thinkFace
thinkEye

考える、それは力になる

contents

17の目標を知ろう!

このページは書籍『未来を変える目標 SDGsアイデアブック』と連動しています。

goals03

目標 3
あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確実にし、福祉を推進する

ターゲットと指標

具体的な目標

3.1

2030年までに、世界の妊産婦の死亡率を出生10万人あたり70人未満にまで下げる。

指標
3.1.1

妊産婦死亡率

3.1.2

専門技能者の立ち会いの下での出産の割合

3.2

2030年までに、すべての国々が、新生児の死亡率を出生1000人あたり12人以下に、5歳未満児の死亡率を出生1000人あたり25 人以下に下げることを目指し、新生児と5歳未満児の防ぐことができる死亡をなくす。

指標
3.2.1

5歳未満児死亡率

3.2.2

新生児死亡率

3.3

2030年までに、エイズ、結核、マラリア、顧みられない熱帯病(※6)といった感染症を根絶し、肝炎、水系感染症、その他の感染症に立ち向かう。

指標
3.3.1

非感染者1,000人当たりの新規HIV感染者数(性別、年齢及び主要層別)

3.3.2

10万人当たりの結核感染者数

3.3.3

1,000人当たりのマラリア感染者数

3.3.4

10万人当たりのB型肝炎感染者数

3.3.5

「顧みられない熱帯病」(NTDs)に対して介入を必要としている人々の数

3.4

2030年までに、非感染性疾患による若年層の死亡率を予防や治療により3分の1減らし、心の健康と福祉を推進する。

指標
3.4.1

心血管疾患、癌、糖尿病、又は慢性の呼吸器系疾患の死亡率

3.4.2

自殺率

3.5

麻薬・薬物乱用や有害なアルコール摂取の防止や治療を強化する。

指標
3.5.1

物質使用障害に対する治療介入(薬理学的、心理社会的、リハビリ及びアフターケア・サービス)の適用範囲

3.5.2

1年間(暦年)の純アルコール量における、(15歳以上の)1人当たりのアルコール消費量に対しての各国の状況に応じ定義されたアルコールの有害な使用(ℓ)

3.6

2020年までに、世界の道路交通事故による死傷者の数を半分に減らす。

指標
3.6.1

道路交通事故による死亡率

3.7

2030年までに、家族計画や情報・教育を含む性と生殖に関する保健サービスをすべての人々が確実に利用できるようにし、性と生殖に関する健康(リプロダクティブ・ヘルス)を国家戦略・計画に確実に組み入れる。

指標
3.7.1

近代的手法によって、家族計画についての自らの要望が満たされている出産可能年齢(15~49歳)にある女性の割合

3.7.2

女性1,000人当たりの青年期(10~14歳;15~19歳)の出生率

3.8

すべての人々が、経済的リスクに対する保護、質が高く不可欠な保健サービスや、安全・効果的で質が高く安価な必須医薬品やワクチンを利用できるようになることを含む、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)(※7)を達成する。

指標
3.8.1

必要不可欠な保健サービスのカバー率(一般及び最も不利な立場の人々についての、生殖、妊婦、新生児及び子供の健康、感染性疾患、非感染性疾患、サービス能力とアクセスを含む追跡可能な介入を基にした必要不可欠なサービスの平均的なカバー率と定義)

3.8.2

家計の支出又は所得に占める健康関連支出が大きい人口の割合

3.9

2030年までに、有害化学物質や大気・水質・土壌の汚染による死亡や疾病の数を大幅に減らす。

指標
3.9.1

家庭内及び外部の大気汚染による死亡率

3.9.2

安全ではない水、安全ではない公衆衛生及び衛生知識不足(安全ではないWASH(基本的な水と衛生)にさらされていること)による死亡率

3.9.3

意図的ではない汚染による死亡率

実施手段

3.a

すべての国々で適切に、たばこの規制に関する世界保健機関枠組条約の実施を強化する。

指標
3.a.1

15歳以上の現在の喫煙率(年齢調整されたもの)

3.b

おもに開発途上国に影響を及ぼす感染性や非感染性疾患のワクチンや医薬品の研究開発を支援する。また、「TRIPS協定(知的所有権の貿易関連の側面に関する協定)と公衆の健康に関するドーハ宣言」に従い、安価な必須医薬品やワクチンが利用できるようにする。同宣言は、公衆衛生を保護し、特にすべての人々が医薬品を利用できるようにするために「TRIPS協定」の柔軟性に関する規定を最大限に行使する開発途上国の権利を認めるものである。

指標
3.b.1

各国の国家計画に含まれる全てのワクチンによってカバーされている対象人口の割合

3.b.2

薬学研究や基礎的保健部門への純ODAの合計値

3.b.3

持続可能な水準で、関連必須医薬品コアセットが入手可能かつその価格が手頃である保健施設の割合

3.c

開発途上国、特に後発開発途上国や小島嶼開発途上国で、保健財政や、保健人材の採用、能力開発、訓練、定着を大幅に拡大する。

指標
3.c.1

医療従事者の密度と分布

3.d

すべての国々、特に開発途上国で、国内および世界で発生する健康リスクの早期警告やリスク軽減・管理のための能力を強化する。

指標
3.d.1

国際保健規則 (IHR) キャパシティと健康危機への備え

出典:SDGsとターゲット新訳/指標:総務省仮訳 (※6)顧みられない熱帯病:おもに熱帯地域で蔓延する寄生虫や細菌感染症のこと。 (※7)ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC):すべての人々が、基礎的な保健サービスを必要なときに負担可能な費用で受けられること。

書籍で紹介した活動

  • 母子健康手帳

    母親と子どもの健康を記録し、必要な知識を得るための母子健康手帳の仕組みは、世界に先駆けて日本で始まったもの。母子への継続したケアに役立つ可能性があると注目され、現在世界約40ヵ国に広がっている。

  • ” alt=”ジップライン”>
    ジップライン(英語)

    アメリカのベンチャー企業Ziplineがルワンダで始めた、ドローンを使って医薬品や血液を必要なところへ届ける事業。ドローンは壊れても簡単に修理でき、燃料費や機材費が安く、このアイデアに多くの投資が集まった。

この目標の動画をSDGs.TVで見る

sidebar

17の目標

  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • 未来を変える目標  SDGsアイデアブック
  • ティーチャー登録
  • 学生のみなさんへ
  • 企業・自治体の方へ
  • Think the Earthのとしょかん
  • ウェブマガジンthink
  • 映像教材を貸し出しています

17の目標

  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon

パートナー

  • SDGs.TV