2013年11月22日

富山で20年以上つづくワールドミュージックのフェスへ

地球日記

2013年に23回目を迎えるワールドミュージックのフェスティバルが日本国内で開催されていることを皆さまご存知でしょうか。富山県南砺市でつづくその名のイベントは「スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド」。都市を経由せず日本と世界のローカルミュージックがつながる、「Local to Local」の音楽イベントとして以前から興味があり、今年の夏にようやく行くことができました。

JR西日本城端線(じょうはなせん)に揺られ会場に向かいます
img_sukiyaki_01.JPG

最寄の福野駅
img_sukiyaki_02.JPG

駅から会場へとつづく道にはイベントのフラッグが
img_sukiyaki_35.JPG

到着
img_sukiyaki_04.JPG

タルチョが気分を盛り上げます
img_sukiyaki_33.JPG

休憩・飲食スペースも兼ねた屋外テントにはDJブース
img_sukiyaki_05.JPG

雅楽で聴ける「ぷわ〜」という音を出す笙(しょう)の演奏を聴くこともできました
img_sukiyaki_11.JPG

雑貨の販売から似顔絵まで、出店内容もバラエティーに富んでいます
img_sukiyaki_07.JPG

img_sukiyaki_08.JPG

img_sukiyaki_09.JPG

演奏者の国をみるとアルゼンチン、エチオピア、ウルグアイ、フランス、韓国などさまざまです。ミュージシャンと一緒にその国の独自のリズムやメロディーを体感できるワークショップやトークイベントもありました。

ジンバブエからきたオリバー・ムトゥクジのトークイベント
img_sukiyaki_12.JPG

いよいよ野外ステージでのライブがはじまります。まずは主催者の挨拶
img_sukiyaki_15.JPG

オープニングアクトは地元のスティール・パンのオーケストラ。このフェスティバルがきっかけで生まれたそうです。

img_sukiyaki_16.JPG

すごく盛り上がっています
img_sukiyaki_17.JPG

ステージから投げられたバンダナをキャッチした観客は曲に合わせて一緒に振り付け
img_sukiyaki_18.JPG

みんなノリノリ
img_sukiyaki_19.JPG

img_sukiyaki_20.JPG

夜が深まると、ゆっくり落ち着いて音楽に耳を傾ける時間に
img_sukiyaki_21.JPG

個人的にもっとも印象深かったのは、青森や石川の民謡をベースにファンクなどミックスした「ハイブリッド」なワールドミュージックを聴かせてくれたアラゲホンジ。鐘や太鼓、笛とギターやベース、ドラムといった現代の楽器がまったく違和感なく共存していて、なんとも言えない心地よいサウンドを聴かせてくれました。

ビジュアルも一度見たら忘れられないインパクトです
img_sukiyaki_32.JPG

img_sukiyaki_30.JPG

笛の音が身体に沁みました。
img_sukiyaki_28.JPG

img_sukiyaki_29.JPG

二日目は野外ステージから屋内の劇場がメイン会場に
img_sukiyaki_34.JPG

個人的にすぐにすっと身体に入ってこない音楽もありましたが、そんなちょっぴり難解に思える音楽も、近所からふらっときた家族連れの子どもやおばあちゃんが、リラックスして耳を傾けている様子も印象的でした。

演奏中になかなか泣き止まない子どもに、ミュージシャンが思わずMCで「コンプリケイテッド(ん〜、わかりづらいよね)」と発する一幕も。

20年以上もつづくイベントとなれば、告知や装飾がもっと派手になっていくイメージでしたが、実際に足を運んでみるとそういった過剰さはなく、良い意味で手作り感のある、人の温かみを感じるイベントでした。だから逆に続くのかなあといったことを思ったり。

タイムテーブルも手作り感満載です
img_sukiyaki_36.JPG

デザインが気に入って思わず買ってしまったポスター。いまも部屋に飾っています
img_sukiyaki_37.JPG


第24回の開催が決定したようです。もしよろしければぜひのぞいてみてください。


スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド2014
http://www.sukiyaki.cc/


(谷口 西欧)

この記事へのリンク

« Think the PEACE 1 | メイン | Think with music #001 Musician, Takeshi Ueda (AA=) part 1 »