2011年07月12日

Think the Earth基金の支援先を訪問=PWJ・活動同行編

地球日記おすすめ info

Think the Earth基金の寄付先訪問、活動同行編。
6月24日(金)は、前日に伺ったピース・ウインズ・ジャパン(PWJ)が行っている、仮設住宅や内陸部の公営住宅への物資配布、運び込みのお手伝いをさせていただきました。

PWJでは、ジャパンプラットフォームから資金提供をうけ、大船渡、釜石、陸前高田、北上、花巻、遠野、住田、金ヶ崎、西和賀、和泉の各地域の仮設、集合住宅向けに生活支援物資の提供を行っています。

この日は、始めに釜石市の旧中学校跡に。ここには59世帯用の仮設住宅が設置されていました。
旧校舎は、物資の一時保管所や被災世帯向けの生活必需品支給窓口などに使われています。
kasetsu.jpg

私たちが到着すると、荷物を積んだトラックが何台も待機中(4tトラック4-5台あったかな?)。ここから、200世帯800人分の生活基本セットと、ふとん500セット以上を下ろします。
ちなみに、生活基本セットは、石けん、シャンプーなどの衛生用品、鍋やフライパンなど台所用品、爪切り、はさみ、時計など、全44品目。

搬入は、PWJスタッフのほか、物資を調達してくれたイオンの社員、ボランティアセンターから派遣されたボランティアさんのほか、釜石市役所の方、物資を運んでくれたトラックの運転手さんまで総動員で行います。運転手さんは、荷物を降ろせばお役御免なはずなのに、保管場所まで運ぶのを手伝ってくれました。
hannyu.jpg

生活支援物資基本セットの一部。トイレットペーパー、ティッシュペーパー、救急箱、ゴミ袋などが入っています。
kasetsu_set.jpg


学校の校舎だったところなので、エレベーターはありません。重い荷物を2階まで運ぶのはほんとに大変!でも、みんな元気です。
hannyu4.jpg


みんなで汗だくになりながら、約1時間半ほどで搬入修了。市役所の方に挨拶をして、次の搬入場所、内陸部の奥州市に向かいました。

===
奥州市では、雇用促進住宅を被災者向けに提供しています。PWJが奥州市に行くのは、この日が初めてでした。奥州市の職員さん、震災前はPWJのことをご存知なかったでしょうから、未知のNGOとの遭遇にやや緊張気味。でも、物資の搬入が終わり、テキバキとした仕事ぶりにすっかり安心した様子でした。

ここは数が少なめだったので、奥州市役所、イオン、PWJスタッフで数と品目を確認しながら、荷物を下ろします。
oushu2.jpg

物資の調達はイオンのの協力を得ています。一人分ずつ分けてパッキングされているので、現場での仕分けの手間が省けます。(考えてみたらパッキングをしている人達の雇用にもなっていますね。)

最後に、無理言って集合していただきました。
左のおふたりがイオンの社員さん。被災した店舗にお勤めだったとのこと。続いて、PWJスタッフの長妻さん、館野さん、公地さん、右のおふたりが奥州市役所の方です。
staff.jpg

生活物資支援担当の公地さんは、元自衛隊員で元青年海外協力隊員。自衛隊でイラクの復興支援に関わったこともあるとのこと。協力隊でザンビアに行き、戻ってきたばかり。
同じく館野さんは、国連の世界食料計画(WFP)スタッフとして、スリランカで働いて戻ってきて間もなく震災が起こったので、さっそくPWJのスタッフに応募したとのこと。
ふたりとも、緊急支援のプロフェショナルです。

===
これまで、4つのNGOを訪問し、現地でボランティアをしてきて、改めて、今回の震災の被害の大きさに圧倒されました。と同時に、Think the Earth基金が今まで応援してきたNPO/NGOの果たした役割の大きさを感じています。
そして、こんな時だからこそ、行政や地域の人達、大小さまざまな企業やNPO/NGO、そして私たち一人ひとりが連携して、力を合わせることで、前に進んでいけるのではないかなと、強く思っています。

(はらだ まりこ)

この記事へのリンク

« Think the Earth基金の支援先を訪問=PWJ編 | メイン | 飯舘村より「つながるつなげる さくらプロジェクト」 »