2016年10月06日

未来の働き方を考える 〜おもいやりの"スイッチ"を入れる人を増やす〜

プロジェクト裏話おすすめ infoお知らせ

自分の中で、新しい時間軸と関係のフレームが再構築された。

これからの働き方、企業に所属しながらの複業に関心がある人が増えている。
今回のラウンジスイッチでは、会社員でありながら、社会との関係に目を向け、仕事(会社)だけにとらわれない生き方を提案している一般社団法人Work Design Lab代表の石川貴志さんをゲストに、参加者と共にこれからの働き方を模索した。

0920-1.jpg

石川さんは、1978年広島生まれの38歳。現在、企業の経営企画室で働きながら、社外活動も含め7枚の名刺を持ちながら様々な活動をしている。3児のパパだ。奥さんも、働きながら、社外活動もしている。石川さんが仕事以外に目を向けようと思ったきっかけは2つある。

0920-2.jpg

ひとつは、32歳の時、子供が生まれ「父」になったこと。「今まで、自分中心だけの社会構造だった世界観が『親--自分--子供』という新たな時間軸の関係性ができ、子供に何を残せるかを考えるようになりました。それは短期的なことではなく、100年後の他人事が自分事に変わるという意識の変化になり、地域に関わりたいと思い始めたんですよね」。石川さん自身、『社会性が増した』と笑いながら話す。

もう一つは、その考えのもと、社外活動のひとつとして関わった「SVP東京」の存在だ。簡単に言えば、士業の人を中心にお金を出し合い、これからの社会に必要な団体に、お金と知恵を投資していくシステム。最近では多くのサラリーマンも参加しており、プロボノの上級編と言ってもいいかもしれない。社会課題を解決させていく事業を育て、社会にインパクトを与えていくやり方に石川さんの意識もどんどん社会性を増し、自身が実現したい活動への一歩を踏み始めていった。

石川さん自身が家族を持ち、会社以外の時間でも「未来」を考えるようになり、いままで希薄だった自分の中の「家族」・「社外コミュニティ」・「企業」・「地域」のフレームが新しくカタチ作られていったのだ。


今は、会社をやめなくても面白いことができる。

「スイッチの入った人を応援したいんですよ」。熱量高く、けど爽やかに話す石川さんのメッセージは次のことだ。「例えば、個人に想いがあって仕事をしているけど、そのやり方や成果は会社の通常ルールからするとNGで怒られる。けど、社会的側面からすると、とても必要でいいこと言っているケースってないですか?新しい事業開発や、未来のコミュニケーションを作り出す際によくあり、会社のリソースを活用しながら、どうやって実現できるかに悩む人が多くいるはず。そういった会社を辞めずに社会にいい活動を行う人を応援したいんです。」

0920-3.jpg

また、考え方の整理として次のようにも語る。「Work(仕事)、Life(家庭)、Social(社会)の3つの枠が重なるポイントに継続的で、現実的な個人の理想的な活動があります。想いが先行しすぎると、経済的に成り立たなくなるケースも多いため、個人だけ応援していくのではなく、関係性を見ながら解決していくことが大切なんです。いまそれをしている一部の企業人が、自分がやりたいことをきちんと会社の利益を考えて実行している人が出てきていると思います。」

企業・組織の枠を越えていき、一緒に解決していく時代がいま既に起きている。石川さん自身も、運営するWork Design Labの始まりである『働き方と組織の未来ダイアログセッション』を通じて、本業を活かしながらいまのあらゆる活動つなげている。


働き方の未来は、個人と組織の関係性にある。

Work Design Labのビジョンは『イキイキと働く大人で溢れる社会、そんな大人をみて、子どもが未来に夢を描ける社会を創る』こと。

活動のひとつである『働き方と組織の未来ダイアログセッション』では、まずは社会と会社の今を知ることで、参加者に勇気と気付きを生みだす場を作っている。様々なゲストを呼び、事例を知れることもあり平日夜開催にも関わらず100名以上集まる回も少なくない。場の特徴として、企業側と個人側で、"ルール違反者"のゲストを呼ぶ。(※違反者とは時代に必要で新しいコトに挑戦している人を指し、現状の会社ルールが合わなくなっていることを指す)。

