thinkFace
thinkEye

考える、それは力になる

contents

ティーチャーズ・ギャザリング2020

 毎年大好評のティーチャーズ・ギャザリングですが、今年はコロナ禍ということもあり、オンライン開催になりました。リアルな対話の場がつくれないことは残念ですが、オンラインにすることで、全国の先生が気軽に参加でき、参加人数が会場の広さに左右されないことは大きなメリットだとも思っています。例年2日間のプログラムですが、今年は1日のプログラムとさせていただきます。
 今年のテーマは
 「予測不可能時代(コロナ・気候変動・society5.0 etc)に行動者をつくる教育とは?」
としてみました。
持続可能な社会に向けて「企業やNPO、地域はどんな活動をしているのか?」「実社会と学校がつながる教育はどのように実践すれば良いのか?」などの問いを、みなで考える場にしたいと思っています。

 午前のインプットの時間から豪華なスピーカーが揃いました。国連広報センター所長の根本かおるさんからは、昨年9月のSDGsサミットで「行動の10年」が採択され、コロナ禍に大きく影響を受けるSDGsの今についてお話いただけると思います。日本環境設計は知る人ぞ知る社会課題ソリューションの最先端企業です。すでに地上にある化石燃料を燃やしてCO2を排出するのではなく、ケミカルリサイクルという手法で循環させ、サーキュラーエコノミーの実現に向けて邁進されています。岩元美智彦さんのインタビューはこちらから! ジャパンSDGsアワード(内閣総理大臣賞)を受賞したことでも知られる北海道下川町は、豊かな森を持続的に次世代につないでいく見事な工夫をしている自治体です。 行動する学生たちからの魅力あふれる活動報告もあります。
みなさんぜひふるってご参加ください!

ティーチャーズ・ギャザリング2020 プログラム(予定)

対象:教員ほか「学びの場」をもっている方、教育に関心がある方
(学生の参加を希望される方は、お問い合わせください)

peatix 申込みページ ※一部だけの参加や耳だけ参加もOKです!

2020年8月8日(土)

1)午前の部(主にインプットの時間)

9:45 受付
10:00~10:10 主催者からのメッセージ(山藤旅聞、山本崇雄、上田壮一)
10:10~10:40 1)講演 SDGsと教育 国連広報センター所長 根本かおるさん
10:40~11:10 2)講演 企業の取り組み 日本環境設計 取締役会長 岩元美智彦さん
11:10〜11:40 3)講演 地域の取り組み 北海道下川町 政策推進課 和田健太郎さん/未来の学びコーディネーター 本間莉恵さん
11:40〜12:10 4)報告 学生の取り組み やさしいせいふく、エコマ、ボルネオオンラインスタディツアー
12:10〜12:30 まとめ

2)ランチタイム

12:30〜13:30 休憩(ランチタイム) ランチは各自ご用意ください。
※13:00〜13:30 希望者のみ小グループに分かれて、午前の振り返りやQ&A、雑談など自由に

3)午後の部(実践報告と対話の時間)

13:30〜13:50 報告と呼びかけ SDGs Quest みらい甲子園/169ターゲットアイコンプロジェクト 水野雅弘さん(SDGs.TV)

13:50~15:10 報告 学校現場での実践(4校)
 庄子博之教諭(調布市立多摩川小学校)
 尾之内童教諭(光ヶ丘女子高等学校)
 西村吉史教諭(宮城県仙台第三高等学校)
 山藤旅聞教諭/奥津憲人教諭(新渡戸文化学園)
15:15~16:15 対話 ブレークアウトルーム 25分×2回
16:15~16:45 全体会+SDGs for Schoolユースメンバー制度の紹介
16:45 いったん閉会

<学生の部>

閉会後に学生だけが集まって対話する場を予定しています。大人も見学参加可能です。当日URLをご案内します。

17:00~18:00 ユースの活動紹介とユースメンバー制度の紹介、SDGs for Schoolのこれからについて
やさしいせいふく、サステナブル・ラベルスクール、超談話室、超文化祭など

※プログラム内容は変更になる場合があります。予めご了承ください

場所

オンライン(ZOOM)
(申し込みが完了した方に、開催直前にURLをお送りします)
※peatixの視聴ページからも入室が可能です。

参加費

1,000円

定員

200名(先着順)
下記ページよりお申し込み下さい。
peatix 申込みページ ※一部だけの参加や耳だけ参加もOKです!

これまでの参加者の感想

・教員になってから1番心が震えた勉強会になりました。SDGsを通して活動されている方と数多く巡り会えたこと、実践報告の内容、想い、全てが学びになりました。
・様々な地域、学校で奮闘しておられる先生方の姿、触発されて大人の想像の枠を大きく突破して勉強し、キラキラした目の輝きを見せる生徒の姿、そこから生まれる新たなつながり…その連鎖に心を熱くしました。
・生徒からプロジェクトが起きるよう教員が刺激を与え続けること、その「取り組みたい」というキモチが出た時にサポートできるネットワークをもっていることが大切だと気付きました。
・本校でSDGsの担当者となり「迷い」の中にいました。何ができるかわかりませんが、勇気をいただきました。トイレに立つのがもったいない2日間でした!
・先生方とワークショップすることで、生徒の気持ちがわかりました。次のアイデアがわきました。コネクションもできました。うれしいです。
・私たち自身が学び続け、働きかけを続けることで、次世代につなげていく、という教育の本来的なあり方をあらためて意識することができました。

sidebar

17の目標

  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • 未来を変える目標  SDGsアイデアブック
  • ティーチャー登録
  • 学生のみなさんへ
  • 企業・自治体の方へ
  • Think the Earthのとしょかん
  • ウェブマガジンthink
  • 映像教材を貸し出しています

17の目標

  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon
  • SDGs Icon

パートナー

  • SDGs.TV