thinkFace
thinkEye

考える、それは力になる

contents

目指していること

1日何回、地球のことを想いますか?……

Think the Earthは「エコロジーとエコノミーの共存」をテーマに2001年に発足したNPOです。持続可能な社会の実現に貢献するプロジェクトを立案し、企業や行政、NPO、教育機関、クリエイターなど多種多様なセクターと才能をつなぎ、プロジェクトを実現させることで、新しい価値を創りだしてきました。

好奇心こそが行動の原動力であると信じ、頭だけでなく心と身体で触れる数多くのコンテンツ、メディア、イベント、ワークショップ開発等を行っています。

「モノづくり」から「コトづくり」、そして「ヒトづくり」へ

設立した当初は「社会の無関心」が、解決すべき重要課題でした。設立のきっかけとなった地球時計wn-1は、実用的な時計でありながら、宇宙飛行士のように宇宙から地球を見る感覚を提供する、メッセージ性の高い商品開発プロジェクトとしてスタートしました。「モノ(Product)」としての高い完成度を目指しながら、同時に購入者が「コト(Project)」としてのThink the Earthに参加して、共に持続可能な社会を目指す学びや行動を始めることが目的だったのです。

         

「社会の無関心」は徐々に改善されつつあります。特に東日本大震災以降、日本でも多くの人が社会や環境、そして未来に関心を寄せるようになりました。一方、世界に目を向ければ、2015年に「2030年までの持続可能な開発目標=SDGs」が193の国と地域の合意によってつくられました。最近のThink the Earthの活動は、そうした関心をもった人たちと、どこへ向かうのか? を問いに、「ヒトづくり」へとシフトしています。変化のスピードが激しい時代になったからこそ、長期的な視点で自ら考え、行動する人の重要性が高まっています。

ミッション

持続可能な社会の実現に向け、 環境問題や社会問題への無関心を好奇心に変え、 Think the Earthする人や企業(=地球的視野で考え行動する人や企業)を世界中に育て、増やしていくこと。

1. 地球人としての感性や地球の大切さを次の世代に伝える

宇宙から地球を見る視点を人類が獲得したのは、わずか半世紀前のことです。人類の社会観、未来観に決定的な影響を与えた、このまなざしの大切さを次世代につないでいくことが、Think the Earthの最も大きな使命です。


2. さまざまなセクターをつなぎ、コラボレーションを促進

21世紀に有限の惑星・地球で100億人を超える人間が生き延びるためには、様々な領域の叡智を結集して、数々の試練を乗り越えていかなければなりません。そのためにも、企業やNPO、行政、教育・研究機関などのコラボレーションを促進する役割を果たしていきます。


3. エコロジーとエコノミーが共存する社会の実現

設立以来一貫して、経済活動と社会・環境活動を対立軸ではなく共創軸として捉え、新しい価値を創るプロジェクト(CSV※1活動)を、企業やNPOとともに立案・実施してきました。事業をつくるチャレンジのなかにこそ、新しい視点と経験を持った人が育つ現場があります。


4. 環境・社会課題の広報・教育部門(CEPA*2、ESD※3)を担う

コンテンツ開発、メディア活動、プロジェクトづくり、研修/ワークショップ等。あたまだけでなく、こころやからだで感じ、考えるクリエイティブなアプローチで、好奇心を刺激するコミュニケーション活動、エデュケーション活動を行っていきます。

*1: CSV = Creating Shared Value
*2: CEPA = Communication,Education, Public Awareness
*3: ESD = Education for Sustainable Education

組織概要

概要

名称
一般社団法人Think the Earth
設立年月日
2001年2月19日(2011年10月5日 一般社団法人登記)
所在地
〒150-0034 東京都渋谷区代官山町9-10 co-lab代官山6R01
TEL
03-3464-5221
FAX
03-5459-2194

理事長

水野誠一  株式会社IMA 代表取締役

理事

上田壮一  プロジェクトディレクター/多摩美術大学 客員教授
小西健太郎 プロデューサー
白土謙二
永井一史  株式会社HAKUHODO DESIGN/クリエイティブディレクター
古川 享  慶應義塾大学大学院 メディアデザイン研究科 教授
宮崎光弘  株式会社アクシス/多摩美術大学 情報デザイン学科教授