「働いていて、個人のミッションと組織のミッションのバランスが完全に一致するケースってどれだけ多いでしょうか(笑)。お互いが描くイメージの円が一緒に重なればハッピーですけど、ズレ続けると、個人は転職したくなり組織との距離が遠くなっていきます。長い期間会社で働いている人は苦労をした経験は見に覚えはないですか?」会場の参加者はドキリとしつつ、深く頷く。

もうひとつの活動として、サラリーマンイノベーターネットワークがある。これはオープンな対話の場ではなく、出会いの中で知り合った各企業のイントレプレナー同士を引き合わせ、事業を起こしやすい仕掛けを研究していく場だ。まずは、フレンドリーな研究の場から事前に一緒に考え、お互いにいい時期になったら正式な事業として、きちんとした段取りや許可を取って会社のリソースを使いビジネスとして実現していく。会社を辞めずに、会社にも個人にも社会にも利益をもたらす準備と言い換えても良いかもしれない。まさに所属する会社との関係性を継続させながら、自己実現させるためのやり方だ。また、基本的には人事やCSR部の人に声をかけ、組織としての新しい挑戦として社会に同じタイミングでコトを仕掛けようとしているのが面白い。


複業を成立させるための"個人の法人化"とは?

活動から3年が経過して社会が変わってきたと石川さんは語る。石川さんのように企業で働きながら社会に貢献したい人が増え、働き方の変化が個人と組織間で起こっているようだ。「主観ですが、個人の変化では、ライフワークバランスのように、個人の時間のコントロールをしたい人が増えているんじゃないかと思います。一方で、組織の変化では、パフォーマンスが高い社員ほど、社会貢献の場に参加することが多く、個人にとって利用価値の高い「場」として会社が機能しないと人材流出する可能性が増えている。両方の立場に立って考えることがこれからは必要ですが、個人がやりたいことを実現するためには、企業と個人のWhat/How/Why の3重円を行ったり来たりして考え、その人の根本的な考え方のWhyを共有することが仕事をする上でとても大事になってくると思います」。

0920-4.jpg

石川さんは、会社というコンセプトを手放し、新しい組織の雛形をつくることで、「個人の法人化」が成立し、人材の適材適所や業界を超えたスキル共有が、これからのキーワードとなってくると見ている。

また、個人だけのメリットだけを考えるのではなく、変化と成長をするには、場に貢献し育てていくことがやはり大切であることが前提であることも、しっかりと語る。「幸せの価値観の多様化があるからこそ、うまくいかないこともあるし、思い通りにならないこともたくさんあります。でもそこをしっかり向き合うことで自分が成長させられるんだなと実体験として感じています。自己の主体性と他者との関係性を考えながら行動する。これがこれからの働き方と複業のヒントになると思っています」。

石川さんの実体験を元に、なぜ今それをするのかというWhyの部分の話は、同世代の参加者や組織での管理クラスにも大きな共感があり、後半のスイッチトークも大いに盛り上がった。今後の個人と組織の関係性について、興味があれば、ぜひWork Design Labの場に参加してみたらいかがだろうか。働き方の新しいスイッチが、きっとONになるに違いない。

(推進スタッフ 鈴木高祥)

0920-5.jpg


この記事へのリンク

2016年05月18日

百年の愚行展@京都 会期は5月22日まで!

プロジェクト裏話おすすめ infoお知らせ

みなさん、ゴールデンウィークはどこかお出かけされましたか?今年は大型連休をとって、旅行に行った人も多かったのではないでしょうか。

私は、4月29日から「百年の愚行展」がオープンすることもあり、ゴールデンウィークの数日前から京都にいました。(と言っても、京都造形芸術大学に入り浸る毎日でしたが。笑)

今回の会場である京都造形芸術大学ギャルリ・オーブはとても広く、最初の設営は、パネルを動かして、壁を作ることからスタートしました。京都造形芸術大学の学生さんたちと一緒に、水平出しや作品の設置、ライティングまですべて自分たちの手で会場を作り上げました!(大変だった〜)こうして無事にオープン出来たことを、嬉しく思います。ぜひ、この機会に遊びに来て下さい。

