Project 023

時間をかけてつながり、支え合う。復興活動は始まったばかりです。

復興に向けて東北で活動を続ける団体のブログやニュースをRSSで収集し、リアルタイムで更新しています。

平成30年度あしたのまち・くらしづくり活動賞

いわて連携復興センター

2018-05-21

名称 平成30年度あしたのまち・くらしづくり活動賞 内容 地域が直面するさまざまな課題を自らの手で解決して、住み良い地域社会の創造をめざし、独自の発想により全国各地で活動に取り組んでいる地域活動団体等の活動の経験や知恵などのストーリーをレポートとしてぜひお寄せください。震災復興のまちづくりや震災復興支援の活動もご応募ください。 表彰・賞状等 の贈呈  ●あした...

岩手県を中心とした北東北インバウンド交流拡大モデル事業に係る企画提案募集

いわて連携復興センター

2018-05-21

名称 岩手県を中心とした北東北インバウンド交流拡大モデル事業に係る企画提案募集 内容 ■ 事業の目的 復興・創生期間に入り、復興の新たなステージを迎えつつある東北では、インフラや住宅等の復旧は一定程度進みつつあり、今後は産業・生業の再生を重点的に進めていくことが必要である。特に観光は地域産業全体に影響を与える裾野の広い産業であり、観光復興は東北の産業・生業再生の柱となる。しかしながら、東北の観光産業は...

平成30年度移住促進事業費補助金の募集

いわて連携復興センター

2018-05-17

名称 平成30年度移住促進事業費補助金の募集 内容 県では、移住を促進するとともに、移住者の交流を図るため、NPOや地域づくり団体等が実施する、移住者及び移住者の交流の促進による地域活性化事業を行う場合に要する経費に対し補助を実施します。 補助額  定額。ただし、500千円を上限とする。 応募締切 ...

「共に生きる地域のかたち」イベントのお知らせ

かなみのもり

2018-05-17

日程:2018年5月25日(金)時間:14:00-16:00(17:00閉場)会場:登米市中田生涯学習センター(宮城県登米市中田町上沼舘43)交流会 共に生きる地域を語ろう※当日は、大阪の障害者の地域生活のお話を聞きながら、参加者みなであたりまえの暮らしについて話しましょう。ゲスト:荒川 輝男さん(社会福祉法人 そうそうの杜 理事長)そうそうの杜は、障害の有無にかかわらず児童から高齢者の方まで、住んでいる地域の中で生き生きとした生活を送れるような地域作りと地域に根ざした事業を..

エーモン工業株式会社様よりカー用品を協賛いただきました!

日本カーシェアリング協会レポート

2018-05-15

エーモン工業様から様々なカー用品を協賛いただきました。日々のメンテナンスに欠かせない様々なアイテムをカタログで選ばせていただき協賛いただきました。(協賛いただいたカー用品)エーモン工業様は、私(吉澤)の地元の企業様で、運営されていらっしゃるホームセンターとか私も子供のころからよく知っていて、そんな地元の企業様がご協力いただけることに、特別嬉しく思いました。安心・安全な整備のために、めいっぱい活用させていただきます!先週から関西入りしておりましたので、昨日エーモン工業様を訪問さ..

【ご案内】5月31日(木)住宅宿泊事業法(民泊新法) 岩手県研修会

いわて連携復興センター

2018-05-14

遠野市を拠点に活動されている、認定NPO活動法人 遠野山・里・暮らしネットワーク様より、 下記、勉強会の案内をいただきました。皆様ぜひご参加ください。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ このたび「住宅宿泊事業法」(以下:民泊新法)についての研修会を下記日程にて開催することとなりました。今後インバウンド、個人旅行客、企業研修の受け入れを行っていく上での受け入れは、許可を得た宿泊所でなければ、受け入れが難しいとするエージェントも多く、今回の民泊新法が大きなチャンスと思われます。多くの皆さんからのご要...