監事

神津信一

スタッフ

コーディネーター  :原田麻里子
事務局       :曽我直子
広報        :笹尾実和子
スタッフ(常駐)  :松本麻美
(非常駐)     :有福英幸 風間美穂 桜井肖典 鈴木高祥
(海外)      :猪飼麻由美(上海)

コミュニケーションアドバイザー

川廷昌弘  株式会社博報堂
並河 進  株式会社電通デジタル
福島 治  東京工芸大学 教授

アクセス

一般社団法人Think the Earth

JR渋谷駅 南口から12分

南口を出て、左手先にある歩道橋をまっすぐ渡ります(地下鉄の場合は出口16bから地上へ)。
そのまま明治通りを恵比寿方面に歩き、並木橋交差点を右折して八幡通りに入ります。
ゆるやかな坂をのぼり、2つめの信号(NTT渋谷前)の手前にあるガソリンスタンドENEOSを左折するとすぐ右側にco-lab代官山(Sodaccoビル)があります。エレベーターで6Fまでお上がりください。

JR渋谷駅 新南口から8分

新南口改札を出て、エスカレーターを下りて右折します。
そのまま真っ直ぐ進み、高架を過ぎたらすぐ左手にある階段を上がります。
階段を上がると八幡通りにでるので、左手方向(ゆるやかな坂を上がる方向=代官山方面)に進み、
2つ目の信号(NTT渋谷前)の手前にあるENEOSを左折してすぐ右側の建物がco-lab代官山(Sodaccoビル)です。エレベーターで6Fまでお上がりください。

東急東横線 代官山駅から7分

八幡通りに出て右折し、真っ直ぐ並木橋に向かって歩いて、NTT渋谷前の信号の先にあるENEOSを右折してすぐ右手の建物がco-lab代官山(Sodaccoビル)です。エレベーターで6Fまでお上がりください。

メンバー

  • 理事

  • 水野 誠一 理事長

    株式会社IMA / 代表取締役
    1946年東京生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業。西武百貨店社長、慶応義塾大学総合政策学部特別招聘教授、参議院議員、1995年株式会社IMAを設立。ソーシャルマーケティングを専門とし様々な実績を残し、“LOFT”を成功に導き、“若者文化の発信基地渋谷”のアイデンティティを確立させた。外資系企業・ブランドの日本進出を手掛け、現在も国内外企業のコンサルティングをおこなっている。議員在任中は、ベンチャーのための環境整備をおこない、政治環境におけるソーシャルマーケティングの重要性を説いてきた。 日本デザイン機構会長、一般社団法人日本文化デザインフォーラム理事長。

  • 上田 壮一 理事

    1965年、兵庫県生まれ。広告代理店で6年間働いたあと、表現の現場を求めて映像ディレクターに。94年に宇宙から地球を見る視点を共有したいとの想いで「アースウォッチ」を企画。98年にプロトタイプを作ったことを機に、多くの方と出会いながらThink the Earthの設立まで突き進むことに。以後、プロデューサー/ディレクターとして『百年の愚行』『1秒の世界』『グリーンパワーブック』などの書籍をはじめ、携帯アプリケーション「live earth」などを手掛けている。

  • 小西 健太郎 理事

    1963年、茨城県生まれ。80年代、学生時代に上海で知り合った方の縁でCFなどの映像制作の仕事に。縁が縁を呼んで90年代はスポーツマーケティングやデジタル関係の仕事に。そこでの縁が次につながって、Think the Earth設立に参加。いろいろな有難い縁が輻輳してままならないことを何とか凌ぎつつ、Think the Earthでは裏方的なプロデューサーとして営々と歩んできました。次の縁がスパークして表舞台に出ることを妄想中です。

  • 白土 謙二 理事

    1952年福岡県生まれ。1977年立教大学卒業。同年、株式会社電通に入社。クリエーティブ・ディレクター、CMプランナー、コピーライターとして企画制作を担当。その後、インタラクティブや、ソーシャル・マーケティングの部署を担当。2009年4月より現職。企業や大学、NPO/NGOなど、さまざまなセクターがかかえる課題や問題を、相互に結びつけて解決するアプローチにチャレンジしている。