「愚行展は見たいけど京都まで行けない!」という方もいますよね。
そこで、百年の愚行展@京都を詳しくご紹介したいと思います。

愚行展@京都1.JPG
こちらが会場のある京都造形芸術大学。とてもキレイな校舎で、夜遅くまで学生さんがラウンジに集まっていました。

gukou@kyoto2.JPG30段の階段を上がって左手に見える人間館に入ります。

gukou@kyoto3.JPG入口をまっすぐ進むと、看板が見えます。こちらを右に曲がると・・・

gukou@kyoto4.JPG着きました!ギャルリ・オーブです。

gukou@kyoto5.JPG看板やパネルも学生さんたちに手伝ってもらい、作りました。

gukou@kyoto6-1.JPG挨拶パネルは日英両方表記しています。

書籍『百年の愚行』は10章で構成されています。「海・川・湖沼」「大気」「森・大地」「動物」「大量生産・大量消費」「核・テクノロジー」「戦争」「差別・迫害」「難民」「貧困」。本展では、書籍に納められた100点の写真の中から92点を選び、章ごとにまとめて展示しました。

gukou@kyoto6-2.jpg最初の章「water(水)」です。

gukou@kyoto7-1.JPG「WATER(水)」の章は9枚の写真を展示しました。

gukou@kyoto8.JPG最初の展示ゾーンの全体図。壁に沿って、写真をみていきます。

gukou@kyoto9.JPGこちらは4番目の章「ANIMAL(動物)」の写真です。

gukou@kyoto10-1.JPG2番目の展示ゾーン。ここのスペースが一番広く、空間を贅沢に使って展示ができました。

gukou@kyoto10-2.JPG書籍も読めるように、展示してあります。

gukou@kyoto11.JPG2番目の展示ゾーン。

書籍『続・百年の愚行』は、21世紀の愚行を表す7つの章、「戦争・紛争」「弾圧・迫害」「差別・暴力」「貧困・格差」「メディア・情報」「環境・エネルギー」「核・原発」に序章と終章を加えた9つの章で構成されています。今回の展示では、『続・百年の愚行』に収録された約50点の写真をスクリーンに映し出しました。

gukou@kyoto12.JPG最後の展示ゾーン。一番奥のスクリーンで『続・百年の愚行』の写真が映しだされます


そして最後は、ゴアレーベンのポスターを展示しています。ゴアレーベンは北西約150kmに位置するドイツ北部の小さな町です。1977年、この村に核廃棄物最終処理センターを設置する計画が発表されました。住民たちは反対の意志をポスターによって訴え続けました。そして、2013年に計画は中断となりました。

gukou@kyoto13.JPGゴアレーベンのポスターは全部で20点、展示しました。


gukou@kyoto14.JPG原発はいらない!という強いメッセージが感じられます。


会期は残りあと数日です。ぜひ、たくさんの方に見て頂きたいと思います!

また、明日5月19日から21日の3日間は、『続・百年の愚行』の寄稿者でもある京都大学総長の霊長類学者、山極壽一さんをはじめ、マエキタミヤコさんやChim↑Pomリーダーの卯城竜太さんなど、多彩な顔ぶれが登場します。トークイベントは予約不要・入場無料なので、期間中に京都を訪れることがありましたら、ぜひお立ち寄りください。

◎スペシャルトーク
愚行の時代の文化と芸術

日時:2016年5月20日(金)18:00-19:30(先着順)
会場:京都造形芸術大学ギャルリ・オーブ
料金:無料
出演:山極壽一(霊長類学者。京都大学総長)×尾池和夫(地震学者。京都造形芸術大学学長)
司会:齋藤亜矢(芸術認知科学研究者。京都造形芸術大学文明哲学研究所准教授)

◎ギャラリートーク
サステナビリティと文明

日時:2016年5月19日(木)18:00-19:30(先着順)
会場:京都造形芸術大学ギャルリ・オーブ
料金:無料
出演:マエキタミヤコ(コピーライター、クリエイティブディレクター。「サス
テナ」代表)×浅利美鈴(京都大学地球環境学堂 準教授)×小野塚佳代(京都造形
芸術大学大学院生)
司会:田中 勝(アーティスト、芸術平和学研究者。京都造形芸術大学文明哲学研
究所准教授)

