Think the Earth 気候変動+2℃
Project 013 気候変動+2℃
  この本について
  最新情報
  アクション・リンク集
  本を買う

この本について
img_気候変動+2℃

過去から現在、そして未来へと向かう分かれ道・・・

『気候変動+2℃』は、大好評の『1秒の世界』、『世界を変えるお金の使い方』に続くシリーズ第3弾。いま最も気になる話題、地球温暖化や気候変動をテーマにしたビジュアルブックです。
国立環境研究所の協力により、1950年〜2100年までの温暖化シミュレーションをフリップブック形式で掲載。パラパラめくると、わずか150年の間に地球が温暖化していく様子が手に取るようにわかります。私たちは今、未来を選択する分かれ道に立っています。そのことを考えるきっかけになって欲しいと願い、この本は誕生しました。
赤い表紙が目印です。どうぞ手にとってみてください。

2006年4月6日発行 



 本書の構成

地球温暖化シミュレーション フリップブック
国立環境研究所の全面協力により、スーパーコンピュータによる最新の地球温暖化シミュレーションが本書のメインビジュアルになりました。フリップブック形式になっているので、パラパラとめくってみてください。このまま高度成長を続けた場合、地球の未来がどのように変わっていくのか一目瞭然、視覚的にわかります。

 地球ヒストリー

50年前には、まだ環境問題という言葉はありませんでした。まだ宇宙から地球の姿を見た人すらいませんでした。わずか50年の間に人間は環境問題に気づき、グローバルな意識を持つようになり、そして今、地球温暖化という問題に向き合うようになりました。その50余年の歴史を振り返ります。

 温暖化インパクト

1℃上昇すると、珊瑚礁が白化。
1.5℃上昇すると、水不足人口が急激に増加する。
2℃上昇すると、西南極氷床が溶け始める。
3℃上昇すると、陸上の生態系に大きな影響が出る。
5℃上昇すると、メタンハイドレートが崩壊する...

 専門家による9つのコラム

- 気温上昇1℃、2℃、3℃で何が起きる?       原沢英夫
- 温暖化、鳥獣虫魚は知っている!          増田啓子
- 気候ターゲット2℃                山本良一
- 引き返すことのできなくなる時点はいつか      山本良一
- ”脱6%削減志向”への転換            ピーター・D・ピーダーセン
- 温暖化と経済損失                 岩坂健志
- どれだけ歩かなければ世界は一人前になれないのか  西岡秀三
- 気候変動とうまく付き合う方法           伊藤公紀
- 気候シミュレーションは未来へのメッセージ     江守正多

 未来を変える取り組み 14事例

デンマーク発の市民風車、畑で作る軽油代替燃料、マータイさんのグリーンベルト運動、人と車の新しい関係、環境市場の活性化、倉本聰さんが始めた富良野自然塾 など 温暖化しない未来を思い描き活動する取り組みを紹介。さぁ、後に続け!

−−− あなたは気候変動との戦いにおいて、どのような役割を果たされるのでしょ うか。温暖化と気候変動が地球全体に関わる以上、この問題に無関係な人はひとりも いないのです。−−−
山本良一 東京大学 生産技術研究所教授(本書責任編集・あとがきより) 
img_温度計
  img_気候変動:中面
定価:¥1,260(税抜価格¥1,200) A5判変型/144頁
ISBN 4-478-87108-6
発行 ダイヤモンド社
責任編集 山本良一(東京大学 生産技術研究所教授)
編集協力 独立行政法人 国立環境研究所
編集・文 Think the Earth プロジェクト

制作スタッフ

Copyright 2000-2014 Think the Earth & SPACEPORT Inc. All rights reserved.