  • 永井 一史 理事

    株式会社HAKUHODO DESIGN/クリエイティブディレクター
    1961年生まれ。1985年多摩美術大学卒業後、博報堂入社。2003年 株式会社HAKUHODO DESIGN を設立。戦略から広告までのトータルなブランディングを手がける。2007年デザインを通じてソーシャルな課題解決に取り組む、+designプロジェクトを立ち上げる。2008年11月、雑誌「広告」編集長に就任。 毎日デザイン賞、クリエイター・オブ・ザ・イヤー、ADC賞グランプリなど受賞多数。 多摩美術大学客員教授、東京ADC会員(東京アートディレクターズクラブ)、JAGDA会員(日本グラフィックデザイナー協会)。

  • 古川 享 理事

    慶應義塾大学大学院 メディアデザイン研究科 教授
    元・マイクロソフト株式会社代表取締役社長、元・慶應義塾大学デジタルメディア・コンテンツ統合研究機構特別研究教授。専門分野はメディアビジネス、マーケティング、プロダクト・デプロイメント、企業連携など。

  • 宮崎 光弘 理事

    株式会社アクシス/多摩美術大学 情報デザイン学科教授
    1957年東京生まれ。ファッション誌のアートディレクションに携わった後、1986年、株式会社アクシス入社。同社のCI、デザイン誌「AXIS」のアートディレクション、展覧会の企画など、様々なプロジェクトを行う。現在は同社のデザイン部門「AXISdesign」の統括として、グラフィック、プロダクト、スペース、インタラクションのデザインディレクションを行なう。

  • スタッフ

  • 原田 麻里子 / コーディネーター

    大学では社会科学を学ぶ。時はバブル景気後半。ソ連邦やベルリンの壁崩壊などで「資本主義の勝利」とか言っている論調には「何か違う」と思い、卒業後、環境NPO、議員秘書、政党事務局、合間に海外見聞を経て、Think the Earth設立時からしばらく事務局を担当。現在はフリーランスで、NPO/NGOの活動サポートやコーディネート、企画・リサーチなどをやりつつ長野暮らしをスタート。旅と農作業とユニコーンとthe HIATUSとコーヒーが好き。NPO法人ハンガー・フリー・ワールド理事。

  • 笹尾 実和子 / 広報

    夏生まれの横浜育ち。新卒で人材派遣の会社に3年勤め、行く先を決めず退社。その後の一人インド旅で全てをリセットし、小さくも面白い会社でインターンを始めたことで仕事観が変わる。そんな中Think the Earthと出会い、ここなら小学校からの夢が叶う!と気持ちひとつで飛び込み入社。現在はひとり広報として奮闘中。話すよりも聞く方が得意。「お腹すいた〜」と「ダイエットしなきゃ!」が口癖。笑

  • 曽我 直子

    兵庫県出身、夏至生まれ。2008年に勢いで上京。右往左往している時にThink the Earthに出会う。「生きる」ことを実感しながら生きることが人生の目標。好きなものは、J-Rock、映画、旅行。最近始めた趣味は書道。特技は計画を立てること!(特に旅行の計画が一番の得意分野。笑)その特技を活かし、Think the Earthではイベントの運営やThink the Earth Paperの製作を担当しています。

  • 松本 麻美

    子どものころに楽器を習うも、石川県の美術大学へ進学し彫刻を勉強。卒業後の1年を、ロンドンへの語学留学、派遣社員としての勤務などをして過ごす。編集未経験で勤務した編集プロダクションでは、移住専門雑誌や書籍などの編集、ライティングを2年間担当。そろそろやりたいと思ってきたことをしたい、と退社したところにThink the Earthと出会う。関心は映画、音楽、美術、谷戸など。新しいことを知るたびにワクワクします!

  • 有福英幸

    未来思考のイノベーション・ファシリテーター。広告会社にて、ブランディングやデジタルコミュニケーションに従事。しかし子どもができたことがキッカケで、環境問題の解決を目指すウェブマガジンを発刊。その後、より社会的なインパクトを創出すべく、2012年にフューチャーセッションズを立ち上げ、企業・地域・市民が共創するソーシャルイノベーションの創出に邁進中。つくりたい未来は、次世代が今よりもよくなる可能性を感じられる社会。

  • 猪飼 麻由美

    早稲田大学を卒業後、宇宙開発事業団(現JAXA)に就職。 その後青年海外協力隊・ 環境教育隊員として2年間、ケニアにてウミガメ保護に携わる。帰国後、Think the Earthの本を手に取ったことがきっかけで、事務局として働くことに。2005年に父と共に上海にコンサルティング会社を設立し、現在は上海在住で「Think the Earth中国支部」主席。ヨガ、お茶、古道具・アンティーク収集にはまり中。

