Project 023

時間をかけてつながり、支え合う。復興活動は始まったばかりです。

復興に向けて東北で活動を続ける団体のブログやニュースをRSSで収集し、リアルタイムで更新しています。

【ご案内】6月20日 Fw:東北 Fan Meeting 「情報インフラで地域産業の未来の描き方を考える」

いわて連携復興センター

2019-06-17

■ 企画趣旨  福島第一原発から北に40kmに位置する福島県相馬市は、事故後、避難指示区域には指定されなかったものの、主要産業である漁業は操業制限を受け、人々は経済面の制約が大きい中での生活を余儀なくされています。こうした中、地域の産業構造や、子どもたちが描く将来像が、大きく変わりつつあります。  復興支援センターMIRAIの押田一秀氏は、震災後の相馬市で、朝市や音楽イベントなどを通じたコミュニティ支援事業のかたわら、2014年から市内の事業者の実態調査を始めました。これまでに1000人を超えるボランティアの協力を得て、市内をくまなく歩き、事業...

【ご案内】三陸防災復興プロジェクト2019(開催期間:2019年6月1日(土)~8月7日(水) )

いわて連携復興センター

2019-06-13

本年、復興に力強く取り組む地域の姿を発信し津波被害の風化を防ぎ、支援に関する感謝と地域の魅力を国内外に発信するため、「三陸防災復興プロジェクト2019」が三陸沿岸地域を中心に開催されます。 期間は、6月1日から8月7日までの計68日間。本県沿岸13市町村を舞台に防災シンポジウムや音楽祭、祭りイベントなどが繰り広げられます。 各イベントへ足を運んでいただくことと同時に、県内で行われる様々なイベント周知の際に、「三陸防災復興プロジェクト2019」のロゴマークを...

【ご案内】7月5日(金) 岩手・地元で活用できる新たな財源を知るセミナー ~休眠預金や地域で集める小口出資、SIBなど~ 

いわて連携復興センター

2019-06-13

岩手・地元で活用できる新たな財源を知るセミナー ~休眠預金や地域で集める小口出資、SIBなど~  【開催概要】 NPOの活動は、会費や寄付、事業収益の他、多くの方の想いや志からの民間助成金、そして行政の補助金のような財源を活用して行われていますが、助成金や補助金のような資金は永久的に続くものではありません。一方で地域においては、少子高齢化による地域コミュニティの維持、空き家増加、遊休農地などの拡大、...

ブログが滞り申し訳ありません

山猫庵の日々是好日(一般社団法人東京動物環境支援協会)

2019-06-12

ツイッターばかりのアップとなっております、申し訳ありません。最新の情報はツイッターへアクセスをお願いいたします。

山猫庵オープンハウス

山猫庵の日々是好日(一般社団法人東京動物環境支援協会)

2019-06-12

山猫庵オープンハウス2019年6月22日(土)午後1時~4時です。シェルターの犬猫を家族にお考えの方はどうぞお越し下さい。

沿岸部の超高齢化を乗り切る健康コミュニティづくりへの挑戦

いわて連携復興センター

2019-06-10

■ 企画趣旨 東北地方沿岸部では、震災後、避難生活の長期化などの影響から、要介護高齢者の急増と重度化が進み、要介護認定を受ける人の増加率が全国平均を上回る状況が続いています。 理学療法士の橋本大吾氏は、震災後に始めた復興支援活動をきっかけに、宮城県石巻市で「一般社団法人りぷらす」を設立。 介護からの「卒業」を掲げ、要介護者の状態改善を目指すデイサービスや、介護離職を防ぎ、仕事と介護の両立を図るための取組、地域の健康コミュニティづくりなどの活動を行っています。 健康コミュニティづくりには、住民がお互いに健康維持を促す活動として、2014年から...

【ご案内】6/30子育て世代と支援者のための防災講演会

いわて連携復興センター

2019-06-07

NPO法人こそだてシップ様より「子育て世代と支援者のための防災講演会」のご案内です。 育児と防災どっちも大事! 子育て世代と支援者のための防災講演会 気仙管内(大船渡市・陸前高田市・住田町)に居住する子育て世代は、 震災後に移り住んできた層も多く、東日本大震災の教訓も風化気味であるように感じます。 大震災の教訓を伝え、学び、日常的に身につける乳幼児の防災術は、 災害リスクの高い当地域では欠かすことが出来ません。 NPO法人...

心の復興」事業の令和元年度募集(第2回)

いわて連携復興センター

2019-06-03

名称 「心の復興」事業の令和元年度募集(第2回) 内容 1.事業の目的 東日本大震災に伴う避難生活の長期化や、災害公営住宅等への移転など、被災者を取り巻く生活環境が変化する中で、被災者が、人と人とのつながりをつくり、生きがいを持って生活できるよう、「心の復興」事業の実施に必要な支援をすることを目的とします。 2.事業の内容 東日本大震災の被災地では、応急...

NEWS

2015年3月、第四回目となる忘れない基金の寄付先を決定しました。仮設住宅から復興住宅への移行が進むなか、新しくコミュニティを作り直す活動や、震災後に地元で立ち上がったNPOの力になるような支援を行いました。

2013年10月、忘れない基金の寄付先を決定しました。子どもたちに安全な遊び場を提供する活動、若年者の就学・就労支援、農業従事者の仕事創出、過疎化した集落の地域活性化、地元住民を中心に始まったコミュニティスペースの運営にそれぞれ活用されます。

福島の子どもの外遊び支援ネットワークの取材動画を公開しました!大友克洋GENGA展×忘れないプロジェクトの寄付報告を動画で公開中です!

AAR Japan[難民を助ける会]の取材動画を公開しました!大友克洋GENGA展×忘れないプロジェクトの寄付報告を動画で公開中です!

北浜わかめ組合 虹の会の取材動画を公開しました!大友克洋GENGA展×忘れないプロジェクトの寄付報告を動画で公開中です!

かーちゃんの力・プロジェクト協議会とゆりあげ港朝市協同組合の取材動画を公開しました!大友克洋GENGA展×忘れないプロジェクトの寄付報告を動画で公開中です!

12月6日、忘れない基金の寄付先を決定しました。寄付額は決して大きくはありませんが、各団体がこれからも継続して活動するための「歯車」をまわすひと押しとなるような支援を行っています。

NPO法人田んぼの取材動画を公開しました!「大友克洋GENGA展×忘れないプロジェクト」での支援先団体へ取材に行って来ました!各団体の活動動画を順次公開していきます。

復興活動団体のブログをリアルタイムで更新するシステムを導入しました!

トップページに東北各地で活動を続ける復興支援団体のブログをRSSで読み込むシステムを導入しました。ぜひスクロールしてご覧ください!

「大友克洋GENGA展×忘れないプロジェクト」報告会の動画を公開しました

大友克洋さんも参加した「寄付先団体 活動報告会」の様子をUPしました!

THANKS

株式会社マック