◎ギャラリートーク
愚行と狂気の時代に ーーアーティストができること

日時:2016年5月21日(土)15:00-16:30(先着順)
会場:京都造形芸術大学ギャルリ・オーブ
料金:無料
出演:高山 明(演出家、アーティスト。Port B主宰)×卯城竜太(アーティスト。
Chim↑Pomリーダー)
司会:小崎哲哉

百年の愚行展@京都

会場:京都造形芸術大学ギャルリ・オーブ
   →京都市左京区北白川瓜生山2-116
期間:2016年4月29日(金)~5月22日(日)
時間:11:00-18:00(期間中無休)
料金:無料

(笹尾 実和子)

この記事へのリンク

2014年12月08日

otto & orabuに魂をもっていかれた

プロジェクト裏話

ひさびさにココロを揺さぶられる体験をしている。

12月5日、念願のotto&orabuのライブに行くことができた。
日本科学未来館の巨大地球儀の下で行われたそのライブは、
もう、すごいの一言。それ以外の言葉は出てこない。
東京での演奏は初めてということもあり、
立ち見も含めて500人が参加する大盛況ぶりが、
その注目度の高さを窺わせる。

実は11月に、その母体である
鹿児島の障害者支援センター「しょうぶ学園」を
地球リポートの取材のために訪れていたのだ。

園長の福森伸さんに、施設の案内をしていただき、
「しょうぶ学園」のコンセプトや空間デザイン、
そこで出会う人たち、彼らから出てくる表現、
ことごとく、ただただ度肝を抜かれることばかりだったのに、

こんどは、otto&orabuの音とリズムが、
言葉にできずに呆然としているままの僕の身体を
新たな感動として、地の底から脳天に向かって
突き抜けていくような体験だった。

魂が揺さぶられるというのはこういうこと?
音を鳴らす楽しさってこういうこと?

(過去の演奏映像はこちらで見られます。でもライブ体験にはかなわない、、)
https://www.youtube.com/watch?v=CW0wkgMgAzc

UED_8350.JPG
入り口近くのパン屋さんの店の前。毎日更新されている黒板テキストが、訪れた人を「しょうぶ学園」の世界に迎え入れてくれる

言葉にならない。
いや、言葉(概念)で説明しようと脳を動かせば動かすほど、
「しょうぶ学園」やotto&orabuから受ける衝撃が薄らいでしまう。
だから、もう考えないでおこうと思いさえする。

「問題はたくさんあるけれど、迷いは無い」
と福森さんはインタビューの最後に仰っていた。

その境地に達するまでにどれほどの時間がかかったか、
想像を絶するけれど、otto&orabuの音を聞いていて、
ほんとうの人間とはなにか、ほんとうの社会とは何か、
まっすぐな姿を映し出されて清々しい気持ちになった。

IMG_1075.JPG
otto&orabuを率いる園長の福森伸さんは、園内どこへ行ってもみんなの人気者

詳しい話は次回の地球リポートをお楽しみに!

(上田壮一)

この記事へのリンク

2014年03月31日

写真で世界一周の旅!Think the "Earth Day" Party 2014

プロジェクト裏話おすすめ infoお知らせ

こんにちは、曽我です。
東京では桜の満開宣言が出たと思ったら、春の嵐が吹き荒れてせっかくの桜が散ってしまわないかと心配ですね。。私は関西出身なんですが、地元にいる頃から東京の開花宣言は早いなぁと思っていて、今年も4月に入る前に満開宣言が出たので、6年住んでいますが今だにビックリしています。

さて、明日で4月に入りますが、Think the Earthは4月22日アースデイの日に毎年恒例になったThink the "Earth Day" Partyを開催します!

earthdayparty.jpgThink the "Earth Day" Party2013の様子

今年のThink the "Earth Day" Partyも皆さんに楽しんで頂きたいと思い、アースデイ当日は楽しく地球を感じることができたらいいなと思い、Think the Earthのスタッフでいくつかプログラムを考えました。その内のひとつ、「みんなでつくる"世界(日本)一周写真の旅"」の内容をご紹介させて頂きます。

