。豆乳のクセをクルミがうまく緩和してくれて美味。
IMG_3554.jpg

(上から時計回りに)牡蠣の磯焼き和グルミダレ、豚の角煮和グルミソースがけ、糸こんにゃくの和グルミ和え
IMG_3556.jpg

あまちゃんで一躍有名になった、まめぶ汁。まめぶの素3点セットも販売中。
IMG_3560.jpg


感動的においしかった「オニグルミディップソース」
IMG_3559.jpg

===
加工食品としての利用以外にも、クルミの殻で作った小物やクルミの木の皮で編んだカゴなどを開発中。
IMG_3555.jpg

最近できあがったという石けんは、超貴重なクルミ油入り。
まだ限定生産だとのことですが、セレクトショップにも置けそうなデザインがステキです。
IMG_3564.jpg

震災の年の秋、三陸沿岸で仕事を失った人たちのために、集めてきた和グルミを買い取って、殻から取り出して、販売をする試みを始めたSAVE IWATEの寺井さん達。2011年、集まった23トンのクルミの買いとり額は600万円!Think the Earth基金からの寄付も役に立ちました。

2012年、2013年も3トン、2トンと買い取りを続けながら、集まったクルミをきちんとお金に変えていくために「和グルミからの価値創造協議会」を立ち上げて、盛岡市の浅沼醤油さんや沿岸の野田村のみなさんなどと一緒に商品開発、販路拡大を目指しています。

震災から3年経ち、個々の支援団体の情報がだんだん伝わらなくなってきていますが、SAVE IWATEさんの和グルミプロジェクトのように、ここ1年で形になってきたものもあるのですね。

こちら↓の写真は、2年前に加工の宛てもなくSAVE IWATEの事務所に山積みされていた和グルミなのですが。。。
RIMG1110.jpg

SAVE IWATEの皆さんをはじめ多くの人のあきらめない努力で、少しずつですが商品化が進んでいることを実感した一日でした。

「三陸の和グルミプロジェクト」のサイトも、ぜひご覧ください!!
IMG_3557.jpg

(はらだ)

この記事へのリンク

2014年02月13日

高崎の街から「あすもあなたの会いたい人になろう」

地球日記

こんにちは、関根です^^ わたしの生まれ故郷である群馬県高崎市に、最近おもしろいカフェが誕生しました!その名も「cafeあすなろ」。

DSC05227 のコピー 2.JPG
カフェの外観。期間限定のイルミネーションが飾られています。

実はここ、およそ30年前に惜しまれながら閉店してしまった高崎市の音楽喫茶「あすなろ」を地元大学生などの手で復活オープンさせたお店なのです。

日ごろ東京で仕事をしながらも、地元のために何かできないか...と思いめぐらせていたところ。今回は帰省に合わせて、カフェの運営に携わっている「あすなろ学生部会」代表・小池雅樹さんと副代表・林あかねさんに、お話を伺ってきました!

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

カフェあすなろ
小池さんと林さん。高崎経済大学地域政策学部の2年生です。

■あすなろは「特別な場所」
ー 昨年6月にオープンして、半年が経ちましたね。あらためて「cafeあすなろ」立ち上げまでの経緯を教えていただけますか。

小池さん:はい。昔この高崎の街で多くの人に親しまれていた喫茶店「あすなろ」は、詩人の崔華国(さい・かこく)氏が、映画「ここに泉あり(※)」に感銘を受けたことがきっかけで開業されました。

"芸術活動の拠点"として、谷川俊太郎や茨木のり子など多くの文化人が訪れたそうですが、1982年に閉店。その後、旧・あすなろに通っていた方から何度か復活を望む声が上がり、2012年に高崎市が正式に再オープンを発表。「実社会体験の場」として高崎経済大学が市の補助を受けながら、運営することとなりました。

ー 詩の朗読会や演奏会などもたびたび開かれたようですね。わたしの母が高校時代に通っていたようで「大人っぽい雰囲気で最初はドキドキした」なんて話も聞きました。

小池さん:自分も高崎出身なのですが、親や祖父母世代に聞くと「(旧・あすなろのことを)知っている」と答える人が多いです。高校生が喫茶店に行くことをあまり良く思っていなかった人も「あすなろはOKだった」なんて話もありました。閉店した後もあすなろに関わった人たちで交流が続いていたことを聞くと、『特別な場所』だったんだなぁと思います。

※映画「ここに泉あり」は、敗戦直後の高崎で"戦後のすさんだ心を音楽で癒そう"と誕生した市民オーケストラ(現・群馬交響楽団)がモデルとなった作品。1955年の公開以来、全国で300万人を超える大ヒットとなり「音楽のある街・高崎」としての認知を広げました。

あすなろ店内
店内は奥行きがあり広々としています。

■個性豊かな同級生との出会い
ー 大学からカフェ運営にあたる募集があったとき、どう思われましたか?また参加に至った理由を教えてください。

林さん:入学して間もないころ空き時間が多く、何かしたいと思っていました。そんなとき大学からの案内を見て「たくさんの人とつながりを持てそう!」と直感的に感じ、あすなろ学生部会の入会を決めました。

