2008年03月07日

ベトナムへ

地球日記

先週、通算4回目のベトナムへ。
日本のNGOがベトナムの貧困地域で行っている水環境教育を日本の某企業が支援するにあたって、お手伝いさせていただいているのです。

活動地は都市部と農村部の二カ所。

都市部では、自分たちの日常生活から出る排水の行方を追ってそれを紙粘土で再現し、クレイアニメ作品をつくったり、市場の魚売りが流す生ゴミ混じりの排水をきれいにしようと魚売りのおばさんに生ゴミ分別を提案したり、かなり実践的。
ついには、分別した生ゴミを堆肥にして、野菜作りまで始めています。

農村部では、学校単位で水環境について勉強し、水質検査キットを使って地域の河川の汚れを調べ大人たちに指摘したり、水をきれいにすることの大切さを伝える劇を上演したり...
情報の少ない農村部で重要な広報機能を果たしているようです。
さらに、今年の春には、1年間の成果を地域の人に発表することになっています。

活動地を訪問する度に、子ども達がスポンジのように知識や経験を吸収していく姿を目にし、いつも元気をもらっています。

(原田麻里子)

�iŒ´"c-ƒ--¢Žq�j

この記事へのリンク

« 新プロジェクト『みずものがたり』 | メイン | 走りたい気分 »