タイトルに「みんなでつくる」と入っていますが、参加される皆さまから世界(日本)を旅した中で、残したい風景、感動した景色、出会った人々、貴重な植物...などの写真を募集し、集まった写真を地図を使いながらぐるっと世界一周の旅をしている気分でご紹介させて頂こうと思っています。

そこで一足先にThink the Earthのスタッフで作る世界一周写真の旅!をご紹介させて頂きます。

では日本からスタートです!
どこがスタートがいいかなと考え、日本昔ばなしに出てきそうな風景が残っていた岩手県遠野市から出発したいと思います。

iwate3.jpg岩手県遠野市 日本昔ばなしに出てきそうな風景に心が奪われました。2011年9月(曽我)

まず最初に向かったのは、日本から南に進み赤道を越えた場所に位置するインドネシアのバリ島です!

bali.jpgインドネシア バリ島 お盆を迎えるバリ島の家々。町中で紅白の国旗がはためいていました。2013年8月(長谷部)

kechak.jpgバリ島の伝統的な男性合唱と呪術的な舞踊。60人くらいの男性が「ケチャケチャ」という独特の掛け声とリズムで行うもの。2013年8月(長谷部)

インドネシアの舞踊は写真でみてもすごい迫力ですね。バリ島はリゾートのイメージがあったのですが、行ってみないとその場に根づいている伝統的な文化を知ることはなかなか出来ないんだなぁと改めて感じました。

つぎに向かったのは、インドネシアから西に進みインド洋を越えた先にあるアフリカ大陸のジンバブエです。

victoriafalls.jpgジンバブエ ビクトリアフォールズ 空からビクトリアフォールズを眺めました。2006年9月(山口)

空からの圧巻の風景!けど、私は怖くて乗れそうにありません。。。

つぎにアフリカ大陸を北上して向かった先はヨーロッパです!

firenze.jpgイタリア フィレンツェ ウフィツィ美術館から見たアルノ川 2011年3月(インターン高木)

milano.jpgミラノのドゥオーモ 2011年3月(インターン高木)

イタリアは行ったことはありませんが、ドゥオーモは何度か写真や映像で見たことがあります。ヨーロッパの大聖堂はすごい迫力ですね!イタリアは一度は行ってみたい国のひとつです。

さて、つぎに向かったのはカナダ。

niagarafalls.jpgカナダ ナイアガラフォールズ 圧倒的な水の力を感じるナイアガラの滝。アメリカ側にある風の洞窟まで行くと、滝に打たれることもできますよ! 2013年7月(笹尾)

vancouver.jpgカナダ バンクーバー大自然と近代的なビルが共存する街、バンクーバー。都会のすぐ近くに海も山も両方あって、夏は本当に涼しい!  2013年7月(笹尾)

ナイアガラの滝も写真や映像ではみたことがありますのが、こちらもすごい迫力!身近に行ったことがある人から聞くお話はリアルなので写真をみたときに迫力が増しますね。この船が滝に飲み込まれるんじゃないかと心配です。。笑

最後に向かったのはハワイ!

haleakala.jpgハワイ マウイ島ハレアカラ山 ハレアカラをテーマにしたフラソングがたくさんあります。本当に美しい朝日でした。2013年10月(曽我)

そして、ただいま日本!

tokyoshibuya.jpg東京都渋谷区 オフィス近くの桜も満開です!2014年3月31日(曽我)


Think the Earthのスタッフで旅する世界一周でしたが、全員ではないのにこのボリューム!皆さんから集めたらもっと色んな場所に立ち寄って楽しい旅になるんだろな、と今からワクワクしています。

以下、Google mapでみんなが行った場所をポイントにし、線と線で繋ぎました。まさに世界一周の旅ですね!画像をクリックすると拡大するのでぜひ見てみてください。

travelmap.jpg※地図をクリックすると拡大します  By google map地図へのリンク

このようにThink the "Earth Day" Party当日は皆さんから送っていただいた写真で世界一周の旅にでかけたいと思いますので、こちらもプログラムも楽しみに当日ご参加ください!

