2008年03月25日

ビーツってどんな味?

地球日記

先日スタッフの1人がベトナム出張から帰国したので、「ご無沙汰していた日本食を一緒に食べよう!」と街へ繰り出しました。雨の中歩いて向かったお目当てのトンカツ屋には入れず、それならロシア料理に!と向かった2軒目もあえなく閉店。。お腹ペコペコですがるように辿り着いた3軒目は昔から名の知れている(らしい)イタリアンレストラン。イタリア料理は大好きな私なので、色んなお店で色んな食材を使ったイタリアンを食べてきましたが、そこで初めて"ビーツ"という野菜に出会いました。

080325.jpg

見てください、この真っ赤な色!
写真の料理はリゾットなのですが、お米一粒一粒に野菜の紅が染みこんでいて、とっても色鮮やか。
いい大人が2人で食い入るように魅とれていると、店員さんがすっとレシピを差し出してくれました。紙に書かれていた珍しい学名に、またそこでもビーツ話が大盛り上がり。なかなか食べ始めるまでに時間がかかってしまいました(笑)

学名 Beta vulgaris(英明 Beet/和名 火焔草)
原産地 地中海沿岸(ほうれん草や甜菜と同じアカザ科の変種)

食べ終えてからも店員さんが来る度にあれこれと質問すると、わざわざ厨房から調理前のビーツを持ってきて説明してくれました(すみません汗)。意外と大きな野菜なんですね、全く知らなかったです。そこで、今日はとっても美味しかったリゾットのレシピを皆さんにもご紹介したいと思います!街でビーツを見かけたら、ぜひ味わってみてください。肝心の味は..何とも言えない風味と食感、野菜の甘みが口の中に広がった印象ですが、あまりの綺麗な色に「野菜ってすごいなぁ」という感想の方が大きくて。うまく言葉に表現できずにいるので、近くもう一度食べてみますね(笑)

〜Risotto con barbabietola ビーツのリゾット〜
■材料(4人前)
・ビーツ200g、イタリア米280g、タマネギ1/4個
・ブロード、パルミジャーノ、ニンニク、バター、オリーブオイル適量
■作り方
1.ビーツは皮付きのまま箸が通る位まで茹でる。その後、皮をむき5mm位のさいの目切りにする。
2.ニンニクとタマネギをオリーブオイルで炒める。
3.米を加えてさらに炒める。その後、ビーツを加える。
4.ブロードと塩、胡椒、バターを加えて炊きあげる。
5.塩で味を調え、最後にパルミジャーノとバターを加えて混ぜる。

(風間 美穂)

この記事へのリンク

« バーゼルフェアに出展します | メイン | 桜咲く »