2017年07月12日

[AQUA SOCIAL FES!!]鶴見川源流保水の森でホタルウォッチング

地球日記プロジェクト裏話お知らせ

2012年に始まったトヨタのハイブリットカー「AQUA」のプロモーションイベントである「アクアソーシャルフェス」。Think the Earthは、企画当初から運営に関わっています。フェスは今年も全国47都道府県で実施し、神奈川県・鶴見川流域での活動では、NPO法人鶴見川流域ネットワーキングの皆さんが共催しています。

6月24日(土)には、町田市北部丘陵にある鶴見川源流保水の森で、草刈りとホタルの観察を行いました。ホタル観察は、夏の風物詩とあって人気のプログラム。学生を中心に約70人もの方が参加してくださいました!

255.jpg
▲作業前に参加者全員でウォーミングアップ 

この森には、日本の国蝶であるオオムラサキを育み、雑木林に賑わいをもたらすエノキを、過去5回にわたって植えています。前半の草取りは、2014年の植樹地点が作業場所。斜面にぼうぼうと伸びるセイタカアワダチソウを根っこもろとも、ひたすら抜いていきます。参加者の作業もどんどん進み、あっという間に草取り作業は終了しました。

309.jpg
▲エノキの根本には草が生い茂っています

活動の後半、あたりが暗くなると、ホタルの観察です。観察地点では、ホタルが光るたびに「わぁ〜」という歓声があがります。開催日と出現時期のピークがぴたりと合い、たくさんのホタルを見ることができました! ふわふわと飛んで行く光はとても優しくて綺麗です。

600.jpg
▲草陰から見えつ隠れつ、ホタルの光が舞います

アクアソーシャルフェスでは、おなじ源流で2012年にホタルの幼虫を放流しました。これまでの活動を振り返ると、年々と再生していく自然の力強さと、続けていくことの大切さを実感します。

218.jpg
▲ホタルの幼虫の放流は、2012年4月に行いました

ホタルは年々、倍々に増えているそうです。来年はどうなるのか楽しみですね!


自然に囲まれた活動の機会を作ってくださるトヨタマーケティングジャパンや、日頃から鶴見川流域で様々な作業を行っていらっしゃる鶴見川流域ネットワーキングの皆さんの努力に、あらためて敬意と感謝の気持ちを感じました。

鶴見川第2回は、10月に中流でのプログラムを予定しています。ご興味のある方は是非、公式ページからチェックしてみてください! 今回の詳しい活動レポートも、アクアソーシャルフェスの公式ページで見ることができます。
http://aquafes.jp/top/(トップ)

(松本)

この記事へのリンク

1