当日の参加方法は以下のURLに記載しています。皆さまのご参加をお待ちしています!
http://www.thinktheearth.net/jp/info/2014/03/party2014.html

(曽我 直子)

この記事へのリンク

2014年02月03日

再エネに挑む小学生パワー!

プロジェクト裏話理事からのメッセージ

みなさん、こんにちは。
Think the Earth理事メンバーがスタッフブログに登場するコーナー、
第9回目は上田壮一理事の登場です。

理事のみなさんの紹介はこちら
http://www.thinktheearth.net/jp/about/organization/index.html
---------------------------------------------------------------------------------

小学生のパワーがすごい! と実感する半年でした。

『グリーンパワーブック 再生可能エネルギー入門』の編集にあたって、本の編集段階で東京学芸大学附属世田谷小学校6年生のクラスが「再エネ」の授業を行ってくれました。この時に実際の授業を通して先生と議論したことが、本の編集でもとても役に立ちました。

どんな授業内容だったかというと、最初の授業で、再エネの概要を先生が教えた上で、5つの再生可能エネルギーチーム(太陽光、風力、バイオマス、小水力、地熱)に分かれます。そして、学校祭でそれぞれのチームが勉強の成果をパネル展示し、来場した父兄や下級生からの投票で順位を競うという仕掛け。

当日の午前中は子どもたち自らがシナリオを書き、演出した劇を披露し、教室での発表に誘導、投票を呼びかけます。この劇がよく考えられていて、メッセージ性もありながら、笑いもあり、突如みんなでAKB48の「恋するフォーチュンクッキー」を踊っちゃうエンターテインメント性もあり、その構成・演出力に驚かされっぱなし。

競争があること、発表の舞台があることで、子どもたちのモチベーションも高く、パネルの前では大人顔負けのプレゼン。ちょっといじわるな質問を大人がしても、しっかり勉強したために、怖じ気づかずに答えていました。

この授業のアイデアを考えた担任の沼田先生の力が計り知れず大きいのですが、いったん心に火がついた子どもたち自身の成長ぶりは、目を見はるものがありました。

この授業の成果は、年末に行われたエコプロダクツ2013の「グリーンパワーブース」に組み込まれることになります。資源エネルギー庁からエネルギー大使として任命され、手作りのパネル前でのプレゼンテーションと寸劇を、今度は学校関係者ではなく、一般の大人たち(来場者たち)に向けて行うという一段高いハードルを与えられ、これも見事に、そして一生懸命にクリアしてくれました。

それぞれの子どもたちが見せてくれた素晴らしい熱意とパフォーマンスに、こころからのありがとう!を贈りたいと思います。

ecopro2013.jpg

さらに先週、さいたま市立道祖土(さいど)小学校に行ってきました。
『グリーンパワーブック』の寄贈プログラムにご応募いただいた横須賀先生から、
6年生の理科の授業で使うから見に来ませんか? というお誘いをいただいたのです。

グリーンパワーブックの目的は本を作ることではなく、本を通じて
エネルギー教育に熱心な先生とのつながりを作っていくことです。
その最初の機会となる貴重な見学でした。

授業の内容は、ペットボトルを使った風力発電機を工作で作り、その仕組みを学ぶこと。続いて映像を視聴し、本を読んで、これからの日本のエネルギーはどうあるべきか、などの話し合いをするもの。

子どもたちは感想文に「今後、役立てることがあったら、何か手伝いたい」、「楽しくて、しかも環境にいいものがたくさん作られるといいな」など前向きな気持ちを多く寄せてくれました。

DSC_5469.JPG

ほかにも、現在応募いただいている学校はさまざまで、総合学習、理科、社会科などの授業で使われるほか、なかには英語の授業で使う先生も! 授業の進め方も千差万別、それぞれの先生が工夫を凝らして取り組んでいる様子が伝わってきます。

現在も希望校に寄贈するプログラムは継続中です。
ぜひご応募をお待ちしています。

学校寄贈プロジェクトリーフレットはこちらから

学校や地域で再生可能エネルギーの学びの場をどのようにつくっていくのか、これから先生たちとも対話を重ねて、じっくり考えて行きたいと思っています。
(上田壮一)

DSC_5552.JPG

この記事へのリンク

1234567891011