Project 001 地球時計wn-2 logo_Think the Earthプロジェクト

トップページに戻る
コンセプト
プロダクツ
時計の見方・楽しみ方
Enjoy! wn-2
サポート
ショップリスト


時計の見方・楽しみ方

  wn-2の時刻の見方

時針の役割をする「ポジションインジケーター」と「分針」がついています。「ポジションインジケーター」は針のような形状で黄緑色。「分針」は丸いオレンジ色でどちらも蓄光塗料が塗られています。 地球時計wn-2:コア

図のように、地球の時間は24分割されています。まずは「ポジションインジケーター」を自分のいる場所、あるいは時刻を知りたい場所の近くに合わせます。 地球の時間は24分割

時間を知るには?
「ポジションインジケーター」が指している、ベゼル上の数字を読みます(図の場合は20:00です)。ポジションインジケーターは、地球針と一緒に、反時計周りに進みます。
時間を知るには?

分を知るには?
丸いオレンジ色の「分針」は、普通の時計と同様、時計周りに1時間で1回転します(図の場合は10分で、フラットベゼルには分針用の目盛りも付いています)。
分を知るには?

   wn-2の楽しみ方

太陽はどこ?
「wn-2」では、太陽はいつも12時の方向にあります。つまり、地球時計の上半分が夜で、下半分が昼。

自転と同じ方向、同じ早さで回ります。
中心部の地球は北極を中心に反時計回り、地球の自転と同じ速度でゆっくりと回ります。
太陽が見えて朝になり、見えなくなって夜が来る、その、本当の「時の速度」を表現したウェアラブルアース。

ゆっくりと流れるこの惑星の速度を身につけてみてください。
太陽はどこ?

N.Yは、パリは、太平洋のまん中はいま何時?
「wn-2」は世界時計でもあります。時差を計算する必要もありません。
旅で訪れたことのある場所や友人・知人が暮らす場所。そこが今、どんな時間を迎えているのか、想像してみるのもいいものです。

宇宙からみれば、時間は一つ。

月面からの眺めはいかがですか?
「wn-2」の地球針の直径は、実寸の5.8億分の1。
手に持って、腕をいっぱいにのばして、65cm離して見たくらいが、ちょうど38万km。月面からの眺めです。
分を知るには?

僕のwatchと君のwatchは違うモノ
例えば地球針が内蔵されたコアモジュールだけをポケットに入れて持ち歩いてもいいし、パッケージを利用してデスククロックにしてもいい。

ベースホルダーに付くベルトは、
ベイシックな20mm幅だから、
好きな色のベルトに換えたっていい。

人と同じ必要はありません。
自分なりの発想で、
自由に「wn-2」を楽しんでください。