久し振りとなってしまいました

山猫庵の日々是好日(一般社団法人東京動物環境支援協会)

2018-05-13

こんにちは季節は変わり5月も半ばとなりました。時間が経ってしまい申し訳ありません。チャリティカレンダーへのご協力に感謝いたします。山猫庵では、2010年に交通事故で避難して来た猫のすももに家族ができました。自分でご飯を食べず毎日朝晩と給餌が必要です、また交通事故の後遺症が出るかもしれません。そんなすももに新たな家族ができ、今、すももは毎日家族と一緒に、シェルターにいた時より怒りんぼでわがままで笑顔の猫になっています。みなさま、長い間、すももにご支援をいただきまして心より感謝い..

2018年度ザ・ボディショップニッポン基金助成

いわて連携復興センター

2018-05-11

名称 2018年度ザ・ボディショップニッポン基金助成 内容 生態系を守る環境・動物保護、人権を守る活動、東日本大震災復興支援活動を中心に、「より良い社会、より良い地球にするために」を目指し、地域に根ざした活動に取り組んでいる団体・個人のご応募をお待ちしております。 ※助成団体へは、助成金贈呈の他、活動期間内での広報サポートやスタッフによる人的支援などもさせていただく予定です。 ...

「あそびとはなにか」

かなみのもり

2018-05-10

昨日のにこCafeは「あそびの効用。子ども心を取り戻そう」がテーマ。子どもの気持ちになって遊ぶことを通し、「遊び」の効用を考えてみました。グループに分かれ「最近遊んだこと」、「その時の気持ちは...」を皆でシェアしました。「満足感」「リフレッシュ」「現実逃避」「気分転換」...大人は「遊び」ではなく「娯楽」のくくりが大半でした。(ささやかな遊びと思っていたのに...)その後、新聞紙1人3枚で「あそんでみよう!」のお題が。そう!子どもに戻りあそんでみる。ただ、ただあそぶ。1人黙..

NEWS

2015年3月、第四回目となる忘れない基金の寄付先を決定しました。仮設住宅から復興住宅への移行が進むなか、新しくコミュニティを作り直す活動や、震災後に地元で立ち上がったNPOの力になるような支援を行いました。

2013年10月、忘れない基金の寄付先を決定しました。子どもたちに安全な遊び場を提供する活動、若年者の就学・就労支援、農業従事者の仕事創出、過疎化した集落の地域活性化、地元住民を中心に始まったコミュニティスペースの運営にそれぞれ活用されます。

福島の子どもの外遊び支援ネットワークの取材動画を公開しました!大友克洋GENGA展×忘れないプロジェクトの寄付報告を動画で公開中です!

AAR Japan[難民を助ける会]の取材動画を公開しました!大友克洋GENGA展×忘れないプロジェクトの寄付報告を動画で公開中です!

北浜わかめ組合 虹の会の取材動画を公開しました!大友克洋GENGA展×忘れないプロジェクトの寄付報告を動画で公開中です!

かーちゃんの力・プロジェクト協議会とゆりあげ港朝市協同組合の取材動画を公開しました!大友克洋GENGA展×忘れないプロジェクトの寄付報告を動画で公開中です!

12月6日、忘れない基金の寄付先を決定しました。寄付額は決して大きくはありませんが、各団体がこれからも継続して活動するための「歯車」をまわすひと押しとなるような支援を行っています。

NPO法人田んぼの取材動画を公開しました!「大友克洋GENGA展×忘れないプロジェクト」での支援先団体へ取材に行って来ました!各団体の活動動画を順次公開していきます。

復興活動団体のブログをリアルタイムで更新するシステムを導入しました!

トップページに東北各地で活動を続ける復興支援団体のブログをRSSで読み込むシステムを導入しました。ぜひスクロールしてご覧ください!

「大友克洋GENGA展×忘れないプロジェクト」報告会の動画を公開しました

大友克洋さんも参加した「寄付先団体 活動報告会」の様子をUPしました!

THANKS

株式会社マック