thinkFace
thinkEye

考える、それは力になる

contents

2017.01.30 | イベント情報

セミナー&サロン 第31回 「ファシリテーショングラフィック〜議論の本質を可視化する」ゲストは清水 淳子さん@代官山2月22日開催!

Thinkくん
Thinkくん 今年もセミサロ始まるよ!

セミナー&サロン始まります

第31回 「ファシリテーショングラフィック〜議論の本質を可視化する」 /清水 淳子さん

毎年ご好評を頂いているセミナー&サロン(略してセミサロ!)は、今年もテーマを「アースコミュニケーション」として開催します。本シリーズはNPOや企業で働くひと、クリエイター、学生などが参加し「Think the Earth な視点」を共に学び、交流する場として、2001年にスタートしました。第31回目のゲストはTokyoGraphicRecorderの清水 淳子さんをゲストに迎えます。

最近よく聞くファシリテーショングラフィック(略してファシグラ)という言葉。一般的には、会議や対談、討論会などの話し合いの場で、参加者の意見を絵や図にすることで参加者の認識を合わせる手法として、今、世界に広がっています。

今回は、議論を可視化する活動「Tokyo Graphic Recorder」をいち早く始め、今やトークイベントなどでひっぱりだこの清水淳子さんに講師をお願いしました。清水さんは、ヤフー株式会社でUXデザイナーとして働く一方で、カンファレンスや企業の戦略会議でのファシリテーショングラフィック、雑誌の対談内容のビジュアル化、などいくつもの現場を経験しています。リアルタイムに、正確に、そして時に登壇者の心の声をも絵にしてしまう清水さん。いつもどんな風に現場の空気や参加者の声を聞いているのでしょうか?

ファシリテーショングラフィックは単純に会議の内容を記録して共有するだけではありません。その場のコミュニケーションをより円滑にしたり、疑問を投げかけたり、活性化したり、など目には見えない様々な効果があります。

今回のセミナーでは、清水さんが普段どのように情報整理を行い、グラフィックに落としているのか、その過程で大切にしていることや、可視化によって起こる現場の変化などについて、お話いただきます。また、当日は参加者のみなさんと一緒にファシリテーショングラフィックを体験するミニ・ワークショップも予定しています。どうぞお楽しみに!

※発売されたばかりの清水さんの新書「Graphic Recorder ―議論を可視化するグラフィックレコーディングの教科書」についてもご紹介!会場でも購入できます。

清水 淳子(しみず じゅんこ)さん

〜1986年生まれ、多摩美術大学情報デザイン学科卒業。様々なデザイン業務を行う中で、グラフィックによる議論の可視化の効果に興味を持ち2013年3月TokyoGraphicRecorderとして活動開始。同年Yahoo!JAPAN入社。データ&サイエンスソリューション統括本部で、ユーザー体験を定量評価し、改善に結びつける業務を行う。またグラフィックレコーディング黒帯として研究と実践を続ける。
http://tokyo-graphic-recorder.com/

お申込方法

2017年2月22日(水)

受 付  19:00~
セミナー 19:30~21:00
交流会  21:00~22:00

場 所

SodaCCo STUDIO
〒150-0034 東京都渋谷区代官山町9-10 SodaCCoビル1階
★JR渋谷駅 南口から12分/東急東横線 代官山駅から7分
※会場の都合上、なるべく時間通りにお越しくださいますようお願い申し上げます

参加費

セミナー&交流会(3,000円)
セミナーのみ(2,000円)
※交流会はドリンクと簡単な料理をご用意いたします。
※アースコミュニケーター会員と学生の方は半額になります。

定員

約30名(定員に達し次第、締め切りとさせて頂きます。)

事前登録制です。下記申込みフォームよりお申し込み下さい。

みんな来てね!