小池さん:元々NPO法人DNAという地域活性を目的とした団体に所属しており、街の人と直接交流できるカフェという場所でも、やりたいことを実現できるのではと思いました。
現在は30名前後のメンバーで運営していますが、この活動に参加したきっかけは人それぞれです。あすなろという場所で何かしら実現したいことがある学生が集まっています。

ー あすなろ学生部会のブログを読んでいても、みなさん個性豊かですよね。毎回楽しく拝見させていただいています。

小池さん:「高崎経済大学にこんな面白いやつがいたのか!」という発見はありましたね。(笑)

高崎 カフェあすなろ
地域の方からいただいたレコードで、店内には心地よい音楽が流れます。

■やりたいことと求められていることは違う
ー 学生メンバーのなかで、経営・企画・広報と担当を分けて会議を進めているということですが、実際大変なことも多いのではないでしょうか?

小池さん:「カフェを運営する」というワードに集まったものの、経営や広報については初心者ばかりなので最初は大変でした。(笑)始めのうちは院生や事務局の人が必ず会議に入り「本当にこれで実現できるのか」「なにが必要になるか」など、アドバイスをもらいながら進めていました。

今はわりと学生主体で動けるようになってきましたが、現場の声と大学としての希望と...それぞれの主張が違うときは、まとめるのが本当に難しいですね。やりたいことと求められていること、できることと求められていることは違うので、何を求められているのかを常に考えながらチームを動かしています。

ー 求められていることとして、例えばカフェを訪れた方からはどんな感想をいただいていますか?

小池さん:さまざまなご意見をいただいていますが、旧・あすなろに通われていた方の一人に「昔のあすなろはもうないから、新しく若い人たちの力で盛り上げてほしい」という言葉をかけていただきました。

ー 定期的に上映会やLIVEなどのイベントを開催されていますよね。

小池さん:ほとんどが持ち込みの企画です。ありがたいことにこの場所でLIVEをしたい、イベントを開催したいという声を多方面からいただいています。
企画内容によって参加されるお客様の年代は異なりますが、「若い人たちを街なかに呼び込もう」と立ち上げた新生あすなろなので、10〜20代の若い世代の方にも、気軽に利用してもらえるお店にすることが課題としてあります。

あすなろの本棚
寄付された本や昔のあすなろについて書かれた雑誌が置かれています。

■これからあすなろに関わる人に楽しんでもらいたい
ー 高崎という街について、あすなろの運営に関わる前後で気持ちの変化はありましたか?

林さん:わたしは長野県出身で大学進学と同時に高崎に来たのですが、最初は家と大学の往復のみで、街なかを歩く機会があまりありませんでした。でもこの活動に参加するようになってから、同じように個性のある喫茶店や、離れた場所にも素敵なお店があることに気づくようになりました。今ではこのあたりを散策するのがとても好きです。

ー すこし歩いただけで色んな発見がありますよね。駅構内で買い物を済ませてしまう人も多いですが、もっと周辺の街なかに足を運んでほしいなと思います。
最後にあすなろを通しての夢や目標などあれば聞かせてください。

林さん:わたしはあすなろをあたたかいお店にしたいと思っています。例えば就職活動や仕事で疲れたときも、ここに帰るとほっとできるような...。スタッフもお店の雰囲気も、そういった温かみのあるものにしていきたいです。

小池さん:一人一人があすなろでやっていきたいことを実現できたらいいなと思います。街なかがつまらない場所と思われないよう、地域活性を担えるよう下から支えていきたい。「あすなろっておもしろいよね!」とたくさんの方に楽しんでいただけるようなお店にしていきたいです。

小池さんと林さん
笑顔が素敵なお二人。ありがとうございました♪

★  Cafeあすなろの店舗情報  ★
[所在地] 〒370-0827 群馬県高崎市鞘町73
[TEL] 027-384-2386 [営業時間] 11:00〜21:00/月曜定休
[HP] http://cafe-asunaro.com/index.html
[アクセス] JR高崎駅西口から徒歩10分


大きな地図で見る


群馬県高崎市カフェあすなろ

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

取材後記

植物の"アスナロ"は漢字で「翌檜」と書き、檜(ひのき)によく似ていることから「明日は檜になろう」の意でその名前がついたとも言われています。
同じくcafeあすなろにも、実は素敵なキャッチコピーがあるのです。

『あすもあなたの会いたい人になろう』

立ち上げ当初コミュニティカフェであるという意識を常に持つよう、学生メンバーのみなさんで考えた言葉だそうです。高崎に住む人、高崎を訪れる人がこの場所で出会い、つながり、「また再会したい」「いつかここに帰りたい」と思ってくれたら...わたしもとても嬉しいです。


[ text&photo: 関根茉帆 ]

この記事へのリンク

< 前のページへ 1234567891011