Project 023

時間をかけてつながり、支え合う。復興活動は始まったばかりです。

復興に向けて東北で活動を続ける団体のブログやニュースをRSSで収集し、リアルタイムで更新しています。

猫なづな、幸は立派に生きて逝きました、ありがとうございました。

山猫庵の日々是好日(一般社団法人東京動物環境支援協会)

2018-01-20

ご報告が遅れまして申し訳ありません。昨年秋頃から調子を落としていた猫のなづなは12日に、猫の幸は15日に逝きました。2匹とも立派に健気に生き、静かに逝きました。なづなは原因がわからず感染の心配もありましたので病理解剖へ。感染の心配は無いだろうとの報告が届きました。詳細は1か月後になります。2匹は回向院で供養していただきました。二日前の朝、柴犬の愛がぐったりと動けなくなり、急ぎ病院へ。一時はお別れの覚悟をしましたが、幸い少し持ち直しました。昨年から介護が続き、みなさまへのご報告..

毎月開催、にこカフェ!

かなみのもり

2018-01-19

1月17日(水)は、にこカフェでした。講師は、作業療法士の工藤さん。生まれてから歩く頃までの子どもの発達について、段階を追ってお話いただきました。にこま〜るでは、「行為の支援」ではなく「発達の支援」の視点を大切にしています。それは、うまくできないことを無理にやらせるのではなく、(もちろん、こちらが代わりにやることでもなく、)やる気を引き出す声かけや、本人ができることまで発達の段階を遡ってサポートすることで、本人が自然に発達していくのを「待つ」というイメージ。運動機能だけではな..

【Beyond 2020(21)】最大被災地を世界で一番面白い街にする原点は、小さなカウンターバーだった

東北復興新聞

2018-01-19

一般社団法人ISHINOMAKI 2.0 代表理事 松村豪太 1974年宮城県石巻市出身、東北大学大学院(仙台市)卒業。仙台での生活を経て石巻に帰郷し、総合型地域スポーツクラブのNPOに勤務。勤務中に...

【ご案内】第16回複合機ラベルライター寄贈プログラム

いわて連携復興センター

2018-01-17

認定NPO法人イーパーツ様より第16回複合機およびラベルライター寄贈プログラムのご案内です。 以下、転載 ============================================   【NPO法人イーパーツ】 寄贈プログラム公募のご案内 第16回複合機およびラベルライター寄贈プログラム(1/31まで) ============================================ NPO法人イ...

【2018年】早採りわかめはお休みします。

北浜わかめ組合虹の会のブログ

2018-01-17

◆◆ごめんなさい!  『早採りわかめ』今年はお休みします◆◆<<『産直の塩蔵わかめ』は販売します!   受け付け開始まで少しお待ちください!!>>新年あけましておめでとうございます。旧年中はたいへんお世話になりました。本年も北浜わかめ組合虹の会の末崎わかめをどうぞよろしくお願いいたします。大船渡は雪もなく穏やかな年越しとなりました。元旦には毎年恒例の虎舞が各世帯を回って悪魔祓いをしてくれました。 さて、冒頭にも書かせていただきましたが、今年の『早採りわかめ』の注文受付はお休みさせていただきます。例年は1月中旬から2月の中旬にかけて、わかめの間引き作業を行うときに採れる、まだ身の柔...

【ご案内】3月11日 東日本大震災7周年行事 祈りの灯火 2018 - あなたに届けたい -

いわて連携復興センター

2018-01-15

もりおか復興支援ネットワーク様より下記、東日本大震災7周年行事 祈りの灯火 2018のご案内です。 東日本大震災7周年行事 祈りの灯火 2018 - あなたに届けたい - 東日本大震災から7年が過ぎました。今年の「祈りの灯火」にも、県内の小中学校のみなさま、県内、県外の多くの企業や団体、個人のみなさまから、たくさんの手づくり灯籠が届きます。 そ...

【ご案内】1月27日 防災とボランティアのつどい 『連携』がボランティアを変える

いわて連携復興センター

2018-01-11

内閣府主催のイベントのご案内です。 防災とボランティアのつどい 『連携』がボランティアを変える 被災者支援にかかわる多様な主体間の連携のメリットとは連携における課題とは、よりよい連携に向けた方策とは [日時] 2018年 1/27(土) 13時~17時半 ホール7A ●東京メトロ東西線 竹橋駅 1b出口 徒歩1分 ●東京メ...

平成30年度社会福祉振興助成事業(WAM助成)

いわて連携復興センター

2018-01-11

タイトル 平成30年度社会福祉振興助成事業(WAM助成) 助成内容 助成の目的 WAM助成では、地域における子どもの居場所づくりを通じて、子育て支援の課題に対し柔軟に取り組む活動に支援してきました。こうした居場所は、対象者を限定せず幅広く受け入れ、地域資源を活かし柔軟にきめ細やかな対応を行うことで、地域の子育て・子育ち環境の向上に寄与しています。  ...

WAM助成(社会福祉振興助成事業)

いわて連携復興センター

2018-01-11

タイトル WAM助成(社会福祉振興助成事業) 助成内容 助成の目的 社会福祉振興助成事業(WAM助成)は、政策動向や国民ニーズを踏まえ、民間の創意工夫ある活動や地域に密着したきめ細かな活動等に対し助成を行い、高齢者・障害者が自立した生活を送れるよう、また、子どもたちが健やかに安心して成長できるよう必要な支援を行うことを目的とします。   助成の...

NEWS

2015年3月、第四回目となる忘れない基金の寄付先を決定しました。仮設住宅から復興住宅への移行が進むなか、新しくコミュニティを作り直す活動や、震災後に地元で立ち上がったNPOの力になるような支援を行いました。

2013年10月、忘れない基金の寄付先を決定しました。子どもたちに安全な遊び場を提供する活動、若年者の就学・就労支援、農業従事者の仕事創出、過疎化した集落の地域活性化、地元住民を中心に始まったコミュニティスペースの運営にそれぞれ活用されます。

福島の子どもの外遊び支援ネットワークの取材動画を公開しました!大友克洋GENGA展×忘れないプロジェクトの寄付報告を動画で公開中です!

AAR Japan[難民を助ける会]の取材動画を公開しました!大友克洋GENGA展×忘れないプロジェクトの寄付報告を動画で公開中です!

北浜わかめ組合 虹の会の取材動画を公開しました!大友克洋GENGA展×忘れないプロジェクトの寄付報告を動画で公開中です!

かーちゃんの力・プロジェクト協議会とゆりあげ港朝市協同組合の取材動画を公開しました!大友克洋GENGA展×忘れないプロジェクトの寄付報告を動画で公開中です!

12月6日、忘れない基金の寄付先を決定しました。寄付額は決して大きくはありませんが、各団体がこれからも継続して活動するための「歯車」をまわすひと押しとなるような支援を行っています。

NPO法人田んぼの取材動画を公開しました!「大友克洋GENGA展×忘れないプロジェクト」での支援先団体へ取材に行って来ました!各団体の活動動画を順次公開していきます。

復興活動団体のブログをリアルタイムで更新するシステムを導入しました!

トップページに東北各地で活動を続ける復興支援団体のブログをRSSで読み込むシステムを導入しました。ぜひスクロールしてご覧ください!

「大友克洋GENGA展×忘れないプロジェクト」報告会の動画を公開しました

大友克洋さんも参加した「寄付先団体 活動報告会」の様子をUPしました!

THANKS

株式会社マック