Project 023

時間をかけてつながり、支え合う。復興活動は始まったばかりです。

水田の復元

NPO法人 田んぼ

被災地の田んぼは、今ふゆみずたんぼによって蘇ろうとしています。
生態系の復元力と水の力だけで抑塩にも成功しています。

団 体 紹 介

物を豊かにする効果、有機農法技術としての効果、自然共生農業の技術開発、田んぼから得られる食や暮らしを土台とした地域作りや、風土の再生について、農家、都市住民、行政、研究者、企業、NPOの方々と一緒に取り組んでいく拠点として、宮城県大崎市田尻大貫の診療所跡地に『NPO法人田んぼ』を開設しました。

活 動 内 容

津波で被災した田んぼの瓦礫を撤去し、「ふゆみずたんぼ」方式による農地の復元に取り組んでいます。「ふゆみずたんぼ」方式とは、生態系と水の力だけで農地の脱塩を図るもの。水質、土質、生物多様性のモニタリングを今後10年間行い、生態系の復元力をデータによって裏付けることも活動のひとつです。被災水田の復興過程を丁寧にモニタリングした例は歴史的に存在せず、この重要な記録を後世に残したい。収穫した無施肥・無農薬の「福幸米」を販売し、地域の経済システムを支える仕組みも作りました。

主な活動地域

宮城県