  • 風間 美穂

    新潟生まれ。映像制作会社やデザイン会社を経て、2007年からThink the Earthに参画。「うごくえこよみ」や「みずのがっこう」、「デジタルプラネタリウム」などをプロデュースする傍ら、全国や各国でのプロジェクトも応援すべく、2012年から出港。現在は京都在住。多様なステークホルダーの間を、クリエイティブやコミュニケーションで橋渡しをするカタリストとして邁進しています。『RELEASE;』ファウンダー。

  • 桜井 肖典

    1977年生まれ、茨城県出身、京都在住。デザインコンサルティング会社を経営後、日本各地で企業や行政の事業やブランドをプロデュースしてきました。'13年からはじめたイノベーションプログラム『RELEASE;』では、現在までに五千名を超える対象者へ講演やワークショップを重ねています。すべては「地球市民時代に相応しい文化」を未来へと贈りたいから。現在は、「地球思考」を鋭意探求中です。

  • 鈴木 高祥

    フリーランスのファシリテーター。求人広告制作職後、ワークショップ型の対話の時間に、これからのコミュニケーションの可能性を感じ、独学でファシリーターに。様々なチームに関わりながら、コミュニティの醸成の仕方を実践で学ぶ。新規事業開発型のアイデアソンや、行政・企業・NPOのワークショップなどを担当。テーマとしては、都市と地域の関係性、発酵型コミュニケーション、働き方と暮らし方の選択肢、など。『カモス会議』主宰。

もっと見る

沿革

1994年
宇宙からの眼差しで地球を感じるツールとして
「アースウォッチ(地球時計)」を企画・構想
1997年
「アースウォッチ」のワーキングモデルをNTTと共同開発
1998年
セイコーインスツルとアナログ版の地球時計「wn-1」の開発に着手
2000年
ウェブサイト公開
2001年
正式発足(2月19日=コペルニクスの誕生日!)
発足発表会(東京・ロンドン)
同時に地球時計「wn-1」の予約開始・バーゼルフェア出展
ウェブメディア「Think Daily」スタート
2002年
写真集『百年の愚行』発行
「ピースボール・キャンペーン」実施
2003年
ビジュアルブック『1秒の世界』発行
2004年
「ウォータープラネット・キャンペーン」開始
ビジュアルブック『世界を変えるお金の使い方』発行
au版携帯アプリ「live earth」開発着手
2005年
暦絵本『えこよみ』発行
au版携帯アプリ「live earth」発表・配信開始
「愛・地球博」出展
2006年
オンラインショップ「ソーシャル・デザイン・マーケット」オープン
デジタル地球儀コンテンツ「アースリウム」スタート
ビジュアルブック『気候変動+2℃』発行
「1秒の世界」テレビ特別番組放映(TBS)
2007年
ビジュアルブック『いきものがたり』発行
暦絵本『えこよみ 07-08』発行
アースコミュニケーター制度スタート
「世界を変えるお金の使い方」テレビ番組化
朝日新聞「サステナブルジャパン2007」共催
2008年
ビジュアルブック『みずものがたり』発行
書籍『地球リポート』発行
ビジュアルブック『1秒の世界(2)』発行
2009年
暦絵本『えこよみ3』発行
ビジュアルブック『たべものがたり』発行
「みずのがっこう」スタート
2010年
第10回国連生物多様性国際会議開催にあわせ
デジタルプラネタリウム映像「いきものがたり」「たべものがたり」制作
2011年
東日本大震災Think the Earth基金設立
10周年イベント「EARTHLING2011 地球人大演説会」開催
2012年
「忘れないプロジェクト」スタート
「忘れない基金」設立
トヨタ「AQUA SOCIAL FES!!」スタート
2013年
『グリーンパワーブック 再生可能エネルギー入門』発行
「グリーンパワースクール」スタート
2014年
『続・百年の愚行』発行(クラウドファンディングにて実現)
2015年
「単位展」@21_21 DESIGN SIGHTに「1秒の世界」の映像作品を展示
「百年の愚行展」@千代田アーツ3331 開催
「みずのがっこう 海編」開催
2016年
「百年の愚行展」@京都造形芸術大学ギャルリ・オーブ 開催
2017年
ウェブサイト・リニューアル
「SDGs for School」スタート